文字サイズ
Tel : 089-924-1111

看護部

Department of Nurse

一人ひとりの生命と人権を尊重し、こころの通う看護を実践します。

看護部

3階エリア

このページの内容をみる

中央手術室

手術室は、17の診療科(外科・血管外科・乳腺外科・歯科口腔外科・小児外科・形成外科・婦人科・心臓血管外科・呼吸器外科・泌尿器科・眼科・耳鼻科・腎臓内科・整形外科・脳神経外科・リウマチ科・循環器内科)において、約7,000例の手術を行っています。手術室は12(うちバイオクリーンルーム室2室、ハイブリッド室1)あり、手術室看護師は47名で昨年は新人看護師が4名配属されました。手術に関わる職種は、医師・臨床工学技士・放射線技師そして私たち手術室看護師であり、他にも、薬剤師・クラーク・委託業者など直接手術に関わらなくても手術をサポートし、さまざまな職種がチーム医療を提供できるよう努めています。

また、術前訪問・術中・術後訪問を通してより多くの患者さんの声を聴き寄り添い、安全で安心できる手術室看護が提供できるように努めています。

ICU・CCU・HCU

ICU・CCUは12床、HCUは8床からなる集中治療部門です。

入院患者さんは、手術後やホットラインで緊急入院するなど、内科・外科を問わず重症患者さんを受け入れています。手術は脳神経外科、心臓血管外科、呼吸器外科、消化器外科、耳鼻科、婦人科、泌尿器科など多岐にわたります。また、循環器内科の患者さんは緊急カテーテル検査・治療後に入室されます。

重症患者さんの治療には、高度な専門知識をもつ医師、患者さんの最も近くに寄りそう看護師、臨床工学技士、理学療法士、薬剤師等多くの職種が良好なコミュニケーションを保ち、お互いに力を合わせることが必要不可欠です。そのため私達は、スタッフ同士チームワークを高め、患者さんやご家族の方が安心できるような暖かい雰囲気づくりを目指しています。また集中ケア認定看護師が配属されており、スタッフの指導を行いながらより質の高い看護の提供ができるように日々邁進しております。

西3病棟(脳神経外科・脳神経内科・救急部)

西3病棟は、脳神経外科・脳神経内科、救急部で構成された病棟です。

緊急入院が多い、急性期の病棟ではありますが、安全・安心な医療・看護の提供に努めています。

医師・看護師・薬剤師・リハビリ・MSW等、多職種が協働しチーム医療に取り組んでいます。

スタッフ一人一人が自己研鑚に励み、質の高い看護の提供を目指しています。

東3病棟(循環器内科・心臓血管外科)

東3病棟は循環器内科・心臓血管外科の病棟です。

入院中も退院後も患者さんが安心して生活ができるように、多職種が連携して医療を提供しています。入院時から退院後の患者さんの生活を見据え、生活指導や救命手当講習会のご案内などを行っています。患者さんのニーズを第一に考え、寄り添いながら看護ができるようこれからも頑張ります。

東3病棟をどうぞよろしくお願い致します。