文字サイズ
Tel : 089-924-1111

リウマチ科
(リウマチ膠原病センター)

Department of Rheumatology

関節リウマチやそれ以外の膠原病(全身性エリテマトーデス、強皮症、皮膚筋炎、血管炎症候群など)の診断・治療を行っています。

松山赤十病院 リウマチ科

リウマチ科

このページの内容

部長あいさつ

松山赤十字病院 リウマチ科 部長 水木 伸一
松山赤十字病院
リウマチ科(リウマチ膠原病センター) 部長
水木 伸一

「リウマチ膠原病センター」では、臓器にとらわれることなく”患者さん全体を診る”という基本姿勢で、リウマチ・膠原病に対して高度専門的医療を提供できるよう努力しております。

外来を受診されている関節リウマチ患者さんの数は約2,000名、膠原病患者さんの数は約400名であり、愛媛県の推定患者数の相当な患者さんを診療させていただいているというのは全国でも有数の実績です。

関節リウマチに対しては、Treat to Target(T2T)治療方針に基づきメトトレキサートに加えて生物学的製剤を用いて積極的に治療を行っています。全身性エリテマトーデスや血管炎症候群など膠原病に対しても、積極的治療方針で生物学的製剤も用いた治療を行っています。平成30年1月から「免疫統括センター」を開設し、生物学的製剤を投与し、免疫学的側面から患者さんをマネージメントしています。

リウマチ科について

「リウマチ膠原病センター」ではリウマチ整形外科医3名と膠原病内科医3名の体制で診療を行っております。臓器にとらわれることなく”患者さん全体を診る”という基本姿勢で、リウマチ・膠原病に対して高度専門的医療を提供できるよう努力しております。外来を受診されている関節リウマチ患者さんの数は2,000名を超え、愛媛県の推定患者数の5分の1に相当する患者さんを診療させていただいているというのは全国でも有数の実績です。

関節リウマチに対しては、Treat to Target(T2T)治療方針に基づきメトトレキサートを中心とした抗リウマチ剤に加えて生物学的製剤を用いて積極的に治療を行っています。全身性エリテマトーデスや血管炎症候群など膠原病に対しても、積極的治療方針で生物学的製剤も用いた治療を行っています。平成30年1月から「免疫統括センター」を開設し、生物学的製剤を投与し、免疫学的側面から患者さんをマネージメントしています。

入院治療では、①リウマチ・膠原病を発症した患者さんに対して診断のための精査・治療導入、②コントロールが十分でない患者さんや合併症を起こしてしまった患者さんの治療、③関節機能障害を起こしてしまった患者さんの人工関節置換術や腱再建術などの機能再建手術などに対応しています。

今後の目標、課題

生物学的製剤はさまざまな疾患に対して適応されてきています。「免疫統括センター」を開設したことにより、診療科の垣根を超えて、免疫疾患に対してレベルの高い専門医療を提供できるよう体制を整えていきたいと考えています。

リウマチ・膠原病分野におけるエキスパートを育成し、チーム医療を“院内からそして地域へ”、愛媛県全体へ拡げていきたいと考えています。病院-クリニック間の連携(病診連携)、病院―病院間の連携(病病連携)を充実させるよう取り組んでいます。地域でリウマチ診療に関わっている医師およびコメディカルの方々と連携の会、リウマチ専門病院である道後温泉病院さんとの連携の会を開催しています。
リウマチ専門施設として、より効果的で安全な治療を患者さんに提供するための情報を発信していきたいと考えています。学会・論文などで情報発信し、治験・多施設共同試験に積極的に取り組み、基礎研究機関とも連携を図っています。

新型コロナウイルス感染症拡大防止のための臨時的な外来対応について

リウマチ膠原病センターでは、かかりつけ患者さんからの電話再診による定期薬剤処方も対応いたしております。

外来診療担当医表

最終更新日時:2022年3月31日 13時30分
リウマチ科水木水木水木伊藤
手術伊藤
内科押領司押領司押領司三嶋平岡
三嶋三嶋堀元堀元
兒島兒島

学会等の研修・認定施設

  • 日本リウマチ学会教育施設
  • 日本整形外科学会専門医研修施設

診療実績(2020年1月~12月)

外来患者数

新患者数 630人
延患者数 17,658人

外来疾患別症例数

疾患名 症例数
関節リウマチ 1,892件
全身性エリテマトーデス 164件
強皮症 82件
血管炎症候群 74件
脊椎関節炎 64件
多発性筋炎/皮膚筋炎 61件
リウマチ性多発筋痛症 59件
混合性結合組織病 58件
シェーグレン症候群 45件
変形性関節症 42件
ベーチェット病 42件
痛風 33件
成人スチル病 21件
RS3PE症候群 15件
結節性多発動脈炎 4件
その他 64件
合計 2,720件

入院症例数

入院症例数 のべ216人

入院疾患別症例数

疾患名 症例数
関節リウマチ 98件
血管炎症候群 38件
全身性エリテマトーデス 20件
多発性筋炎/皮膚筋炎 16件
変形性関節症 12件
強皮症 5件
リウマチ性多発筋痛症 5件
シェーグレン症候群 5件
成人スチル病 4件
再発性多発軟骨炎 3件
混合性結合組織病 2件
IgG4関連疾患 2件
その他 6件
合計 216件

入院目的別症例数

入院目的 症例数
原病 コントロール 116
手術 29
合併症 内科 19
筋骨格 15
感染(呼吸器/筋骨格/その他) 37(18/9/10)
  合計 216

手術症例数

術式 手術数
人工膝関節 14
人工股関節(うち再置換術) 7(1)
人工肘関節(うち再置換術) 1(1)
人工骨頭置換術 1
手の外科(腱移行など) 6
骨折観血的手術 4
足趾形成術 1
その他 13
合計 47

生物学的製剤(bDMARD)および分子標的合成薬(tsDMARD)使用患者数の推移(2016年~)

学術関係

(1)論文

氏名(筆頭者) 題名 掲載雑誌名
水木 伸一 人工膝関節感染を繰り返し、多発性骨髄炎に至り死亡した関節リウマチの1例 日本人工関節学会誌
水木 伸一 顎骨壊死合併関節リウマチ患者に対して、歯科治療後に人工膝関節置換術を施行した1例 日本人工関節学会誌

(2)学会発表

氏名(発表者) 演題 学会名(開催地) 発表月日
水木 伸一 人工膝関節感染を繰り返し、多発骨髄炎に至り死亡した関節リウマチの1例 第50回日本人工関節学会(福岡) 2020/2/22
水木 伸一 顎骨壊死を発症しデノスマブ➝テリパラチド治療後に人工膝関節置換術を施行した関節リウマチの1例 第50回日本人工関節学会(福岡) 2020/2/22
押領司 健介 Golimumabの治療反応性は導入時の疾患活動性と初期投与量が関連する 第64回日本リウマチ学会総会・学術集会(Web) 2020/8/17
三嶋 耕司 ベリムマブの有効性と治療効果予測因子の検討 第64回日本リウマチ学会総会・学術集会(Web) 2020/8/17
水木 伸一 関節リウマチ患者の人工股/膝関節周囲感染に対する治療成功に関連する要因の検討 第49回日本リウマチの外科学会(Web) 2020/9/11
水木 伸一 リウマチ性疾患に対するデノスマブ中止後の治療状況 第22回日本骨粗鬆症学会(Web) 2020/10/9
水木 伸一 リウマチ科以外の診療科に入院したリウマチ性疾患患者に対する薬剤調整の検討 第35回日本臨床リウマチ学会(Web) 2020/11/27
三嶋 耕司 B型肝炎抗原陽性患者における抗dsDNA抗体陽性の意義を検討 第31回日本リウマチ学会中国・四国支部学術集会(Web) 2020/12/4
水木 伸一 RA・骨関節手術におけるSSIリスク因子の検討 第43回日本骨・関節感染症学会(Web) 2020/12/26

(3)講演

氏名(発表者) 題名 講演名(開催地) 発表月日
押領司 健介 関節リウマチの診断と治療と目標 第64回日本リウマチ学会総会・学術集会(web) 2020/9/5
押領司 健介 関節リウマチの治療のこれまでとこれから 第64回日本リウマチ学会総会・学術集会(web) 2020/9/5
押領司 健介 免疫と関節リウマチの最前線 第64回日本リウマチ学会総会・学術集会(web) 2020/9/13
押領司 健介 T細胞制御からみた関節リウマチの病態 第64回日本リウマチ学会総会・学術集会(web) 2020/9/13
押領司 健介 関節リウマチ治療におけるBaricitinibの役割 第48回日本臨床免疫学会総会(web) 2020/10/15