文字サイズ
Tel : 089-924-1111

かかりつけ医をもちましょう

当院は地域の医療機関と役割分担、協力、連携(「病診・病病連携」)して、地域全体で患者さんの健康の維持・増進と医療の質の向上に取り組んでおります。

かかりつけ医とは

かかりつけ医とは

『かかりつけ医』とは、患者さんの身近にいて、日頃から健康相談を行ったり、病気になったときには最初の診断治療を行う医師のことです。
さらに、詳しい検査や高度な治療が必要と判断されたら、適切な専門医に必要な情報を添えて紹介することも行います。持病のある方はもちろん、元気な方でも、ご自身あるいはご家族の健康についての相談相手として、『かかりつけ医』を持つことをお勧めします。このように地域の医療機関同士が役割を分担し、互いに連携することを病診連携(病院と診療所)あるいは病病連携(病院と病院)と言います。

当院は、松山二次医療圏で検査や救急入院、手術といった急性期治療を担当しております。受診に際しては、かかりつけ医からの紹介状をお持ちいただくようお願いいたします。

かかりつけ医をお持ちいただき紹介状を持って受診いただきますようお願いいいたします。

当院は、地域医療支援病院として、地域の医療機関より紹介された患者さんの診療を行っております。

日常診療は、かかりつけ医を受診していただき、専門的な検査・治療が必要と判断された場合に当院へ紹介いただく仕組みとなっており、当院の検査・治療が終わり、病状が落ち着かれたら、かかりつけ医で再び治療を続けて頂くこととなります。

従って、受診を希望される場合は、まずはかかりつけ医やお近くの病院を受診いただき、先生からのご紹介(紹介状の作成や予約)により、当院を受診いただきますようお願いいたします。