文字サイズ
Tel : 089-924-1111

血液内科

Department of Hematology

内科系全般から血液、糖尿病・内分泌、血管疾患まで、幅広く対応しています。

松山赤十字病院 血液内科

血液内科について

このページの内容をみる

部長あいさつ

浦田先生
松山赤十字病院
血液内科 部長
浦田 真吾

血液専門医6名、がん薬物療法専門医1名を中心に、医師7名で診療に当たっています。一般的な血球数異常から悪性疾患まで、全ての血液疾患に対して幅広く診療を行っています。エビデンスに基づく標準治療を基本としますが、新規治療薬を組み入れた世界的な治験や、国内の臨床研究にも積極的に参加し、最新の知見を取り入れた治療を行っています。この度、無菌フロアが開設され、感染症に対するリスクが飛躍的に低下し、造血幹細胞移植(同種, 自家)に代表される強い免疫不全状態となる治療を、開放的な環境でより安全に行うことが出来るようになりました。また、今年度は造血細胞移植コーディネーター(HCTC)を配置し、多職種によるチーム医療を充実させ、より円滑な移植医療が行えるようになっています。患者さんやご家族のサポートをしながら、移植認定病院、地域がん診療連携拠点病院、血液疾患診療における地域の基幹施設としての役割を全うすべく、日々研鑽に努めております。

血液内科について

血液内科は現在、血液専門医5名、がん薬物療法専門医1名を中心に医師7名で診療に当たっています。造血幹細胞移植による難治性血液疾患の治療に注力し、2002年6月に日本さい帯血バンクネットワークの移植医療機関に認定され、2003年7月には骨髄移植推進財団非血縁者間骨髄移植・採取認定施設となりました。また、藤﨑はがん薬物療法専門医でもあり、次々に登場する分子標的薬をはじめとした新薬も積極的に導入し、治療の標準化・最適化を行っています。また血液センターと連携し、輸血の適正化を推進すると共に、将来の献血者確保のため、啓発活動も行っています。

外来診療担当医表

最終更新日時:2022年3月31日 11時04分
血液藤﨑上田藤﨑藤﨑德山
上田坂本上田浦田坂本
浦田松原德山松原杉原

学会等の研修・認定施設

  • 日本血液学会認定血液研修施設
  • 日本臨床腫瘍学会認定研修施設
  • 日本がん治療認定医機構認定研修施設

診療実績(2021年度)

外来新患数

鉄欠乏性貧血 46人
再生不良性貧血 5人
巨赤芽球性貧血 9人
大球性貧血 4人
自己免疫性溶血性貧血 3人
その他の貧血 27人
白血球減少症 6人
汎血球減少症 3人
好酸球増加症 3人
単クローン免疫グロブリン血症 11人
多血症 5人
非ホジキンリンパ腫 53人
ホジキンリンパ腫 0人
血小板減少症 8人
特発性血小板減少性紫斑病 8人
多発性骨髄腫 13人
骨髄異形性症候群 14人
骨髄性白血病 7人
リンパ性白血病 3人
骨髄増殖性腫瘍 6人
骨髄増殖性疾患 16人

 

入院患者数

入院患者総数 294人
延数 978人

 

造血器悪性新生物

ホジキンリンパ腫 4人
非ホジキンリンパ腫 114人
多発性骨髄腫 28人
骨髄異形成症候群 22人
骨髄性白血病 22人
リンパ性白血病 13人
骨髄増殖性腫瘍 5人

造血器疾患

貧血 3人
再生不良性貧血 6人
自己免疫性溶血性貧血 3人
特発性血小板減少性紫斑病 9人

 

化学療法延べ数

(1)造血幹細胞移植 14人(内訳:同種9人、自家2人、臍帯血3人)
骨髄採取 6人
末梢血幹細胞採取 8人
(2)悪性リンパ腫化学療法(クリニカルパス) (R)−CHOP療法:27例
(R)−TCOP療法:132例
BR療法 7例
(3)急性白血病化学療法 75例
(4)多発性骨髄腫 48例

 

学術関係

(1)学会発表

氏名(発表者) 演題 学会名(開催地) 発表月日
小川 広徳 Pembrolizumabにより発症したCoombs陰性自己免疫性溶血性貧血(AIHA)の1例 第124回日本内科学会四国地方会(Web) 2021.5.9
黒光 貴俊 ITPが先行した中枢神経原発DLBCLの1例 第125回日本内科学会四国地方会(Web) 2021.12.5
青野 美桜 男性の乳腺原発びまん性大細胞型B細胞性リンパ腫の1例 第125回日本内科学会四国地方会(Web) 2021.12.5