文字サイズ
Tel : 089-924-1111

当院は地域医療支援病院です

このページの内容

地域医療支援病院とは

松山赤十字病院は平成17年5月23日付けをもって、愛媛県知事より『地域医療支援病院』として承認されました。今後はさらに、地域の皆さまが安心して医療を受けることができるよう、地域医療の環境整備に努力してまいります。

皆さまが住んでいる地域や生活圏内などにあって、ご自分やご家族が病気になったとき、真っ先に相談できるお医者さんが、「かかりつけ医」です。
「かかりつけ医」からの紹介患者さんを中心に、より専門的な検査や入院治療を行い、地域医療を総合的に支援する病院が「地域医療支援病院」です。

地域医療支援病院(当院)とかかりつけ医の関係

詳しい検査や専門的な治療が必要になった場合には、かかりつけ医からの紹介状をもって、当院を受診してもらうことになります。そして、当院での検査や必要な急性期の治療が終わり、病状が落ち着かれたら、かかりつけ医のところに戻られて治療を続けていただくことになります。万が一、病状が悪化した場合、かかりつけ医からの紹介があれば、当院は24時間365日、患者さんを受入れできるようにしています。

このように患者さんが安心して医療を受けることができるように、地域医療支援病院(当院)とかかりつけ医は患者さんの情報を共有しながら、連携して医療を行っています。

当院では、ご登録いただいているかかりつけ医が当院の研究施設、高度な医療機器、病床などを共同で利用できる体制を整備しており、また定期的に合同の勉強会などを実施しながら、医療水準の向上に努めております。

地域医療連携ネットワークのご案内(ID-Link)

患者さんの同意をいただいたうえで、ご本人の診療・治療の記録(電子カルテ)を他の医療機関の先生に閲覧していただけるネットワークシステム(ID-Link)です。

専用回線(インターネットVPN)を利用して患者さんのプライバシー保護を厳重に図りながら、松山赤十字病院のカルテをかかりつけの先生に見ていただくことで、より安全で質の高い診療を受けることができます。

  • 患者さんの当院での診療記録を見ることができます。入院中の経過も見ていただくことができますので、退院後の逆紹介もスムーズに行えます。
    かかりつけの先生に詳しく説明できなくても安心して診療が受けられます。
  • 初めて受診される患者さんで当院に受診歴がある方は、診療記録を見ることができます。
  • 診療情報を施設間で共有することで安全で質の高い診療を受けることができ、重複した投薬や検査を防止するなど、医療費の負担軽減にもつながります。
  • 入院中の診療記録を見ることができるので、転院後の治療に役立てることができます。

外部からの不正アクセスを防ぐため、専用回線を利用し、閲覧していただくサービスです。愛媛県医師会 地域医療連携ネットワーク(EMAネット)の接続が必要となります(無料で利用できます)。EMAネットを利用されない場合は、有料のインターネットVPNをご利用いただくことになります。

利用の流れ図
ステップ1.「利用申請」書類ダウンロード(PDF形式)
ステップ2. 「接続申請」書類ダウンロード(PDF形式)
ステップ3. 「同意取得」書類ダウンロード(PDF形式)

資料請求・お問い合わせ先

資料請求・不明な点等ありましたらご連絡ください。

資料請求
問い合わせ先

患者支援センター
Tel.089-926-9516