事務職員

病院運営には多様な職種のチーム力が必要です。求められる知識もスキルもさまざま。活躍の場は誰にもある、といえます。

事務部
職員メッセージ
職員メッセージ
メッセージ

総合職で入職した事務職員は、本サイト内でも紹介している部署を幅広く経験しながら、後に県内の日赤支部や血液センターに異動(人事交流)する場合もあり、医療事業だけではなく赤十字が使命とする様々な事業に携わる機会が得られます。
また、社会福祉士、医療情報技師、診療情報管理士といった専門職として入職した事務職員は、各分野で専門の知識を広く発揮しながら、それぞれにスペシャリストを目指しています。

吉丸さん

私の部署では、外来窓口での受付や診療報酬請求事務などの外来業務を担当しています。

患者様と1番最初に接する立場として、医療事務に関する知識はもちろん、患者様に対する思いやりの精神を必要とする現場であると日々感じています。また、1人の患者様に対して、医師を始めとした様々な職種が関わっているため、他職種とのコミュニケーションを大切にしながら業務に取り組んでいます。松山赤十字病院の職員として、みなさんと一緒に仕事をするのを楽しみにしています。

総合職 管財課 下川 紀亮(令和3年入社)

私が所属している管財課では、院内で使用する物品の管理、調達をしています。各部署から要望があった物品を現場に供給したり、壊れた物品の修理を手配したりしています。注射器やガーゼといった消耗品から高額な医療機器など様々な物品を取り扱っています。

患者さんに直接関わることはありませんが、より良い医療を提供する一助となれるよう日々業務に取り組んでいます。

診療情報管理士 医療情報管理課 兒玉 美優(令和3年入社)

私は、主な業務としてコーディングと製本を行っています。コーディングはカルテ等を確認してWHOの 定めるルールに従い、疾病や手術・処置等をコード化する作業です。製本は退院された患者様の必要 な書類をスキャンし、1入院1カルテとし1冊にまとめる作業です。また、データ抽出やカルテの貸出等 も行っています。

就職後もしっかりと目標を持ち続けることで、がん登録初級の試験に合格することができ、また一つ 診療情報管理士の知識を活かす業務に関わることができるようになりました。今後も経験と知識を 増やしていき、スキルアップしていきたいです。

高橋さん

社会福祉士 地域医療連携課 髙橋 悠登(平成29年入社)

私は入院されている認知症の患者さんを医師や看護師、臨床心理士など多様な職種の視点から支援する事を目的としたDST(認知症ケアサポートチーム)に社会福祉士として参加しています。そのチームで私は主に退院後の生活や介護保険に関する相談等を担当するのですが患者さんの数だけ答えがあるように感じます。その難しさを楽しみながら日々の業務に取り組んでいけたらと思っています。

医療情報技師(SE)医療情報管理課 宮田 和典(平成26年入社)

私の部署では医療情報システムやネットワークの保守、管理を行っています。

パソコンの故障やシステムの不具合等、様々な問い合わせがありますが、問題を1つずつ解決することで職員が円滑に業務を行えるよう支援しています。医療行為に直接関わる業務ではありませんが、縁の下の力持ちのような存在になれるよう日々励んでいます。

宮田さん

診療情報管理士 医事第二課 松村 脩平(平成31年入社)

私の部署では、入院費の計算と保険請求業務を主に行っております。

当院はDPC対象病院であるため、診断群分類に基づく1日当たり包括支払い制度(DPC/PDPS)方式により計算を行っております。入院費の計算はDPCだけではなく、診療報酬や医学知識など専門的な知識が必要不可欠です。診療情報管理士の資格を活かし、様々な症例を経験することができます。入職2年目ですが、より一層DPCや診療報酬について知識を深めていきたいと考えています。皆さんも一緒に松山赤十字病院で働いてみませんか。

松村さん

NEW FACE

総務課 岡部 千瀬

人の役に立っていると実感できる仕事に就きたかったため、松山赤十字病院で事務として勤務できることをとてもうれしく思います。少しでも早く患者さんや病院に貢献できるように、先輩方に教えていただいたことをしっかり身につけ、できることを一つ一つ増やしていきます。今は分からないことばかりですが、必要とされる人材になれるように日々の業務に取り組みます。よろしくお願いいたします。(総合職)

医事第一課 田中 日菜

私は、幼い頃から病院に勤めることが夢でした。この度松山赤十字病院に採用していただけたことに大きな喜びを感じています。今まで医療的な勉強をしてこなかったためこれから大変なことも多いと思いますが、より大きく成長するためにも必死に食らいついていきます。また医事第一課ということで患者さんと接する機会が多いため、笑顔を忘れず、気持ちのよい対応ができるよう心がけていきます。(総合職)

医事第一課 鶴﨑 公規子

私は、医事第一課に所属し、初診受付を担当します。医療事務の幅広い業務において、受付は患者さんと直接関わりをもつため、充実したコミュニケーションや仕事の正確性が重要になります。なかでも、初診受付は病院に訪れる患者さんの最初の窓口となるため、安心と信頼を抱いていただけるよう、責任感をもち業務に努めたいと思います。

当院の一員として、積極的に学び、より良い医療事務が行えるように日々励んでいきますので、これからよろしくお願いいたします。(総合職)

管財課 西岡 丈瑠

私が所属する管財課では、病院が円滑に運営されるよう施設管理や物品管理を行っています。その中でも主に担当する営繕、用度に関しては初めて聞く専門用語が多々出てきます。素早く正確な対応が出来るよう、なるべく多くの施設や物品に関しての知識を身につけていきます。

病院の運営に貢献することが、患者さんや地域の方々のためになると考えています。そのためにまずは自分にできることから全力で取り組んで参りますので、よろしくお願いいたします。(総合職)

会計課 室地 小雪

私は自分の仕事に責任を持ち、周囲の方から信頼される職員になれるように日々精進していきたいです。分からないことばかりですが、先輩方のご指導のもと感謝の気持ちを忘れずに一人前の社会人になれるように仕事に取り組みます。

また一日でも早く新しい環境に慣れて仕事を覚え、松山赤十字病院の一員として地域の皆様に貢献できるように頑張ります。これからよろしくお願いいたします。(総合職

地域医療連携課 重川 美樹

病気になると病気そのものの不安の他に、生活や将来の面でも様々な不安や問題が起こります。

医療だけでは解決の難しい問題や誰に相談してよいかわからない悩みについて患者さんに寄り添い一緒に考え、先輩方、多職種の方と連携しながら患者さんとご家族が安心して地域で生活できるように支援して参ります。

まずは、必要な知識と技術の習得に向けて努力して参りますので、ご指導のほどよろしくお願いいたします。(社会福祉士)

経営企画管理課 武田 愛梨

私は常に相手の立場に立ち、思いやりをもって接することのできる事務職員になりたいです。あまり患者さんと接することはありませんが、病院を陰ながら支えられる存在になれるよう周りの先輩方から多くのことを吸収していきたいと思います。また、ひとつひとつの業務に責任感をもって遂行していきたいと思います。

まだわからないことばかりですが、一人前の事務職員になれるよう日々励んでいきたいです。

これからよろしくお願いします。(診療情報管理士)

医療情報管理課 吉田 雄貴

私は以前、システム会社にて自社開発システムである、診療情報管理システム・がん登録システムの開発・導入・保守業務を行って参りました。その中で培ったシステムの知識や技術を活用し、「名脇役」を目指します。

病院に勤めることは初めてです。諸先輩方にご指導いただきながら、みなさんが困ったときに頼りにされる「名脇役」になれるよう、日々精進していきます。(医療情報技師)

 医事第二課 松浦 光希

最初はわからないことだらけで緊張すると思いますが、わからないままで終わらせず、積極的にコミュニケーションを取って理解していきたいです。また、先輩方のご指導の下、一日でも早く立派な診療情報管理士になれるよう一日一日を大切にし、これから先、担当させていただく患者さんやご家族に信頼、安心していただけるよう業務に真摯に向き合っていきたいです。

これからよろしくお願いいたします。(診療情報管理士)