文字サイズ
Tel : 089-924-1111

腎臓内科
(腎センター)

Department of Nephrology

慢性の腎疾患から急性腎不全まで、また各種血液浄化法の施術など、あらゆる腎疾患診療に取り組んでいます。

松山赤十字病院 腎臓内科

腎臓内科

このページの内容

部長あいさつ

松山赤十字病院 腎臓内科 部長
松山赤十字病院
腎臓内科 部長
上村 太朗

地域の皆様に於かれましては、日頃より松山赤十字病院をご支援頂き深く御礼申し上げます。当院腎臓内科は地域の腎疾患診療の中核のひとつとしての責任を担うべく、近隣の先生方の御指導や地域の皆様のご協力のもと、昭和60年より一貫した診療ポリシーを持ち日常診療を行っております。昨今の高齢化を受け腎疾患診療においても疾患構造が変化し、診療する我々も変化していく事の必要性を痛感しております。新しい取り組みを行いつつも、これまでの診療ポリシーを継続し腎疾患診療を通じ地域の医療や社会に信頼され、貢献出来る腎臓内科を目指し努力してまいります。

腎臓内科について

腎臓内科スタッフ集合写真

腎臓内科では、検診での検尿異常や腎機能障害の診療から始まり、腎不全治療から透析開始に至る方、透析患者様の色々な合併症に至るまで、患者様が安心して継続的に当院で診療を受けて頂けるよう幅広く診療に取り組んでいます。また患者様により早く腎疾患やその治療への理解を深める事ができ、長期的に腎臓が守れるよう治療に取り組んで頂ける支援として、外来看護師による腎臓病療養指導外来、そのために必要な人材育成にも力を注いでいます。地域の皆様に安心の腎疾患診療をお届けできる腎臓内科を目指して努力してまいります。

外来診療担当医表

最終更新日時:2021年4月1日 11時30分
初・再診上村上村手術日上村
岩本(昂)第1・3・5週 近藤
第2・4週 岩本(昂)
近藤
腹膜透析外来第1・2・3週 近藤第1・3・5週 上村
第2・4週 岩本(昂)

学会等の研修・認定施設

  • 日本腎臓学会研修施設
  • 日本透析医学会認定施設

診療実績(2018年1月~12月)

(1)外来延患者数

外来延患者数 16,099人
一日平均患者数 65.7人
新患者数 645人

(2)入院延患者数

入院延患者数13,668人

(3)治療成績

外来透析件数4,386件(1カ月平均 366件)
入院透析件数4,933件(1カ月平均 411件)

(4)血液透析導入患者数

血液透析導入患者数63人
腹膜透析導入患者数11人
(腹膜透析導入割合 17.5%)

(5)手術件数

手術件数
内シャント造設術、人工血管移植術、腹膜透析カテーテル挿入術等
192例

(6)PTA(経皮的シャント血管拡張術)

PTA(経皮的シャント血管拡張術) 404例

学術関係

(1)論文

 

氏名(筆頭者) 題名 掲載雑誌名
岡 英明 コアグラーゼ陰性ブドウ球菌による
腹膜透析関連腹膜炎の検討
腎と透析 87(別冊腹膜透析2019)
:144-146,2019
岡 英明 当院における消化管内視鏡関連の腹膜炎
及び予防抗菌薬の検討
腎と透析 87(別冊腹膜透析2019)
:147-148,2019
Oka H Prophylactic Oral Antibiotics for Postendoscopic Peritonitis in Peritoneal Dialysis. Ther Apher Dial. doi
: 10.1111/1744-9987.13442,2019
Oka H Author’s reply to the letter to the editor regarding "Use of early postoperative serum creatinine changes to predict acute kidney injury after cardiothoracic surgery". Clin Exp Nephrol. 23
:433-434,2019
Oka H Better Oral Hygiene Habits Are Associated With a Lower Incidence of Peritoneal Dialysis-Related Peritonitis. Ther Apher Dial.23
:187-194,2019
Oka H Early postoperative change in serum creatinine predicts acute kidney injury after cardiothoracic surgery: a retrospective cohort study. Clin Exp Nephrol.23
:325-334,2019

(2)学会発表

氏名(発表者) 題名 学会名(開催地) 発表月日
Kamimura T Glucose variability is associated with the onset and progression of diabetic kidney disease 第56回欧州腎臓透析移植学会
(ブダペスト)
2019/6/
4
上村 太朗 血糖変動は糖尿病性腎臓病の発症、
進展に関与する可能性がある
第64回日本腎臓学会学術総会(名古屋) 2019/6/22
岡 英明 QOLを考慮したPD+HD併用療法の
最適な開始時期は?-アンケート調査-
第30回愛媛人工透析研究会(松山) 2019/8/24
岡 英明 心臓外科手術後の高乳酸血症は
急性腎障害と関連する
第49回日本腎臓学会
西部学術大会(高知)
2019/10/18
Oka H Prophylactic Oral Antibiotics for Post-endoscopic Peritonitis in Peritoneal Dialysis Kidney Week-ASN 2019(ワシントン) 2019/11/5
岡 英明 ESBL産生大腸菌によるPD関連腹膜炎の2例
―カルバペネム系薬は必須ではない―
第25回日本腹膜透析医学会(広島) 2019/11/22
岡 英明 腹膜透析液の接続・切り離し手技に関する
問題点とクリックセーフへの期待
第25回日本腹膜透析医学会(広島) 2019/11/22
岡 英明 シャント作製後に心不全が悪化し動脈表在化に
変更したPD+HD併用療法の一例
第25回日本腹膜透析医学会(広島) 2019/11/23
岡 英明 QOLを考慮したPD+HD併用療法の
最適な開始時期は?-アンケート調査-
第25回日本腹膜透析医学会(広島) 2019/11/23

(3)講演

 

氏名(発表者) 題名 学会名(開催地) 発表月日
上村 太朗 安全な便秘症治療を再考する CKDと便秘症セミナー(松山) 2019/1/17
上村 太朗 ESA製剤による腎性貧血治療は
血清ビリルビン値を上昇させるか?
愛媛透析医療研究会(松山) 2019/1/26
上村 太朗 CKD診療ガイド2018を
病診連携に活かすために
新居浜医師会学術講演会(新居浜) 2019/3/15
岡 英明 当院でどう実践するか?
~患者指導・PDに繋がるTRC~
TRCセミナー(松山) 2019/3/15
上村 太朗 リツキシマブが著効した小児発症ステロイド依存性
微小変化型ネフローゼ症候群の一例
第4回愛媛腎疾患研究会(松山) 2019/5/22
上村 太朗 透析患者さんが元気に長生きするために
必要なこと
愛腎会定期総会講演会(松山) 2019/5/26
岡 英明 当院のPD普及の取り組み~カテーテル
挿入から地域連携まで~
U PDセミナー(香川) 2019/5/30
岩本 昂樹 Dose Erythropoiesis stimulating agent for renal anemia alter serum bilirubin levels? 第36回糖尿病合併症研究会(松山) 2019/6/4
上村 太朗 腎機能障害をみたとき、何を考えて、
何を行うか?
CKD診療WEBセミナー(松山) 2019/7/2
上村 太朗 腎臓内科医の視点から安全な便秘症
治療を再考する
丸亀市医師会学術講演会(丸亀) 2019/7/23
上村 太朗 糖尿病性腎臓病の早期発見・早期介入のために
~地域での連携強化の重要性~
糖尿病性腎臓病講演会(松山) 2019/8/30
岡 英明 当院のPD普及の取り組み~地域連携・
併用療法を中心に~
奈良PDセミナー(奈良) 2019/9/5
上村 太朗 適切な腎代替療法の選択とは メディカルスタッフのためのセミナー(松山) 2019/10/8
上村 太朗 糖尿病性腎臓病の更なる予後改善を目指して Cardio-Diabetes Meeting
in Okawa(東かがわ)
2019/10/10
上村 太朗 PDを診るチームとシステムを創る
~当院での取り組みと今後の展望~
北摂PDセミナー(大阪) 2019/10/31
上村 太朗 慢性腎臓病を悪化させないために
~腎臓病をよく知ろう~
第67回ヘルスアカデミー(松山) 2019/11/3
上村 太朗 新しい高尿酸血症・痛風の治療ガイドラインを
どう臨床に活かすか
CKD診療WEBセミナー(松山) 2019/11/20
上村 太朗 水電解質異常は怖くない~シンプルで正しい輸液を
導く論理的思考~
輸液と適切な薬物療法を考える講演会(大阪) 2019/11/30