文字サイズ
Tel : 089-924-1111

放射線治療科

Department of Radiation Oncology

最新装置で、各種がんに対し高精度放射線照射を行い、先進がん治療の一翼を担っています。

松山赤十字病院 放射線治療科

放射線治療科について

このページの内容

部長あいさつ

松山赤十字病院
放射線治療科 部長
浦島 雄介

放射線治療はがん治療の三本柱の一つとして担う役割も広く、近年はがん免疫との関連も研究が進み、その役割は更に重要なものとなっています。

ここ十数年でのテクノロジーの進歩は目覚ましく、放射線治療の分野においても定位照射や強度変調放射線治療、画像誘導放射線治療など高精度放射線治療も長足の進歩を遂げています。当院においても最新の放射線治療機を導入し、様々な高精度放射線治療を提供しています。

放射線治療はがん治療において根治的治療から緩和的治療まで幅広く威力を発揮する頼りになる武器であり、また低侵襲治療という優れた特質があります。この放射線治療の長所を最大限に活かせる様、当部門の治療スタッフが日々診療にあたっています。

放射線治療科について

松山赤十字病院 放射線治療科 集合写真

当科では各診療科と密接に連携を取りながら、最新の治療装置にて頭頸部癌や前立腺癌への強度変調放射線治療をはじめ、各種がんに対する高精度放射線照射を行っています。その他も前立腺癌への密封小線源治療や、悪性リンパ腫へのRI標識抗体療法など、幅広い疾患へ低侵襲で患者さんのQOLを重視した治療を行っています。

外来診療担当医表

最終更新日時:2021年2月24日 21時09分
 
浦島浦島浦島

学会等の研修・認定施設

  • 日本医学放射線学会放射線科専門医総合修練機関

診療実績(2019年1月~12月)

放射線治療 260
※強度変調放射線治療 54例 (頭頸部15例、前立腺癌29例、その他 10例)
定位放射線治療 1例(肝)
密封小線源治療 5例

学術関係

(1)学会発表

氏名(発表者) 演題 学会名(開催地) 発表月日
浦島 雄介

当院における胃悪性リンパ腫の治療症例の検討

日本放射線腫瘍学会第32回学術大会(名古屋) 2019/11/21