文字サイズ
Tel : 089-924-1111

看護部

Department of Nurse

一人ひとりの生命と人権を尊重し、こころの通う看護を実践します。

看護部

看護部について

このページの内容をみる

副院長あいさつ

看護部長 写真
松山赤十字病院
副院長 (兼)看護部長
児島 二美子
(認定看護管理者)

看護部のページをご覧いただき、ありがとうございます。

当院は急性期・高度急性期医療を担う地域医療支援病院として、地域の皆様から信頼され、選ばれる病院を目指します。

時代は移り変わろうとも、赤十字の基本原則「人道」を基盤とした赤十字看護の本質は変わりません。一人ひとりの生命と人権を尊重し、こころの通う看護を実践します。

私たちは専門職業人として常に学び、人間性を磨き、赤十字看護師としての自覚と誇りを持ち、看護で選ばれる病院を目指します。

どうぞよろしくお願いいたします。

看護部について

看護の基本方針

一人ひとりの生命と人権を尊重し、こころの通う看護を実践します。

  1. 専門職として知識・技術の習得に努め、人間性を磨き、安全で安心な看護を提供します。
  2. 患者・家族が納得して医療に参画できるよう、意思決定を支援します。
  3. 保健・医療・福祉と連携し、その人らしい生き生きとした暮らしを支援します。
  4. 多職種の専門性を尊重し、チーム医療を実践します。
  5. 先見性・創造力をもって、社会の変化に柔軟に対応します。

(平成29年4月)

看護部概要

看護部概要

災害看護について

赤十字病院は、地域医療を担うと共に国内の災害救護活動の拠点病院でもあり、看護師は看護専門職としてまた赤十字の救護員として質の向上に努めています。救護員としての赤十字看護師の養成は入職後3年かけて行っています。