文字サイズ
Tel : 089-924-1111

かかりつけ医をもちましょう

当院は地域の医療機関と役割分担、協力、連携(「病診・病病連携」)して、地域全体で患者さんの健康の維持・増進と医療の質の向上に取り組んでおります。

かかりつけ医とは

かかりつけ医とは

『かかりつけ医』とは、患者さんの身近にいて、日頃から健康相談を行ったり、病気になったときには最初の診断治療を行う医師のことです。
さらに、詳しい検査や高度な治療が必要と判断されたら、適切な専門医に必要な情報を添えて紹介することも行います。持病のある方はもちろん、元気な方でも、ご自身あるいはご家族の健康についての相談相手として、『かかりつけ医』を持つことをお勧めします。このように地域の医療機関同士が役割を分担し、互いに連携することを病診連携(病院と診療所)あるいは病病連携(病院と病院)と言います。

当院は、松山二次医療圏で検査や救急入院、手術といった急性期治療を担当しております。受診に際しては、かかりつけ医からの紹介状をお持ちいただくようお願いいたします。

かかりつけ医をお持ちいただき紹介状を持って受診するようお勧めします。

現在、我が国は医療政策として、病院と診療所(開業医)の医療の役割分担(病診連携)を進めております。
その役割とは、普通の健康管理や病気の発病初期の医療(プライマリ・ケア)などは診療所で、より専門的な検査や入院治療を必要とする重症の病気は、当院のような専門病院で実施するということです。

当院は、こうした国の医療制度に則り、地域医療の充実に貢献する方針で、地域の診療所と緊密に連携し、役割に応じた質の高い安全な医療をご提供したいと考えています。
この場合、診療所と当院を結ぶのが、診療所の先生(かかりつけ医)がお書き下さる「紹介状」です。この「紹介状」によって患者さんはよりスムーズに当院での検査や入院治療を受けて頂くことができます。
そして、患者さんは当院での検査や必要な急性期の治療が終わり症状が落ち着かれたら、かかりつけ医のところで再び治療を続けて頂くことになります。万一、病状に変化が生じたときには、必ずかかりつけ医にご相談ください。当院としては、かかりつけ医からのご連絡により、状況に応じて適切な対応をとらせて頂きますのでご安心下さい。
なお、かかりつけ医をお持ちでない患者さんには、ご希望があれば、当院と医療連携をされているご自宅に近い診療所、または病院をご紹介いたしますので、ご遠慮なくお申し出下さい。

 

かかりつけ医