文字サイズ
Tel : 089-924-1111

麻酔科

Department of Anesthesiology

安全・安心な手術麻酔管理はもとより、ICU・救急部門の緊急症例対応、ペインクリニックでの疼痛性疾患治療に取り組んでいます。

麻酔科について

このページの内容

副院長あいさつ

松山赤十字病院
副院長(兼)麻酔科 部長
清水 一郎

私の出身医局は麻酔・周術期学講座です。周術期という言葉はこの10年ほどで急速に広まりました。麻酔科医の使命は手術を受ける、とりわけ重症の患者様の命を守り抜くことにあります。

<術前評価でリスクを最小化し、術者によりよい環境を提供できるよう麻酔を担当し、術後の痛みを緩和するという、一連の周術期管理に中心的役割を果たし、その過程で得た知識・技術を集中治療・ペインクリニック・救急・緩和医療などに生かす。>私が考える麻酔科の役割です。

優れた麻酔科医には、知識や技術を習得しているだけではなく、患者様の気持ちに寄り添い、同僚や他科の医師、コメディカルのスタッフと協調してチーム医療を支える能力が求められます。私を含め、当科のスタッフ全員が優れた麻酔科医を目指し、今後とも努力したいと思います。

麻酔科について

集合写真

当院麻酔科は昭和50年に北四国初の麻酔指導病院として認定されて以降、常に複数の指導医・専門医を確保し現在に至っています。現在スタッフは指導医7、専門医5の常勤医12名、指導医1名を含む非常勤麻酔科医師3名(週1〜2日)で診療に当たっています。

主な診療業務は、

  1. 手術室での麻酔および全身状態の管理
  2. ペインクリニック外来での痛みの治療
  3. ICUでの重症患者の治療
  4. 救急部門・院内における心肺脳蘇生など

です。

近年は集中治療、心臓血管麻酔、救急蘇生部門の資格取得にも向けて人材の育成を図り、臨床研修医の教育・指導にも力を入れています。平成17年に当院が地域医療支援病院に認定されて以降、麻酔科管理手術症例は年々増加しており、それに伴い増加した緊急症例への迅速な対応や、医療機器の充実も常時検討しています。また心臓血管麻酔、歯科麻酔専門医等も確保するなど、各種学会参加・研修などを通じて新しい知識の習得や診療への応用を図り、日々研鑽に努めています。

外来診療担当医表

最終更新日時:2021年3月5日 19時02分
 
安部安部(午前のみ)安部
伊東

学会等の研修・認定施設

  • 日本麻酔科学会麻酔科認定病院
  • 日本ペインクリニック学会指定研修施設
  • 心臓血管麻酔専門医認定施設

診療実績

2020年度各科別手術件数

外科 915
産婦人科 635
整形外科 1,841
脳神経外科 135
心臓血管外科 119
眼科 1,104
耳鼻咽喉科 339
泌尿器科 371
呼吸器外科 174
血管外科 201
リウマチ科 50
形成外科 84
小児外科 23
乳腺外科 97
歯科口腔外科 135
腎臓内科 190
循環器内科 12
内科系 6

ロボット支援下手術

ロボット支援下手術 104件

学術関係

(1)論文

氏名(筆頭者) 題名 掲載雑誌名
Takechi  K  Anaphylactic reaction after pre-deposit autologous blood transfusion Transfusion Medicine
Takechi K Laparoscopic image of carbon dioxide embolism during laparoscopic hepatectomy:a case report JA Clinical Reports

(2)学会発表

氏名(発表者) 演題 学会名(開催地) 発表月日
武智 健一 貯血式自己血輸血によりアナfギラキシーを起こした1例 第48回日本集中治療学会(Web) 2020/3/6
武智 健一 腹腔鏡下胆嚢摘出術に対する、腹直筋鞘ブロックと局所浸潤麻酔の有効性に関する後方視的検討 第67回日本麻酔科学会(Web) 2020/6/4
武智 健一 小児の環状切除術に対して超音波ガイド下陰茎背神経ブロックを施行した3症例 第7回日本区域麻酔学会(Web) 2020/8/9
三喜 和明 TF-TAVI中に完全房室ブロックとなった2例 第25回日本心臓血管麻酔学会(Web) 2020/9/20
武智 健一 持続mid-point transverse process to pleura(MTP)block を行った4例 第54回日本ペインクリニック学会(Web) 2020/11/14