文字サイズ
Tel : 089-924-1111

糖尿病・内分泌内科

Department of Diabetes & Endocrinology​

~~~患者さんのwell beingのために~~~

糖尿病・内分泌内科

糖尿病・内分泌内科

このページの内容

部長あいさつ

近藤先生
松山赤十字病院
糖尿病・内分泌内科 部長
近藤 しおり
糖尿病

県内で最も早く糖尿病教室(1975年)や糖尿病教育入院(1982年)を開始、現在に到ります。専門医や糖尿病療養指導士の資格を有する多職種チームで治療をサポートします。また、糖尿病を持つ方ががん治療や手術をされる場合、当科で糖尿病治療を細やかに対応することで治療に万全を期すことができます。1型糖尿病の治療では、インスリン持続皮下注射(CSII)や、持続血糖測定(CGM)、その療法を組み合わせたSAP療法にも対応しています。

内分泌

甲状腺専門医が在籍し、橋本病やバセドウ病などの甲状腺疾患の患者さんを数多く診療しています。甲状腺以外にも下垂体、副甲状腺、副腎疾患にも対応しています。

糖尿病・内分泌内科について

糖尿病

糖尿病初回指摘の方から合併症治療まで、幅広い患者さんを診療しています。細小血管合併症だけでは無く、大血管合併症、癌治療、認知症治療も各専門家と院内・外の連携を駆使し対応しています。お一人お一人に合った最適の治療をご本人と一緒に模索し実行していきます。状態が安定すればご紹介元へ逆紹介し、当院へは年に数回の合併症検査や経過観察での予約となりますが、変化が有れば随時対応しています。また、1型糖尿病の治療では、インスリン持続皮下注射(CSII)や持続血糖測定(CGM)、その療法を組み合わせたSAP療法など最新の治療を提供します。

内分泌

内分泌領域では、内分泌専門医、甲状腺専門医が在籍し、橋本病やバセドウ病などの甲状腺疾患の患者さんを数多く診療しています。甲状腺以外にも下垂体、副甲状腺、副腎疾患にも幅広く対応しています。内分泌疾患は、精神状態や全身に影響し、多彩な症状の原因となります。治療の最終目標は、「患者さんが健やかにすごしていけること」=「患者さんのWell being」を目指すことです。

外来診療担当医表

最終更新日時:2022年3月31日 11時05分
糖尿病・内分泌1診岡田近藤近藤近藤吉田
2診山本八島岡田山本山本
糖尿病教室毎週水曜日 10:00~12:00 (糖尿病チーム)

学会等の研修・認定施設

  • 日本糖尿病学会認定教育施設
  • 日本内分泌学会認定教育施設

診療実績(2021年1月~12月)

外来新患数

糖尿病 701人
妊娠糖尿病 44人
甲状腺疾患 139人
その他内分泌疾患 38人

外来予約数

糖尿病再来患者数 約2,280人

糖尿病診療連携数

(2021年3月末現在) 723人

 

 

外来生活習慣病教室

人数 158人

入院患者数

人数 168人/年、うち糖尿病教育入院48人/年

インスリン持続皮下注射(CSII)

人数 9人

糖尿病療養指導士(CDE)育成

日本糖尿病療養指導士(JCDE)栄養課2人、看護部2人、薬剤部2人、検査部2人
愛媛糖尿病療養指導士(ECDE)看護部5人、薬剤部4人、検査部4人

学術関連

(1)論文

氏名(筆頭者) 題名 掲載雑誌名
Minamoto−Higashioka M Seasonal Variation in Severe Glucose−lowering Drug−induced Hypoglycemia in Patients with Type 2 Diabetes. Intern Med. 15:1067−1072, 2019

(1)学会発表

氏名(発表者) 演題 学会名(開催地) 発表月日
平山 龍太郎 SGLT2阻害薬内服中に正常血糖ケトアシドーシス(euDKA)を呈した2型糖尿病の1例 第124回日本内科学会四国地方会(Web) 2021.5.9
吉田 沙希子 バセドウ病眼症が疑われた眼筋型重症筋無力症の1例 第21回日本内分泌学会四国支部学術集会( Web) 2021.9.4

(2)講演

氏名(発表者) 題名 講演名(開催地) 発表月日
近藤 しおり 「糖尿病の予防と治療 人生100年時代、サルコペニア予防」貯筋しましょう 専門医と語り合う健康を守る会(松山) 2021.2.28
近藤 しおり SGLT2阻害薬と正常血糖ケトアシドーシス 心不全・糖尿病診療合同ミーティング(Web) 2021.9.2
近藤 しおり 糖尿病診療における脂質管理 新居浜市医師会学術講演会(新居浜) 2021.11.19
近藤 しおり 最近の糖尿病診療連携について 糖尿病Webセミナー(Web) 2021.11.25