文字サイズ
Tel : 089-924-1111

皮膚科

Department of Dermatology

頭から足の先まで、皮膚科は広い診療範囲をカバーし、湿疹、炎症、熱傷、潰瘍、腫瘍など多彩な疾患に対応しています。

皮膚科について

このページの内容

部長あいさつ

松山赤十字病院
皮膚科 部長
南 満芳

松山赤十字病院皮膚科は愛媛県の中核医療施設として、あらゆる皮膚疾患の診断、治療を行い、地域医療に貢献すべく努力しております。近年、皮膚科領域でも治療薬の進歩がめざましく、生物学的製剤という免疫・炎症をピンポイントで制御する薬が使用され高い治療効果が得られています。当院では、難治性の乾癬・アトピー性皮膚炎・蕁麻疹などで、生物学的製剤を用いた治療を積極的に導入しています。その他、重症軟部組織感染症、自己免疫性水疱症、重症型薬疹、熱傷、膠原病など入院治療が必要になる皮膚疾患に重点を置いて診療しています。皮膚腫瘍に関しても当科で診断、治療を行いますが、広範囲の切除、再建が必要な症例は、形成外科に手術を依頼しています。

当科受診をご希望の際には、待ち時間の短縮、スムーズな診察の進行のため、「かかりつけの医療機関」や「近所の診療所」から紹介状を書いてもらい、連携予約を取ってから受診されるようお願いいたします。病状が落ち着かれた方は、地域の医療機関へ逆紹介させていただきます。

皮膚科について

当科では、皮膚疾患全般にわたって診療を行っています。 近辺の病院、医院との連携を密にし、紹介患者さんを大切にする様心がけています。

外来診療担当医表

最終更新日時:2021年2月24日 20時25分
 
岩坂

学会等の研修・認定施設

  • 日本皮膚科学会認定専門医研修施設

診療実績(2020年1月~12月)

外来延患者数 15,556人 一日平均 42.5人
外来新患者数 2,479人 一日平均 6.8人

疾患別入院

疾患別入院 83人
円形脱毛症(パルス療法) 16人
蜂巣炎 16人
丹毒 13人
帯状疱疹 8人
熱傷 7人
中毒疹(薬疹含む) 4人
薬物アレルギー(負荷試験) 3人
凍瘡 3人
水疱性類天疱瘡 2人
下腿潰瘍 2人
汎発性湿疹 2人
糖尿病性潰瘍 2人
アトピー性皮膚炎 1人
臀部慢性膿皮症 1人
中毒性表皮壊死症 1人
特発性後天性全身性無汗症 1人
結節性紅斑 1人
寒冷蕁麻疹 1人
食物アレルギー(負荷試験) 1人
褥瘡 1人

検査件数

皮膚生検 311件
パッチテスト 70件

処置件数

光線療法(PUVA、UVB) 482件
液体窒素冷凍凝固療法(疣贅、良性腫瘍) 403件
円形脱毛症に対する局所免疫療法(SADBE) 110件
局麻手術 39件
良性皮膚腫瘍切除 34件
陥入爪根治術 1件
悪性皮膚腫瘍切除 4件
基底細胞癌 2件
ボーエン病 1件
転移性皮膚腫瘍 1件

学術関係

(1)論文

氏名(筆頭者) 題名 掲載雑誌名
南 満芳 Clinical Exercise(151) 臨床皮膚科
岩坂 麻衣子 腹壁遠心性脂肪萎縮症の1例 皮膚科の臨床

 

(2)学会発表

氏名(発表者) 演題 学会名(開催地) 発表月日
岩坂 麻衣子 右下顎部に皮膚浸潤を生じ死亡の転帰をとった多発性骨髄腫の1例 第72回日本皮膚科学会西部支部学術大会(Web) 2020.10.24
岩坂 麻衣子 多発性立毛筋平滑筋腫の1例 第71回日本皮膚科学会愛媛地方会(松山) 2020.11.14
南 満芳 CR達成後にニボルマブを休薬し2年半後に再発した悪性黒色腫の1例 第153回日本皮膚科学会徳島地方会(徳島) 2020.11.28