文字サイズ
Tel : 089-924-1111

肝胆膵内科
(肝胆膵センター)

Center for Liver-Biliary-Pancreatic Diseases

肝臓・胆のう・膵臓領域の疾患に、最先端の検査・治療をご提供いたします。

肝胆膵内科について

副院長挨拶

松山赤十字病院
副院長
上甲 康二

高い専門性と、最先端の検査・治療を迅速に提供できる体制を自負しています。ウイルス肝炎を含め肝障害に対して常に最新の治療法を提供、肝癌の治療では局所治療やTACEを中心とした治療を行い、全国トップレベルの症例数を誇っています。局所治療ではモノポーラ・バイポーララジオ波やマイクロ波凝固療法などあらゆる治療法に対応可能です。食道胃静脈瘤に対しては内視鏡的治療やBRTOが常時施行可能です。胆・膵領域では小腸鏡を用いた胆管ドレナージを含め内視鏡的ステント挿入術、EUS下膵生検や仮性のう胞・胆道のドレナージなど専門性の高い処置を行っています。肝胆膵領域の進行癌に対しては免疫チェックポイント阻害剤や分子標的薬などを含め最新の治療に積極的に取り組んでいます。高度な専門性を維持しながら、患者さんと信頼関係を築き、安全・安心な診療を行っています。

肝胆膵内科(肝胆膵センター)

肝臓・胆のう・膵臓領域について、専門性を高め、最先端の検査・治療を提供できる体制を整えています。肝臓疾患において、特にC型肝炎治療はめざましい進歩を遂げ、新しい内服薬の登場でほぼ100%のウイルス排除が得られるようになり、当科でも多くの患者さんがHCV排除が得られています。肝癌症例に対しては腫瘍血管塞栓術(TACE)とラジオ波焼灼術(RFA)を中心とした治療を行い、特にRFAは全国でもトップレベルの症例数を維持しております。また2020年9月から使用可能となった免疫チェックポイント阻害薬、複数の分子標的治療薬などの化学療法も積極的に導入して、肝癌に対する更なる治療成績の向上を目指しています。肝硬変に伴って発生する食道胃静脈瘤に対してはEIS、EVL、BRTOなどの処置がいつでも施行できる体制を整えており、より安全に行えるようになっています。胆・膵領域では内視鏡的逆行性膵胆管造影(ERCP)や超音波内視鏡(EUS)などを用いた精度の高い診断を行っています。またそれらの技術を用いた内視鏡的ステント挿入術(肝管ステント、胆のうステント、膵管ステント、十二指腸ステント)や膵生検、術後胃における小腸鏡を用いた胆管処置、EUSを用いた仮性のう胞および胆道のドレナージなど他院では施行困難な処置を積極的に行っています。

外来診療担当医表

最終更新日時:2021年3月31日 20時46分
午前上甲上甲畔元横田上甲
眞柴横田越智眞柴横田
畔元越智上原第1・3・5週 盛田
第2・4週 矢野
眞柴
越智
午後第1・3・5週 矢野
第2・4週 盛田
上甲畔元横田上甲
横田上原眞柴横田
越智第1・3・5週 盛田
第2・4週 矢野
眞柴

学会等の研修・認定施設

  • 日本肝臓学会認定施設
  • 日本消化器病学会専門医認定施設
  • 日本胆道学会認定指導施設
  • 日本膵臓学会認定指導施設
  • 日本超音波医学会認定超音波専門医研修基幹施設

診療実績(2019年1月~12月)

外来新患者数 1,851人
外来延患者数 21,494人

疾患別入院

肝疾患 541人
胆道疾患 418人
膵疾患 222人
その他 13人

検査・処置件数

血管造影 139件
ラジオ波焼灼術(RFA) 163件
肝生検 63件
経皮胆道ドレナージ(PTBD/PTGBA) 35件
小腸鏡を用いたERCP 5件
内視鏡的逆行性胆管・膵管造影(ERCP/EPBD/EST) 442件
超音波内視鏡(EUS穿刺などの関連手技を含む) 383件
食道静脈瘤治療(EIS/EVL/EISL/スクレロ) 59件
上部消化管内視鏡検査 579件

学術関係

(1)論文

氏名(筆頭者) 題名 掲載雑誌名
Joko K Relation of Reduction of Antibodies against Hepatitis B Virus to Hepatocellular Carcinoma Recurrence in the Patients with Resolved Hepatitis B Virus Infection Following Direct-acting Antiviral Therapy for Hepatitis C Virus Infection Euroasian Journal of Hepato-Gastroenterology 9:78-83,2019
Mashiba T Real-world efficacy of elbasvir and grazoprevir for hepatitis C virus (genotype 1): A nationwide, multicenter study by the Japanese Red Cross Hospital Liver Study Group Hepatol Res 49:1114-1120,2019
Joko K Acute liver failure and intractable gastric ulcer in plasma Prekallikrein deficiency Mastuyama R.C.Hosp.J.Med. 44:21-27,2019

(2)学会発表

氏名(発表者) 演題 学会名(開催地) 発表月日
上甲 康二 ゲノタイプ1型に対するGRZ+EBVの治療効果 全国成績 AMED研究事業 感染症実用化研究事業 肝炎等克服実用化研究事業 C型肝炎インターフェロンフリー治療の実態と不成功例に対する全国規模の診療指針に関する研究 泉班平成30年度第2回班会議(東京) 2019/1/11
Mashiba T Real-world efficacy of elvasvir and grazoprevir for hepatitis C virus (genotype 1): A nationwide, multicenter study by the Japanese Red Cross Hospital Liver Study Group The European Association for the Study of the Liver(EASL)2019(ウィーン) 2019/4/12
越智 裕紀 80歳以上の高齢者のミラノ基準内での肝細胞癌治療の予後因子の検討 第105回日本消化器病学会総会(石川) 2019/5/9
眞柴 寿枝 C型慢性肝疾患に対するGlecaprevir/Pibrentasvir療法のDAA既治療例を含む治療成績 第55回日本肝臓学会総会(東京) 2019/5/31
越智 裕紀 4型コラーゲンのDAA前後での線維化測定の有用性 第55回日本肝臓学会総会(東京) 2019/5/31
越智 裕紀 肝予備能不良症例に対するRFA治療の予後因子の検討 第55回日本肝癌研究会(東京) 2019/7/4
Joko K Evaluation of Platelet Function in Patients Receiving Lusutrombopag for the Treatment of Thrombocytopenia Due to Chronic Liver Disease:An Open-Label Phase I Study International Society on Thrombosis and Haemostasis(ISTH)2019(メルボルン) 2019/7/8
上甲 康二 肝癌治療後のC型肝炎に対するDAA治療 全国集計 全国赤十字病院B型肝炎・C型肝炎・肝硬変・肝癌共同研究推進連絡会(東京) 2019/7/12
畔元 信明 当院における初回治療で化学療法を施行した高齢者浸潤性膵管癌の臨床的特徴 第50回日本膵臓学会大会(東京) 2019/7/12
畔元 信明 Solid pseudopapillary neoplasm(SPN)と鑑別が困難であった膵嚢胞性病変の1切除術 第71回日本消化器画像診断研究会(東京) 2019/9/21
横田 智行 肝門部領域胆管の胆管内乳頭上腫瘍(IPNB)術後に遠位胆管にIPNBを再発した一例 第55回日本胆道学会学術集会(名古屋) 2019/10/4
Joko K Comparison Of Survival Rates Between Direct-Acting Antiviral(DAA)Therapy And Interferon(IFN)Therapy After Curative Treatment Of Hepatitis C Virus (HCV)-Related Hepatocellular Carcinoma(HCC) American Association for the Study of Liver Diseases(AASLD)2019(Boston) 2019/11/8
Ochi H Analysis Of Prognostic Factors Of Hepatocellular Carcinoma Treatment Within Milan Criteria For Super-Elderly Patients American Association for the Study of Liver Diseases(AASLD)2019(Boston) 2019/11/8
越智 裕紀 HCV関連肝細胞癌治療後のDAAの意義 第23回日本肝臓学会大会(JDDW2019KOBE)(神戸) 2019/11/21
横田 智行 急性胆嚢炎に対する内視鏡的胆嚢ドレナージの有用性 第61回消化器病学会大会(JDDW2019KOBE)(神戸) 2019/11/22
畔元 信明 当院における切除可能高齢者浸潤性膵肝癌に対する治療の現状 第61回消化器病学会大会(JDDW2019KOBE)(神戸) 2019/11/22
眞柴 寿枝 肝癌治療後C型肝炎に対する抗ウイルス療法後の肝癌再発と生存率 第61回消化器病学会大会(JDDW2019KOBE)(神戸) 2019/11/23
眞柴 寿枝 当院における非代償性肝硬変症例に対するSofosbuvir/Velpatasvir療法の早期治療効果 第43回日本肝臓学会西部会(下関) 2019/12/12
越智 裕紀 Intermediate stageでの再発肝細胞癌のRFA治療の有効性の検討 第43回日本肝臓学会西部会(下関) 2019/12/12

(3)講演

氏名(発表者) 題名 講演名(開催地) 発表月日
越智 裕紀 肝細胞癌治療後のDAAの意義 伊予肝疾患フォーラム(松山) 2019/2/22
上甲 康二 DAA・多剤TKI時代のラジオ波治療 第4回東京肝炎・肝癌局所療法研究会(東京) 2019/3/16
上甲 康二 アンメットニーズに応えるC型肝炎治療~最終局面を迎え、新たな展開へ~ Liver Sience Forum in Tokushima(徳島) 2019/4/9
眞柴 寿枝 肝疾患と薬物療法について 一般社団法人松山薬剤師会 平成31年度生涯教育講座第一回(松山) 2019/4/9
上甲 康二 肝性浮腫の治療戦略 肝疾患Web Seminar(松山) 2019/6/4
眞柴 寿枝 実臨床データを踏まえたDAA治療とSVR後発癌 6月度香川県肝臓病懇話会(高松) 2019/6/7
上甲 康二 肝炎・肝癌治療の実臨床~治療経験からの考察~ 肝炎インターネット講演会(東京【全国】) 2019/6/17
横田 智行 膵疾患診療の現状 第7回今治周桑消化器・代謝講演会(今治) 2019/6/17
上甲 康二 リアルワールドでのGlecaprevir/Pibrentasvirの治療成績~全国赤十字肝疾患ネットワークでの検討~ LIVER DISEASE MEETING(高知) 2019/9/27
上甲 康二 肝性浮腫の治療戦略~腹水発生機序の観点より~ 肝疾患懇話会(今治) 2019/10/10
上甲 康二 ランチョンセミナー5:C型肝炎撲滅に向けた医療スタッフの役割 第55回日本赤十字社医学会総会(広島) 2019/10/17
越智 裕紀 当院でのナルサス/ナルベインの使用経験 第81回松山肝腫瘍研究会(松山) 2019/10/26
上甲 康二 肝臓専門医に聞く~C型肝炎治療最前線~ C型肝炎啓発座談会(松山) 2019/10/31
横田 智行 膵疾患について 第23回チャリティ講演会(松山) 2019/11/10
上甲 康二 C型肝炎、肝癌治療の実際、全国日赤データおよび当院症例からの考案 PRAHT講演会(神戸) 2019/11/21
上甲 康二 C型肝炎撲滅に向けて-院内連携の取り組み- e-seminar(東京【全国】) 2019/11/27
上甲 康二 いまさら聞けない?ウイルス性肝炎治療-肝がんから、患者様を守るために- G-STATION Lecture(松山【全国】) 2019/12/18