文字サイズ
Tel : 089-924-1111

消化管内科
(胃腸センター)

Division of Gastroenterology

消化管領域の専門科として、初期診療から高度専門治療まで提供しています。

消化管内科について

このページの内容

副院長あいさつ

松山赤十字病院
副院長(兼)消化管内科 部長
蔵原 晃一

 消化管内科(胃腸センター)は、中四国地方で診療症例数が多い専門施設として、消化管各領域において全国レベルの診療を地域に提供することを標榜しています。当科は、内科から分離独立して今年で47年を迎えますが、高い診療水準を維持するためには症例の集積・解析による臨床研究の成果を診療にフイードバックすることが重要であるとして、所属医師に研究会・学会発表や論文執筆を励行してきました。これまで部長職は各学会の役職を歴任しており、私は、現在、消化器関連7学会(消化器病学会、消化器内視鏡学会、消化管学会、カプセル内視鏡学会、ヘリコバクター学会、小腸学会、消化器がん検診学会)の評議員・代議員、医学雑誌「胃と腸」の編集委員などを拝任しています。医師・スタッフ一同と協力し、個々の症例に最良の医療を提供したいと考えています。

消化管内科について

消化管内科(胃腸センター)は計9名の常勤医師が所属し、消化管内科(胃腸科)領域の診療を担当しています。内視鏡治療を含む内視鏡検査処置件数は年間12000件を超えており、中四国地方で診療症例数が多い消化管内科専門施設として、消化器関連学会(消化器病学会、消化器内視鏡学会、消化管学会、カプセル内視鏡学会)の指導施設にも認定されています。当科では、胃癌や大腸癌などの消化管癌の早期診断・内視鏡的切除と胃酸関連疾患(消化性潰瘍やピロリ菌感染症など)の診療および炎症性腸疾患(クローン病や潰瘍性大腸炎など)の診療を3本柱とし、各分野において適切な医療を実践するよう努めています。また、消化管出血などの救急診療に加え、地域に先駆けてカプセル大腸内視鏡を導入するなど、初期診療から高度な専門的治療まで消化管に関するあらゆるニーズに積極的に応えられる体制づくりを心掛けています。

外来診療担当医表

最終更新日時:2024年1月4日 15時19分
外来部門午前新患 兼院外紹介蔵原池上池上蔵原白井
再診予約 兼院内紹介森山蔵原 / 田中水江浦岡 / 白井下司
炎症性腸疾患野坂浅野江頭
午後新患 兼予約森山野坂水江/八板田中下司
炎症性腸疾患野坂池上江頭
検査午前上部消化管内視鏡およびX線造影検査
午後小腸、大腸内視鏡検査および内視鏡治療

学会等の研修・認定施設

  • 日本消化器内視鏡学会指導施設
  • 日本消化器病学会専門医認定施設
  • 日本消化管学会胃腸科指導施設
  • 日本カプセル内視鏡学会指導施設

学会・研究会活動状況

2022年6月

6月7日、「山口・愛媛IBD WEB conference(研究会)」が開催され、蔵原晃一副院長が一般演題の座長を務めた。また、原 裕一医師が発表した。

6月10日、「第61回日本消化器がん検診学会総会」がWEB開催され、蔵原晃一副院長が教育講演の座長を務めた。

6月18日、19日の二日間、「第117回日本消化器病学会四国支部例会」が、蔵原晃一副院長が会長を務め、松山市コミュニティーセンターで開催された。池上幸治副部長、清森亮祐副部長、原 裕一医師、江頭信二郎医師、水江龍太郎医師、南川容子医師、田中雄志医師がそれぞれ発表した。また、南川容子医師が日本消化器病学会専修医(後期研修医)奨励賞を受賞した。

6月18日、「第126回日本消化器内視鏡学会四国支部例会」が松山市コミュニティーセンターで開催され、当院臨床研修センター 森山麟太郎医師が発表した。

6月24日、「第28回日本ヘリコバクター学会総会」が西宮市で開催され、原 裕一医師が発表した。

6月30日、「Next Web Seminar in Ehime(研究会)」が開催(WEB配信:愛媛県と山口県)され、 蔵原晃一副院長が講演した。

2022年7月

7月1日、「第526回松山胃腸疾患研究会」が松山市教育研修センターで開催された。蔵原晃一副院長が司会を務め、池上幸治副部長と原 裕一医師がそれぞれ症例提示を担当した。


7月8日、「第97回大腸癌研究会」が浜松町クレアタワーカンファレンス(東京都)で開催され、池上池上幸治副部長が発表(一般演題)した。   


7月21日、「OSAKA漢方WEBセミナー(研究会)」が開催され、蔵原晃一副院長が講演した(松山市から大阪府全域にWEB配信)。


7月30日、「第22回臨床消化器病研究会」がJPタワーホール&カンファレンス(東京都)で開催され、蔵原晃一副院長が講演(基調講演)した。

 

2022年8月

8月19日、「Ehime炎症性腸疾患WEB講演会」が開催され、蔵原晃一副院長が座長を務めた(愛媛県内にWEB配信)。


8月26日、「IBD Clinical conference in 山口&松山(研究会)」が開催され、蔵原晃一副院長が講演Ⅰの座長を務めた。また原 裕一医師が講演(講演Ⅱ)した(山口県全域と松山市内にWEB配信)。


8月31日、「Ulcerative Colitis Web Seminar(研究会)」が開催され、原 裕一医師が発表した(福岡県、山口県と松山市内にWEB配信)。

 

2022年9月

9月7日、「第229回横浜内視鏡医会集談会 (WEB講演会)」が開催され、蔵原晃一副院長が講演した(松山から横浜市内にWEB配信)。

 

9月9日、「松山IBDセミナー(研究会)」が開催され、蔵原晃一副院長が講演Ⅰ, Ⅱの座長を務めた。また原 裕一医師が講演(講演Ⅰ)した(松山市内にWEB配信)。

 

2022年10月

10月19日、「令和4年度 福岡市胃がん・大腸がん検診実施医療機関合同研修会」が福岡市医師会館で開催され、蔵原晃一副院長が講演した。

 

10月27日から30日にかけて福岡国際会議場で開催された「第30回日本消化器関連学会週間(JDDW)」において、池上幸治副部長、清森亮祐副部長と原 裕一医師 がそれぞれ発表(一般演題)した。

 

同上JDDW期間中に開催された日本消化器内視鏡学会の理事会と評議員会において、蔵原晃一副院長が、同学会「非乳頭部十二指腸上皮性腫瘍の内視鏡診療ガイドライン作成委員会」の作成委員に選出、承認された。

 

2022年11月

11月12日、第60回日本小腸学会学術集会が広島市で開催された。原 裕一医師 が発表(一般演題)した。 また、蔵原晃一副院長が一般演題1のコメンテーターを務めた。

 

11月16日、鳥取大学・島根大学コラボ企画 「山陰消化器漢方セミナー(WEB 講演会)」が開催され、蔵原晃一副院長が講演した(松山市から鳥取県と島根県にWEB配信)。                   

 

11月18日、第28四国地区消化器内視鏡懇談会が徳島市で開催され、蔵原晃一副院長が特別講演の司会を務めた(徳島市から四国四県にWEB配信)。

 

11月19日、20日の二日間、「第118回日本消化器病学会四国支部例会」が、徳島市あわぎんホールで開催され、池上幸治副部長が一般演題の座長を務めた。原 裕一医師 が合同シンポジウムで発表し、江頭信二郎医師と水江龍太郎医師が発表(一般演題)した。また、水江龍太郎医師が日本消化器病学会専修医(後期研修医)奨励賞を受賞した。

 

11月19日、20日に併催された「第129回日本消化器内視鏡学会四国支部例会」(徳島市あわぎんホール)において、池上幸治副部長と田中雄志医師が発表(一般演題)し、田中雄志医師が研修医・専修医優秀演題賞を受賞した。

 

11月22日、「IBD hybrid conference in 松山(WEB研究会)」が開催され江頭信二郎医師が講演(一般講演)した。また、蔵原晃一副院長が特別講演の座長を務めた。

 

11月26日、27日の二日間、「第53回日本消化器がん検診学会中国四国地公開が島根県出雲市ビッグハート出雲で開催され、シンポジウムで池上幸治副部長が発表した。また、蔵原晃一副院長が同シンポジウムの司会を務めた。

2022年12月

12月6日、「Crohn‘s disease Expert Seminar in 中四国(WEB研究会)」が開催され江頭信二郎医師が講演(一般講演)した。また、蔵原晃一副院長が一般講演と特別講演の座長を務めた(松山市から中四国9県にWEB配信)。

12月23日、「消化器内視鏡WEBセミナー2023 in松山」が開催され池上幸治副部長が講演(一般講演)した。また、蔵原晃一副院長が一般講演と特別講演の座長を務めた(松山市から全国47都道府県に on demand WEB配信)。

2023年1月

2023年1月22日に「第32回日本消化器内視鏡学会四国セミナー(WEB講演会)」が開催され蔵原晃一副院長が講演した(四国4県にon demand WEB配信)。

2023年2月

2月3日、第19回日本消化管学会総会学術集会が東京(京王プラザホテル)で開催され、清森亮祐副部長がワークショップで発表した。

2月4日、第16回日本カプセル内視鏡学会学術集会が東京(京王プラザホテル)で開催され、池上幸治副部長が発表(一般演題)した。

2月10日、第528回松山胃腸疾患研究会が当院多目的ホールで開催された。蔵原晃一副院長が司会を担当し、南川容子医師と池上幸治副部長がそれぞれ症例を提示した。

2月23日から25日に第95回日本胃癌学会が札幌(ロイトンホテル)で開催され、原 裕一医師 がワークショップで発表した。

 

2023年3月


3月3日、IBD clinical conference in 福岡・松山(WEB研究会:松山から松山市内と福岡市内に配信)が開催され、池上幸治副部長が講演(講演I)した。蔵原晃一副院長が座長(講演I,II)を担当した。


3月10日、松山IBDカンファレンス2023(WEB研究会:松山から松山市内に配信)が開催され、江頭信二郎医師が発表(一般演題)した。蔵原晃一副院長が座長(一般演題, 特別講演)を担当した。


3月11日、第166回佐賀県胃癌大腸癌検診医会研修会が佐賀市(佐賀メディカルセンター)で開催され、蔵原晃一副院長が講演(特別講演)した。


3月18日、第93回山口県消化器がん検診講習会が山口市(山口県総合保健会館)で開催され、蔵原晃一副院長が講演(特別講演)した。


3月28日、「慢性便秘症の治療戦略 in 愛媛(WEB講演会:TKP松山市駅前カンファレンスセンターより愛媛県内に配信)」が開催され、蔵原晃一副院長が講演した。

2023年4月

4月6日から8日、第109回消化器病学会総会が長崎(出島メッセ長崎)で開催され、4月6日、池上幸治部長がシンポジウムで発表した。また、4月7日、第5回若手優秀演題カンファレンスで水江龍太郎医師が四国支部代表として発表し全国10支部の中で第2位の成績を収めた。

 

2023年5月

5月25日から27日、第105回日本消化器内視鏡学会総会が新高輪プリンスホテル(東京)で開催され、26日に池上幸治部長がパネルディスカッションで発表した。また、同セッションの司会を蔵原晃一副院長が務めた。

 

2023年6月

6月13日、UC expert seminar in Ehimeが松山(ホテルマイステイズ松山)で開催され、江頭信二郎医師が講演(一般講演)した。また、蔵原晃一副院長が一般講演と特別講演の座長を務めた。

6月17日から18日、第130回日本消化器内視鏡学会四国支部例会と第119回日本消化器内視鏡学会四国支部例会が、香川県県民ホールで開催された。両学会の合同ミニシンポジウムで池上幸治部長と江頭信二郎医師が発表し、蔵原晃一副院長が司会を務めた。内視鏡学会四国支部例会で水江龍太郎医師と森山麟太郎医師が一般演題発表した。消化器病学会四国支部例会では江頭信二郎医師と田中雄志医師が一般演題発表し、田中雄志医師が日本消化器病学会専攻医奨励賞(後期研修医)を受賞した。

6月29日、第2回瀬戸内炎症性腸疾患懇話会(WEB講演会:TKP松山市駅前カンファレンスセンターより愛媛県内と山口県内に配信)」が開催され、江頭信二郎医師が講演(一般講演)した。また、蔵原晃一副院長が一般講演と特別講演の座長を務めた。

6月30日から7月2日まで、第29回日本ヘリコバクター学会学術集会が日本教育会館(東京)で開催され、6月30日、蔵原晃一副院長がパネルディスカッションで発表した。

 

2023年7月

7月15日、第23回臨床消化器病研究会がJPタワーホール&カンファレンス(東京)で開催され蔵原晃一副院長が講演(基調講演)した。

7月21日、第2回炎症性腸疾患研講演会がTKP松山市駅前カンファレンスセンターでハイブリッド開催され、野坂佳愛医師が講演(一般講演)した。また、蔵原晃一副院長が一般講演と特別講演の座長を担当した。

7月28日、松山IBDセミナー2023がANAクラウンプラザホテル松山でハイブリッド開催され、江頭信二郎医師が講演(一般講演)した。また、蔵原晃一副院長が一般講演と特別講演の座長を担当した。

7月29日、第529回松山愛媛合同胃腸疾患研究会が松山赤十字病院多目的ホールで開催され、水江龍太郎医師と下司安春医師が症例提示を担当した。蔵原晃一副院長が講演(ミニレクチャー)した。

 

2023年8月

8月5日、Ulcerative Colitis Expert Seminar がTKPガーデンシティーPREMIUM広島駅北口でハイブリッド開催(広島県全域にWEB配信)され、蔵原晃一副院長が症例検討セッションの司会を務めた。

8月30日、令和5年度第1回伊予市内視鏡検診講習会(WEB講習会)が開催され、蔵原晃一副院長が講演した。

 

2023年10月

10月4日、松山市「中学2年生へのピロリ菌検査事業」令和5年度保護者向け説明会が開催され 蔵原晃一副院長がWEB講演(収録)した。

10月27日、第8回静岡消化管疾患研究会が静岡市医師会館で開催され、蔵原晃一副院長が講演した(特別講演:静岡市内にハイブリッド配信)。

 

2023年11月

11月2日から5日にかけて神戸市ポートアイランド(ポートピアホテルなど)で開催された「第31回日本消化器関連学会週間(JDDW)」において、池上幸治部長が発表(一般演題)した。また、蔵原晃一副院長が一般演題の座長を担当した。

11月18日、第529回松山愛媛合同胃腸疾患研究会が松山赤十字病院多目的ホールで開催され、水江龍太郎医師と野坂佳愛医師が症例提示を担当した。池上幸治部長が司会を担当した。


11月25日、第61回日本小腸学会学術集会が京都市(ホテルグランディア京都)で開催され、田中雄志医師が発表(一般演題)した。


11月26日、第54回日本消化器がん検診学会中国四国地方会が徳島市(徳島大学大塚講堂)で開催され、蔵原晃一副院長が教育講演の座長を担当した。

 

2023年12月

12月9日から10日、第131回日本消化器内視鏡学会四国支部例会と第120回日本消化器内視鏡学会四国支部例会が、高知市文化プラザかるぽーとで合同開催された。両学会の合同シンポジウムで江頭信二郎医師が発表し、内視鏡学会四国支部例会で池上幸治部長、水江龍太郎医師と下司安春医師が一般演題発表した。下司安春医師が「研修医・専攻医 優秀演題賞」を受賞し「日本消化器内視鏡学会総会招待者」に選ばれた。蔵原晃一副院長がモーニングレクチャーの司会を務めた。消化器病学会四国支部例会で野坂佳愛医師と森山麟太郎医師が一般演題発表した。

 

12月11日、松山IBDセミナーがマイステイズ松山で開催され、福岡大学消化器内科教授 平井郁仁先生が講演した。蔵原晃一副院長が座長を務めた。

 

12月22日、愛媛炎症性腸疾患研究会2023ハイブリッドセミナーがマイステイズ松山で開催され、野坂佳愛医師が講演(一般講演)した。また、佐賀大学消化器内科教授 江﨑幹宏先生が講演(特別講演)した。蔵原晃一副院長が一般講演と特別講演の座長を務めた。

 

2024年1月

1月18日、IBD expertミーティング2024が松山で開催され、江頭信二郎医師が講演(一般講演)した。

 

診療実績(2022年1月~12月)

外来新患者数 4,438人
入院患者延数 7,851人
総内視鏡検査数 8,349件
内視鏡的切除術 688件
内視鏡的止血術 302件

学術関係(2022年実績)

(1)論文

氏名(筆頭者) 所属 題名 掲載雑誌名
吉原 崇正 消化管内科 輪状潰瘍 胃と腸
清森 亮祐 消化管内科 異所性胃粘膜 胃と腸
清森 亮祐 消化管内科 Brunner腺過形成 胃と腸
池上 幸治 消化管内科 腸管リンパ腫 胃と腸
原 裕一 消化管内科 腸管子宮内膜症 胃と腸
池上 幸治 消化管内科 Lynch症候群と原発性小腸癌 胃と腸
蔵原 晃一 消化管内科 編集後記 胃と腸
吉原 崇正 消化管内科 血行障害・血管性病変 血管炎症候群 巨細胞性動脈炎(GCA) 日本臨牀
江頭 信二郎 消化管内科 炎症性疾患 感染症 細菌性腸炎 サルモネラ腸炎 日本臨牀
江頭 信二郎 消化管内科 好酸球性多発血管炎性肉芽腫症(EGPA)と消化管病変 消化器内視鏡
清森 亮祐 消化管内科 胃型形質を示す非乳頭部十二指腸腺腫・癌の臨床病理学的特徴 胃と腸
原 裕一 消化管内科 胃神経内分泌腫瘍WHO分類1型 消化器内視鏡
池上 幸治 消化管内科 陥凹を呈する病変 上皮性・非腫瘍性陥凹病変 胃結核 消化器内視鏡
清森 亮祐 消化管内科 Collagenous gastritis 消化器内視鏡

(2)学会発表

 

氏名(発表者) 所属 演題 学会名 発表月日
池上 幸治

消化管内科

H. pylori 除菌後胃癌のサーベイランス方法に関する検討 第18回日本消化管学会総会学術集会(東京) 2022.2.11
吉原 崇正 消化管内科 カプセル小腸内視鏡検査を施行したLynch症候群の検討 第15回日本カプセル内視鏡学会学術集会(東京) 2022.2.13
原 裕一 消化管内科 自己免疫性胃炎の初期像と思われた2症例の検討 新たな(に)胃病変を考える会 (Web) 2022.5.12
池上 幸治 消化管内科 当科で診断したcollagenous gastritis症例の検討 第103回日本消化器内視鏡学会総会(京都) 2022.5.15
原 裕一 消化管内科 自己免疫性胃炎を背景とした胃癌症例の臨床病理学的検討 第103回日本消化器内視鏡学会総会(京都) 2022.5.15
原 裕一 消化管内科 多種薬剤が使用不能でGMAが有用であった症例の検討 瀬戸内炎症性腸疾患懇話会(松山) 2022.6.7
原 裕一 消化管内科 自己免疫性胃炎を背景とした胃癌症例の臨床病理学的検討 第61回日本消化器がん検診学会総会(Web)  2022.6.12
清森 亮祐 消化管内科 当科における胃型形質の非乳頭部 十二指腸腺腫・癌の臨床病理学的検討 第117回日本消化器病学会四国支部例会(松山) 2022.6.18
原 裕一 消化管内科 自己免疫性胃炎を背景とした胃癌症例の臨床病理学的検討 第117回日本消化器病学会四国支部例会(松山) 2022.6.18
水江 龍太郎 消化管内科 炭酸ランタン沈着を伴う胃癌の一例 第117回日本消化器病学会四国支部例会(松山) 2022.6.18
南川 容子 消化管内科 下部消化管内視鏡検査を契機に診断に至った老人性全身性アミロイドーシスの一例 第117回日本消化器病学会四国支部例会(松山) 2022.6.18
田中 雄志 消化管内科 胃・回腸・大腸に病変を認めた メトトレキサート関連リンパ増殖性疾患の一例 第117回日本消化器病学会四国支部例会(松山) 2022.6.18
池上 幸治 消化管内科 当科における大腸癌診療に対するCOVID-19流行の影響 第117回日本消化器病学会四国支部例会(松山) 2022.6.19
原 裕一 消化管内科 当科でのIBD症例に対するVedolizmab(VDZ)の治療成績 第117回日本消化器病学会四国支部例会(松山) 2022.6.19
原 裕一 消化管内科 Clinicopathological study of gastric cancer cases with autoimmune gastritis (AIG)
自己免疫性胃炎(AIG)を背景とした胃癌症例の臨床病理学的検討
第28回ヘリコバクター学会学術集会(西宮) 2022.6.24
原 裕一 消化管内科 症例提示 AIG初期像  第526回 松山胃腸疾患研究会(松山) 2022.7.1
原 裕一 消化管内科 松山日赤でのIBD診療の取り組み~当科でのUCにおける使用成績を含めて~ IBD Clinical Conference in 山口&松山(Web) 2022.8.26
原 裕一 消化管内科 IBD診療について~当科でのVedolizumabの治療成績~ Ulcerative Colitis Web Seminar(Web) 2022.8.31
原 裕一 消化管内科 当院におけるIBD診療について~当科でのVedolizumabの治療成績~ 松山IBDセミナー(Web) 2022.9.9
池上 幸治 消化管内科 H. pylori 自然除菌後胃癌の特徴 第64回  日本消化器病学会大会(福岡) 2022.10.28
清森 亮祐 消化管内科 非乳頭部十二指腸腺腫・癌の臨床病理学的検討 粘液形質の観点から 第64回  日本消化器病学会大会(福岡) 2022.10.29
清森 亮祐 消化管内科 多発小腸癌の1例 第60回 日本小腸学会学術集会(広島) 2022.11.12
池上 幸治 消化管内科 当科で経験したnon-Helicobacter pylori Helicobacter (NHPH)胃炎の2例 第129回 日本消化器内視鏡学会四国支部例会(徳島) 2022.11.19
江頭 信二郎 消化管内科 当科における血球成分除去療法の施行状況と有用性について 第118回 日本消化器病学会四国支部例会(徳島) 2022.11.19
水江 龍太郎 消化管内科 中学生ピロリ菌検診を契機に診断した 高校生早期胃癌の一例 第118回 日本消化器病学会四国支部例会(徳島) 2022.11.19
田中 雄志 消化管内科 IIa+IIc様を呈した 十二指腸神経内分泌細胞癌の1例 第159回日本消化器内視鏡学会 四国支部例会(徳島) 2022.11.19
江頭 信二郎 消化管内科 当センターにおけるクローン病に対するウステキヌマブ,潰瘍性大腸炎に対するJAK阻害薬の治療成績 IBD Hybrid Conference in松山(松山) 2022.11.22
池上 幸治 消化管内科 検診の胃X線造影検査で発見された 食道癌 第53回日本消化器がん検診学会中国四国地方会(出雲) 2022.11.26
蔵原 晃一 消化管内科 胃型形質を示す非乳頭部十二指腸腺腫・癌の臨床病理学的検討 第5回十二指腸腫瘍の診断と低侵襲治療に関する研究会(Web) 2022.12.3

 

(3)講演

氏名(発表者) 所属 題名 講演名(開催地) 発表月日
清森 亮祐 消化管内科 Ⅱa+Ⅱc様の形態を呈した 十二指腸神経内分泌細胞癌 松山胃腸疾患研究会(松山) 2022.3.11
蔵原 晃一 消化管内科 非乳頭部十二指腸腺腫・癌の診断 第21回 長野拡大内視鏡研究会 特別講演(長野)                                      2022.4.9
蔵原 晃一 消化管内科 非IBD腸炎の臨床と内視鏡診断 日本消化器内視鏡学会 第51回重点卒後教育セミナー(Web) 2022.4.10
蔵原 晃一 消化管内科 GERD診療 Up To Date 第304回 名西郡・徳島西医師会学術講演会(Web) 2022.4.19
蔵原 晃一 消化管内科 最近19年間に当科で経験した稀な10症例 第117回日本消化器病学会四国支部例会(松山) 2022.6.18
蔵原 晃一 消化管内科 上部消化管疾患診療 Up to date - GERD診療を含めて - Next Web Seminar in Ehime(Web) 2022.6.30
蔵原 晃一 消化管内科 慢性便秘症診療 up to date OSAKA漢方WEBセミナー(松山) 2022.7.21
蔵原 晃一 消化管内科 腸管非上皮性腫瘍の鑑別診断 - 知っておきたい小腸・大腸のSMT様病変 - 第22回臨床消化器病研究会(東京) 2022.7.30
蔵原 晃一 消化管内科 知っておきたい十二指腸病変 - 非乳頭部十二指腸腺腫・癌の診断 - 第229回横浜消化器内視鏡医会集談会講演(Web) 2022.9.7
蔵原 晃一 消化管内科 上部消化管内視鏡診断のトピックス -自己免疫性胃炎合併胃癌と非乳頭部十二指腸腺腫・癌について- 福岡市胃がん・大腸がん検診実施医療機関合同研修会(福岡) 2022.10.19
蔵原 晃一 消化管内科 慢性便秘症治療の実際 鳥取大学 X 島根大学 コラボ企画 「山陰消化器漢方セミナー」(Web) 2022.11.16
池上 幸治 消化管内科 当科の上部消化管内視鏡検査 ーELUXEOシステムを導入してー  消化器内視鏡 WEB SEMINAR 2023 IN 松山(Web) 2022.12.23