採用情報

病院運営には多様な職種のチーム力が必要です。求められる知識もスキルもさまざま。活躍の場は誰にもある、といえます。

事務部
事務部トップメッセージ
事務職員

事務部トップメッセージ

事務部長
基本理念、基本方針を誠実に実践しながら
存在感のある事務部を目指しています

事務部長

乃万 孝樹

松山赤十字病院のホームページ、そして事務部のサイトをご覧いただき誠にありがとうございます。

急速な少子高齢化や情報通信技術の著しい進歩、SNSの普及など、時代の流れのなかで病院を取り巻く環境は大きく変化しています。この環境の変化に伴い、私たち事務職員にとりましても、他職種から求められる役割や期待は年々高まっているように感じています。病院の事務業務は多くの皆さんがイメージされる医療事務を中心とした時代もありましたが、本サイト内の「各部署紹介」にも掲載のとおり、今では担う業務内容は広範多岐にわたっています。一方で「事務職員による災害救護活動の実際」をご覧いただきますと、強い使命感と責任感が求められる日本赤十字社の事務職員は、単なるデスクワークだけではないことを感じ取っていただけると思います。

私が入職しました昭和62年当時、事務職員は110名余りでしたが、今では300名を超える職員(派遣職員を含む)がそれぞれのステージで協働と共助の気持ちを大切にしながら、温かい職場環境のなかでスキルを高めあっています。

この度、本ホームページのリニューアル公開とともに、お陰様をもちまして念願の新棟(南棟)がオープンしました。地域の皆様から真に信頼され、選んでいただける病院となりますよう決意を新たにしたところであります。

この目指すべき病院の姿を実現するためには、新たなマンパワーが必要です。私が魅力としています「何よりも健康(タフ)で、事務職員に求められる資質のベースとなる事務作業の正確性と敏速性を兼ね備え、相手の立場を尊重しながら、さりげない目配りや気配り、心配りのできる方」と事務職員の立場から共に地域医療へ貢献できる日を心待ちにしています。