文字サイズ
Tel : 089-924-1111

呼吸器外科
(呼吸器センター)

Department of Chest Surgery

呼吸器内科とも連携し、肺や気管・縦隔・胸膜などの呼吸器疾患に対し外科的治療を行っています。

呼吸器外科

呼吸器外科について

このページの内容

部長あいさつ

松山赤十字病院
呼吸器センター長・呼吸器外科 部長
竹之山 光広

令和2年4月より、松山赤十字病院呼吸器センター長、呼吸器外科部長として就任致しました。
私は九州大学卒業後、九州大学医学部第二外科に入局し、大学病院、広島赤十字原爆病院で研修後、九州大学生体防御医学研究所免疫学部門で肺癌の免疫の研究を開始しました。
平成8年から産業医科大学第二外科で、呼吸器外科・呼吸器腫瘍学の研鑽を積み、このころから肺癌の外科治療のみならず、早期から進行期までの診断と治療を行っていました。
平成9年から2年間、がん免疫療法研究の世界的権威であるベルギールドヴィック癌研究所に留学し、がんの免疫療法を学びました。その後、北九州市立医療センター部長、産業医科大学呼吸器・胸部外科講師、九州大学病院呼吸器外科(2)副科長として勤務した後、平成24年より九州がんセンター呼吸器腫瘍科(担当病床数70床)の責任者・部長として8年間勤務し、がん相談支援センターの室長、外来部長の経験もさせていただきました。
そこでは外科・内科関係なく悪性腫瘍の早期から進行癌まで担当し、多くの臨床試験や、新規薬剤の治験も経験させていただきました。特に近年注目されている免疫療法のオプジーボ、キートルーダ、テセントリクをはじめとした肺癌新規薬剤の治験責任医師も担当しました。このような呼吸器外科手術や肺癌治療のこれまでの貴重な数多くの経験を活かして、良性疾患や早期癌に対する低侵襲手術はもちろんですが、局所進行癌に対する集学的治療(化学療法や放射線治療と手術の組み合わせなど)も積極的かつ総合的な治療を行っています。
当科では、令和3年よりロボット支援下手術を導入しました。肺癌に加え、縦隔腫瘍に対するロボット支援下手術も行っております。ロボット支援下手術は、術者が三次元画像を見ながら解剖を詳細に確認できる点、胸腔内で自由度の高い関節のある器具を使用できる点、手ぶれが全く無い点、術後疼痛の軽減などのメリットがあります。今後の発展・進歩が望める分野であり、施工件数は増加しております。
当科(当センター)では治療の一貫性を保つため、個々の患者さんの治療法は主治医の独断ではなく、全医師参加のカンファレンスによって決定しています。患者さんの希望に添った、かつ自分の大切な人を治療する気持ちで、最善・最良の医療を提供できるよう心がけています。

呼吸器外科について

肺、縦隔、胸壁、横隔膜などに発生する疾患を対象として専門的な手術を年間約200例(原発性肺癌は100例以上)行っています。診療情報のページに説明します手術以外にも、肺癌の薬物用法や放射線治療、緩和治療なども呼吸器センターとして行っています。

呼吸器センターについて

呼吸器センターは、呼吸器疾患をより効率よく、より総合的な診療を行うことを目的に昭和63年に設立されました。初代呼吸器センター長は産業医科大学名誉教授 安元公正先生で、現在5代目の竹之山が務めています。呼吸器センターでは、呼吸器疾患を専門的にかつ迅速・効率的に総合的治療を行うべく、現在呼吸器外科スタッフ3名、呼吸器内科スタッフ4名、レジデント数名で担当しています。特に肺癌のような悪性疾患では内科的治療・外科的治療を駆使した集学的治療が必要な場合もあり、呼吸器センターとしての役割を果たしています。

外来診療担当医表

最終更新日時:2023年11月21日 17時48分
呼吸器外科再診吉田吉田
新患(外来)担当医竹之山竹之山
検査・手術手術気管支ファイバー手術気管支ファイバー・(手術)気管支ファイバー

学会等の研修・認定施設

呼吸器外科専門医合同委員会認定専門研修連携施設

 

診療実績(2022年1月~12月)

(1)外来

外来患者延数 4,198人
外来新患者数 377人
1日平均外来患者数 11.5人

(2)入院

入院患者延数 3,437人
新入院患者数 313人
1日平均入院患者数 9.4人

(3)疾患別手術症例数  175症例  (2022年:1月~12月)

原発性肺腫瘍(良性) 部分切除 1例
原発性肺腫瘍(悪性)   103例
葉切除(開胸) 11例
葉切除(鏡視下) 50例
葉切除(ロボット支援下) 16例
区域切除 9例
部分切除 13例
その他 4例
転移性肺腫瘍   7例
区域切除(鏡視下) 0例
部分切除(開胸) 0例
部分切除(鏡視下) 6例
その他 1例
縦隔腫瘍   11例
摘出術 11例
その他 0例
膿胸・感染症疾患   18例
胸腔掻把術,ドレナージ 16例
その他 2例
気胸   13例
ブラ切除・縫縮術(開胸) 0例
ブラ切除・縫縮術(鏡視下) 13例
その他 0例
その他   22例

 

学術関係(2022年実績)

(1)論文

氏名(筆頭者) 題名 掲載雑誌名
     
     

(1)学会発表

氏名(発表者) 演題 学会名(開催地) 発表月日
桂正和 胸腺原発のMalignant Melanomaの1切除例 第41回日本胸腺研究会(Web) 2022.2.11
桂正和 IR(赤外)観察システムによるICG蛍光ナビゲーション区域切除 第47回愛媛呼吸器外科研究会(Web) 2022.2.12
桂正和 80歳以上肺癌手術症例における再発予測因子としての栄養指標の意義 第122回日本外科学会定期学術集会(熊本・Web) 2022.4.14
吉田月久 術後再発および切除不能非小細胞肺癌に対するPACIFICレジメンにおける当院での使用経験 第39回日本呼吸器外科学会学術集会(東京・Web) 2022.5.20
桂正和 80歳以上の高齢者肺癌手術症例における縮小手術の妥当性の検討 第39回日本呼吸器外科学会学術集会(東京・Web) 2022.5.20
吉田月久 当院における肺癌術後のがん地域連携パス推進の取り組みおよび運用実績について 第65回関西胸部外科学会学術集会(浜松) 2022.6.17
桂正和 肺癌術後に乳び心嚢水で心タンポナーデを起こした1例 第67回西四国肺癌研究会(松山・Web) 2022.6.25
桂正和 胸膜発生の悪性末梢神経鞘腫の1切除例 第60回日本肺癌学会中国・四国地方会(山口・Web) 2022.7.10
德永貴之 縦隔発生巨大孤立性線維性腫瘍の一切除例 第259回福岡外科集談会(福岡) 2022.7.30
吉田月久 左肺上葉切除後に低酸素血症をきたした左動脈屈曲に対して保存的治療を行った一例 第63回日本肺癌学会学術集会(福岡) 2022.12.1
桂正和 肺癌術後に乳び心嚢水で心タンポナーデを起こした1例 第63回日本肺癌学会学術集会(福岡) 2022.12.1
桂正和 原発性肺癌術後に乳び心嚢水で心タンポナーデを起こした1例 第63回日本肺癌学会学術集会(福岡) 2022.12.1
桂正和 当院におけるイピリムマブ・ニボルマブ±化学療法を投与した非小細胞肺癌症例の検討 第63回日本肺癌学会学術集会(福岡) 2022.12.1
德永貴之 Pembrolizumab単剤でQOLを維持しながら十二指腸転移が消失した肺腺癌の1著効例 第63回日本肺癌学会学術集会(福岡) 2022.12.1
德永貴之 当院における非小細胞肺癌術後再発症例に対するICI使用例の検討 第63回日本肺癌学会学術集会(福岡) 2022.12.1
竹之山光広 肺がん免疫療法の軌跡 第35回日本バイオセラピィ学会学術集会総会シンポジウム(福島) 2022.12.2
竹之山光広 胸膜胸壁腫瘍 第63回日本肺癌学会学術集会(福岡) 2022.12.3

 

(2)講演

氏名(発表者) 演題 講演名(開催地) 発表月日
桂正和 当院における肺癌ICI治療の現状 愛媛呼吸器腫瘍免疫セミナー(松山) 2022.7.28