文字サイズ
Tel : 089-924-1111

小児科

Department of Pediatrics

胎児期から思春期まで一貫して子どもとその家族を医療、保健、心理の面から支援しています。

小児科について

このページの内容

部長あいさつ

松山赤十字病院
小児科 部長
近藤 陽一

松山赤十字病院小児科は歴史が古く、当院開院13年後の大正15年に遡ります。地域でも最も歴史ある病院小児科として、長年小児医療の一翼を担ってきました。

平成16年にはそれまでの産科、小児科、小児外科を統合する形で成育医療センターとして生まれ変わりました。成育医療とは「受精、胎児から始まって、新生児、小児、思春期を経て次世代を育成する成人世代、即ちリプロダクションに生じる疾患に対する医療」と定義されていますが、当センターではさらに発展させて、「胎児期から思春期まで一貫してこどもとその家族を医療、保健、心理の面から支援を行う事」を目的としています。具体的には周産期部門において医学的ハイリスク妊婦にはチームの一員として胎児期から関わり、出生後のNICUにおける新生児への医療に繋げます。また社会的ハイリスク妊婦にも虐待予防、育児支援の観点から児童相談所、松山市こども総合相談センター等と共に妊娠中からのサポートを行っています。

小児医療部門では、小児救急においては松山市急患医療センターへの出務、小児二次救急医療機関としての救急患者受け入れ等関係機関と共に中予地区の小児救急に貢献しています。また児童虐待においては、愛媛県児童虐待医療ネットワークの基幹病院として関係機関と共に虐待予防、虐待症例診察等に対応しています。また専門医療として、新生児医療、血液腫瘍疾患、腎疾患、アレルギー疾患、内分泌疾患、神経疾患、心身症等の外来、入院症例に対応しています。長期入院児のためには院内学級を開設しており、現在は小学校のみですが次年度より中学校も整備予定です。

新病棟オープン後も地域の関係機関と共により良い成育医療が提供できるように努力を続けていきます。

小児科について

現在小児科は12名の常勤医と非常勤医、カウンセラー、DA(医療秘書)、看護師等他職種により構成され全ての疾患領域に対して診療を行っています。また、地域周産母子センター、松山市小児二次救急医療機関、小児科専門医研修基幹施設、愛媛県児童虐待防止医療ネットワーク事業基幹施設等多くの重要な役割を担っています。

小児科集合写真

外来診療担当医表

最終更新日時:2021年6月30日 18時07分
 
午前米澤近藤鈴木 髙岩近藤
飯尾平岡住友加賀田
三好西﨑飯尾(フォローアップ)
アレルギー片岡片岡PM
神経眞庭眞庭中野眞庭中野
担当医(第1・3)(循環器)上田(漢方)上田(内分泌)米澤(血液)

学会等の研修・認定施設

  • 日本小児科学会小児科専門医研修施設
  • 日本小児科学会小児科専門医研修支援施設
  • 日本小児循環器学会小児循環器専門医修練施設
  • 日本周産期・新生児学会新生児専門医指定研修施設
  • 日本内分泌学会認定教育施設
  • 日本東洋医学会研修施設

診療実績(2019年1月~12月)

外来延患者数 19,410人
外来新患者数 3,499人
入院延患者数 12,395人
入院新患者数 1,722人
カウンセリング総患者数 1,188人
食物負荷試験数 276件
心エコー数 570件
脳波検査数 665件
腎生検 7件

小児科入院 1722名     2019年1月1日-12月31日

項目 (数字は人数) 内容 (数字は人数)
遺伝,先天奇形,染色体異常22 口唇裂、口蓋裂、Down症候群、18トリソミーなど
栄養障害,代謝性疾患,消化器疾患179 栄養障害6、糖尿病2、アセトン血性嘔吐症14、低血糖2、脱水症22、ウィルス性胃腸炎75(ノロ10、ロタ12、アデノ4)、細菌性腸炎5、急性虫垂炎13、腸重積症12、急性膵炎、肝炎など
先天代謝異常,内分泌疾患33 糖原病、ファブリー病、副腎不全、甲状腺機能異常症、下垂体機能低下症、尿崩症、成長ホルモン分泌不全、思春期早発症など
免疫異常,膠原病,リウマチ疾患,感染症324 川崎病58、IgA血管炎26、若年性特発性関節炎、周期性発熱、皮膚感染症12、髄膜炎(無菌性、細菌性)、骨髄炎、伝染性単核症、各種感染症(RSウィルス111、ヒトメタニューモウィルス29、インフルエンザ24、百日咳4、溶連菌感染、手足口病・ヘルパンギーナ9、アデノウィルス6、突発性発疹7、水痘、ムンプスなど) 
新生児疾患275 超低出生体重児1、極低出生体重児5、低出生体重児25、早産児7、呼吸障害35、低血糖、黄疸、甲状腺機能異常、哺乳不良、Rh不適合、血液型不適合、先天性心疾患、不整脈、髄膜炎、くも膜下出血、仮死など
呼吸器,アレルギー542 肺炎・気管支炎117、上気道炎50、クループ症候群25、気管支喘息85、アナフィラキシー11、食物アレルギー239、薬剤アレルギー7、アトピー性皮膚炎など
循環器疾患5 不整脈、先天性心疾患
血液,腫瘍 85 急性リンパ性白血病、骨髄異形成症候群、血球貪食症候群、巨赤芽球性貧血、自己免疫性溶血性貧血、遺伝性球状赤血球症、免疫性血小板減少性紫斑病、血友病、脳腫瘍、卵巣腫瘍、甲状腺腫瘍、網膜芽細胞腫など
腎・泌尿器疾患84 ネフローゼ症候群(初発6、再発・難治15)、尿路感染症39、急性糸球体腎炎3、紫斑病性腎炎、慢性腎炎、腎不全、尿路結石、神経因性膀胱など
神経・筋疾患,精神疾患(精神行動異常),心身症123 熱性痙攣47、無熱性痙攣3、痙攣重積11、胃腸炎関連けいれん6、てんかん11、ギランバレー症候群、多発性硬化症、CIDP、脊髄性筋萎縮症7、急性脳炎・脳症5、小脳失調症、顔面神経麻痺、摂食障害、円形脱毛症、片頭痛、起立性調節障害など
事故、外傷(虐待を含む)36 異物誤飲・急性薬物中毒16、一酸化炭素中毒、外傷8、頭蓋内出血5、育児不全6

学術関係

(1)論文

氏名(筆頭者)題名掲載雑誌名
近藤 陽一家族からよく聞かれる 赤ちゃんの見た目のギモンQ&A でべそwith NEO 32:834-838,2019
上田 晃三【おなかに漢方!気になるエビデンス、処方の考え方、活用方法、お教えします】 こどものおなかにも漢方!Gノート 6:65-72,2019
上田 晃三百合滑石散料が奏効した発熱を繰り返す一男児例日本東洋医学雑誌 70:42-46,2019
上田 晃三飯塚病院 月曜カンファレンス 臨床経験報告会より『最近の治験・知見・事件!? パート㈼ (78)』−通算(93)−漢方治療が奏功した腹部症状の乳児3例と学童1例漢方の臨床 66:959−966,2019

(2)学会発表

氏名(発表者) 演題 学会名(開催地) 発表月日
上田 晃三 酵素補充療法中に生じた高カルシウム血症の精査にてFGF-23高値が判明した低ホスファターゼ症の一例 第92回日本内分泌学会学術総会(仙台) 2019/5/10
上田 晃三 神経性食思不振症を発症した1型糖尿病の女児 第13回 中国四国小児・思春期糖尿病治療座談会(岡山) 2019/6/15
上田 晃三 中枢性思春期早発症を発症したTay Sachs病の一男児例 第53回 日本小児内分泌学会学術集会(京都) 2019/9/26
上田 晃三 反応性低血糖を呈した胚細胞腫瘍の一男児例 第53回 日本小児内分泌学会学術集会(京都) 2019/9/26

(3)講演

氏名(発表者) 題名 学会名(開催地) 発表月日
近藤 陽一 ワクチンで予防できる疾患について 日本保育保健協議会 中四国ブロック研修会 ランチョンセミナー(松前) 2019/1/20
西﨑 眞理 オムツをはずそう〜トイレットトレーニング〜 育児健康塾(松山) 2019/1/21
近藤 陽一 きょうだい同士のコミュニケーション 育児健康塾(松山) 2019/2/18
上田 晃三 周産期重症型低ホスファターゼ症の1例 高知 骨系統疾患フォーラム(高知) 2019/2/20
上田 晃三 23・24・25…だけじゃない 女性の『漢方』の話 松山産婦人科医会(松山) 2019/2/27
西﨑 眞理 子どもの睡眠 育児健康塾(松山) 2019/3/11
近藤 陽一 子どものほめ方・叱り方〜子育て上手な親になるために〜 育児健康塾(松山) 2019/4/8
西﨑 眞理 病気、けが・事故〜対応と予防 梅岡レディースクリニック 赤ちゃん同窓会(松山) 2019/4/14
西﨑 眞理 病気、けが・事故〜病院受診のタイミングと家庭でのケア〜 育児健康塾(松山) 2019/5/13
西﨑 眞理 医療機関における児童虐待対応の現状 第27回 フォーラム21 〜真に子どもを大事にする地域、国をめざして(松山) 2019/5/19
近藤 陽一 誰でも育児は疲れる〜子育てのストレスを減らす方法㈰〜 育児健康塾(松山) 2019/6/10
上田 晃三 〜この梅雨前の季節に知っておきたい〜『水』と『漢方』の話 永頼漢方セミナー(松山) 2019/6/12
西﨑 眞理 オムツをはずそう〜トイレットトレーニング〜 育児健康塾(松山) 2019/7/8
近藤 陽一 成育医療カウンセラーの活動 第15回地域医療連携フォーラム(松山) 2019/8/25
西﨑 眞理 子どもの困った行動への対応 Q&A 育児健康塾(松山) 2019/9/9
上田 晃三 内科とはちょっと違う?『小児科で診る糖尿病』 第33回みとよ糖尿病療養指導セミナー(観音寺) 2019/9/13
近藤 陽一 子どもの虐待の現状と当院での対応 岡山大学医学部同窓会愛媛支部特別講演会(松山) 2019/9/28
近藤 陽一 生活環境と脳の発達〜脳の発達のための望ましい環境〜 育児健康塾(松山) 2019/10/21
西﨑 眞理 自然災害〜子どもを守るために備える〜 育児健康塾(松山) 2019/11/11
上田 晃三 小児の初期評価と初期対応 松山市東消防署 勉強会(松山) 2019/12/3
近藤 陽一 誰でも育児は疲れる〜子育てのストレスを減らす方法㈪〜 育児健康塾(松山) 2019/12/9