文字サイズ
Tel : 089-924-1111
基本理念・方針
このページの内容

基本理念

人道、博愛、奉仕の赤十字精神に基づき、医療を通じて、
地域社会に貢献します。

基本方針


  1. 最適で質の高い医療を提供し、患者に優しい病院を目指します。

  2. 多職種によるチーム医療を実践し、安全・安心な医療を提供します。

  3. 地域の医療機関、保健・介護・福祉と連携を図り、急性期医療・専門医療を実践します。

  4. 災害医療、国際救援活動の充実を図り、赤十字事業を推進します。

  5. 将来を担う人材の確保と育成に努めます。

  6. 一人ひとりが生き生きとし、働きがいのある病院を目指します。

  7. 健全経営の維持に努めます。

患者の皆様の権利

私たちは、患者の皆様の権利を尊重した医療の提供に努めます。

1. 人権を尊重される権利

一人の人間として、その人格、価値観などを尊重される権利があります。

2. プライバシーを保護される権利

院内でのプライバシーが守られる権利、診療の過程で得られた個人情報の秘密が守られる権利があります。

3. 公平で最善の医療を受ける権利

良質な医療を公平に受ける権利があります。

4. 医療に関して知る権利

診療に関して、理解しやすい言葉や方法で納得できるまで十分な説明と情報を受ける権利があります。また診療に関する情報について聞かない権利もあります。ご自分の診療記録(カルテ)の開示を求める権利があります。

5. 医療行為について選択し決定する権利

十分な説明と情報を受けたうえで、治療方法などを自らの意志で選択、または拒否する権利があります。この病院以外での診療を希望する権利、他施設の医師の意見を聞く権利があります。(セカンドオピニオン)

インフォームド・コンセント(説明と同意)について

インフォームド・コンセント(説明と同意)は患者さんに十分な説明を行うことが医療提供の重要な要素であると考え、患者さんと医療従事者の関係を上下関係や対立の構図ではなく、お互いの立場を尊重し、お互いの理解を深めた上で、患者さんのクオリティ・オブ・ライフ(生活と人生の質)の確保・向上を目的とした質の高い医療を達成しようという考えにもとづいています。

患者さんへの診療行為は、主治医とその関連する医療従事者がチームで行います。緊急時には当直医などの他の医師や他の職種が行うことがあります。

血液検査・尿検査・単純レントゲン検査・超音波検査等の侵襲性(体への負担)が少ないと判断される検査・治療等に関しては口頭で説明します。手術、カテーテル検査治療などの侵襲性(体への負担)が多いと判断される検査・手術・治療に関しては、文書を用いて説明します。この場合、医師、患者さん、そしてその診療行為に関係する看護師等の当院職員が原則インフォームド・コンセントに立ち会います。

患者さんのご家族から、同意を得るに当たり、病状、治療の目的・方法、予測される治療効果とリスク、説明する治療を行わない場合の他の治療法、予後(治癒する確率)、予想される術後の経過、予想される合併症、治療を行わなかった場合の不利益、緊急時の処置等について説明を行なった上で、承諾・同意をいただきます。患者さんはご家族と十分検討された上で、承諾・同意をしてください。患者さんには最終的な自己決定権(医療を選び決定する権利)があり、予定される検査・手術・治療等を拒否した場合でも患者さんに不利益はありません。承諾・同意後に、気持ちが変わった場合には、すみやかに主治医あるいは看護師に申し出て下さい。他施設でのセカンド・オピニオンを希望される場合も医師あるいは看護師に遠慮なく申し出てください。
患者さんが未成年または意思表明が困難であると当方が判断した場合などは、患者さん側の親権者、親族または後見人の方の立会いをお願い致します。同意書には、医師、患者さんと立ち会われたご家族の方、さらに職員の立会いがあった場合はその職員の署名(自署は押印不要)を行ないます。

このように治療を受けられる患者さんに医療者側から十分な説明を受けた上で、治療に対して十分な同意を頂いてから医療提供を行うことを当院の信条としています。
何かご不明な点がございましたら、主治医あるいは看護師にお尋ねください。

患者の皆様へのお願い

私たちが最善の医療を提供するために患者の皆様へご協力をお願いします。

  1. ご自身の健康に関する情報をできるだけ正しく医療者に伝えて下さい。
  2. 病院の規則や医療者の指示を守って下さい。
  3. 医療人の育成にご協力をお願いします。

当院は、医療職を目指す学生及び研修生等の実習受け入れ施設となっております。実習にあたり、実習指導者の責任のもとに、患者の皆様の診療や療養の場に立ち合わせていただくことや、援助をさせていただくことがあります。その際は、患者の皆様の尊厳を尊重し、秘密を守ります。実習内容によっては同意書を取らせていただく場合もございます。これらのことをご理解いただき、医療を通し、広く社会に貢献できる人材の育成にご協力をお願いいたします。

患者さんから職員への暴言・暴力等に対する当院の対応について

当院は、職員の労働環境の安全確保及び医療サービスを適切に行う為、患者さんから職員へ向けた下記のような迷惑行為(身体的・精神的暴力等)に対し、診療をお断りすると共に所轄警察に届ける場合があります。また、職員の注意・忠告などが受入れられず改善されない場合には、「強制退院」又は「病院への立ち入り禁止」等の強制措置を講じる場合もあります。

  1. 大声、暴言又は脅迫的な言動(威嚇・誹謗・中傷など含む)により、職員や周りの患者さんに迷惑を及ぼした場合
  2. 職員や周りの患者さんに暴力行為やハラスメントがあった場合、若しくは、その恐れが強い場合
  3. 解決しがたい要求を繰り返し、病院業務を妨げた場合
  4. その他、職員や周りの患者さんに対する迷惑行為があった場合

職業倫理に関する方針

当院すべての職員が病院基本理念および基本方針に基づき、意欲と誇りをもってその使命を果たすことを目的として、職業倫理に関する方針を定める。

  1. 赤十字の使命、公共性を重んじ、医療を通じて社会の発展に貢献するとともに法規範を遵守する。
  2. 医療に携わることの誇りとその責任の重さを自覚し、常に品位を保ち、良識ある職業人として人格・教養を高め、資質の向上に努める。
  3. 患者の人権を尊重し、十分な説明と同意に基づく患者中心の医療を提供する。
  4. 医療の透明性を確保するため、必要な記録を適正に管理するとともに、職務上知り得た個人情報は厳格に取り扱う。
  5. 職種間の交流を促進し、互いに尊敬と理解のもとに協力関係を築き上げ、チーム医療による的確で最善の医療を提供する。

臨床における倫理に関する方針

当院の基本理念および基本方針に基づき、患者の権利を尊重し、質の高い医療を提供することを目的として、臨床における倫理に関する方針を定める。

  1. 関係法規、ガイドライン等を遵守し、診療を行う。
    (1)母体保護法を遵守する。
    (2)胎児診断、生殖補助医療に関わるガイドラインを遵守する。
    (3)臓器移植に関わる法規を遵守する。
  2. 生命の尊厳に関わる医療については、当院の「医療倫理委員会」において審議を行う。
    (1)安楽死、尊厳死、延命治療などの生命の尊厳に関わる問題
    (2)信仰、信条に関わる問題
    ・宗教上の理由などから輸血療法を拒否する患者には、当院「輸血療法拒否患者対応マニュアル」に従い、適切に診療する。
  3. 医学・医療の進歩や治療技術の開発に必要な臨床研究の実施においては、当院の「医療倫理委員会」において十分審議、検討を行う。

患者の皆様と医療者のパートナーシップについて

松山赤十字病院では、病院の基本理念、基本方針にそって、患者の皆様の権利を尊重した医療を行うよう努力しています。その中で「患者の皆様と医療者のパートナーシップ」を重要な事柄と位置づけています。

「インフォームドコンセント」「診療情報の開示」「セカンドオピニオン」などにより、患者の皆様が、ご自分の病気の治療に主体的に関わることができるように努めています。安全管理、個人情報の保護、様々な医の倫理の問題については、委員会、検討会などを行い、病院全体として組織的に取り組んでいます。
しかし、これらのことは医療者側だけの努力でできることではなく、患者の皆様との間で良好なパートナーシップを築くことが重要です。そのために「患者の皆様へのお願い」を提示しました。具体的には、安全確保のためにアレルギー歴など、ご自身の健康に関する情報を医療者にお伝え下さい。また病院のいろいろな場所で名前を名のっていただいたり、必要な場合はリストバンドを付けていただくことがあります。

解らない事がありましたら納得ができるまで質問して下さい。お困りの点、お気づきの点がありましたら医療相談窓口へお越し下さい。
患者意見箱へ投書していただいたり、直接、職員へお話していただいても結構です。

患者の皆様と医療者が協力して、よりよいパートナーシップを作り上げていきたいと考えています。