文字サイズ
Tel : 089-924-1111

救急部

Emergency Department

入院・手術を要する方々への救急医療を、輪番制の当番日に行っています。

松山赤十字病院 救急部

救急部について

このページの内容

部長あいさつ

松山赤十字病院
救急部 部長
森實 岳史

2019年4月に着任しました。二次救急輪番日での外来と入院の部門を担当し、いずれも研修医の手を借り、院内の各科の応援を得ながら診療を行っています。

これまで以上に地域の医療機関の先生方との連携を大切にし、松山圏域の救急体制を守りたいと考えています。よろしくお願いいたします。

について

救急医療を円滑に行うため、2000年10月に救急部を新設しました。2018年度の救急患者数は14,474名で、そのうち救急搬送数は5,067名でした。スタッフは2019年度から1名が専従医として着任し2020年度からは2名に増員して対応しています。

診療実績(2021年1月~12月)

新入院患者数(救急部医師が主治医の入院) 340人
年間入院患者延数(救急部医師が主治医の入院) 2,670人
救急搬送数 4,979件
輪番日 46日(平日31日、休日15日)
入院患者のうち、輪番日の入院 97%
救急車での来院 92%
入院中、院内の他科に転科 4%
退院時、他院に転院 25%
疾病内訳

肺炎などの呼吸器疾患(26%)、うち約3/5(16%)が誤嚥性肺炎
尿路感染症など尿路疾患:8%

 

学術関係

(1)論文

氏名(筆頭者) 題名 掲載雑誌名
     
     

(2)学会発表

氏名(発表者) 演題 学会名 発表月日
       
       
       
       
       

(1)講演

氏名(発表者) 題名 講演名(開催地) 発表月日
上田 晃三 令和2年7月豪雨に係る熊本県内でのDMATロジスティックチーム活動 松山圏域災害医療対策会議(松山) 2021.2.25
森實 岳史 「避難退域時検査」
「原子力災害時の簡易除染」
令和3年度愛媛県原子力災害医療基礎研修(松山) 2021.10.6
森實 岳史 被ばく傷病者搬送
「原子力災害時における搬送事例」
「汚染を伴った傷病者の搬送」
令和3年度鹿児島県災害時医療研修(出水) 2021.10.27