文字サイズ
Tel : 089-924-1111

脳神経内科
(脳卒中・脳神経センター)

Department of Neurology

脳卒中などの脳血管疾患や神経筋疾患、神経難病などを対象とする専門診療科です。

松山赤十字病院 脳神経内科

脳神経内科について

このページの内容

部長あいさつ

松山赤十字病院脳神経内科は1983年に「神経内科」として開設されました。当時は愛媛大学や他の市中病院にも「神経内科」はなく愛媛県で最初にできた「神経内科」です。脳、脊髄、末梢神経、そして骨格筋の疾患に対しての内科的な診療を専門とします。

しかし精神科や心療内科と混同されることが多く、本来当科を受診すべき患者さんがどこに行っていいかわからないため診断がつかない、治療開始が遅れるといった事態がいまだに少なくありません。そのような患者さんの不利益を減らすため日本神経学会が「神経内科」の名称を「脳神経内科」に変更することを提唱し、当科も2019年10月から「脳神経内科」に名称を変更いたしました。

このような経緯で診療科名は変更しておりますが、診療内容にはいささかの変わりもありません。脳卒中、パーキンソン病や認知症、また頭痛、てんかんといったいわゆるcommon diseaseから神経難病にいたる幅広い疾患を扱っております。

高齢化の影響で患者さんは増加の一途を辿っており、「脳神経内科」の果たす役割は今後もますます増大していくものと思われます。我々も専門性を生かしつつ、この超高齢社会に寄与する所存です。

どうぞ宜しくお願い申し上げます。

松山赤十字病院
脳神経内科 部長
池添 浩二

脳神経内科について

私どもは常に患者さんの病気をできるだけ迅速に診断し、治療方針を決定するよう努力いたしております。
当院の脳神経内科は中枢神経系(脳・脊髄)をはじめ末梢神経系、骨格筋系などの器質的あるいは機能的疾患を対象とする内科系の専門診療科であります。外来は脳神経センター(脳神経内科・脳神経外科)として診療しており、患者さんにとって最もよい治療を選択・決定できるよう配慮されています。

外来診療担当医表

最終更新日時:2021年4月1日 23時06分
 
午前池添池添池添池添池添
藤下藤下
午後もの忘れ外来もの忘れ外来
※もの忘れ外来:完全予約制(1日最大1名)、紹介状をお持ちの患者さんのみ診察いたします。(救急日を除く)
※木曜日は1診のため、なるべく紹介はお控えください。

学会等の研修・認定施設

  • 日本神経学会准教育施設
  • 日本脳卒中学会研修教育施設
  • 日本認知症学会専門医教育施設

診療実績(2019年1月~12月)

(1)外来

 
新患者数 1,431人
もの忘れ外来 初診 66人

(2)疾患別入院

 
入院患者数 441人
脳卒中(脳血管障害) 199例
てんかん・痙攣性疾患 25例
内科疾患関連神経障害 35例
脱髄性疾患 7例
錐体外路性疾患 38例
脳炎・髄膜炎 17例
末梢神経障害 38例
脊髄小脳変性症 11例
重症筋無力症 19例
脊髄疾患 17例
運動ニューロン疾患 5例
筋疾患 10例
その他 20例

(3)検査件数

 
1.頭部CT 1,673例
2.頭部MRI 690例
脊椎MRI 203例
頸動脈・頭蓋内動脈MRA 690例
3.末梢神経電気生理検査(NCV・EMG等) 342例
4.中枢神経電気生理検査(EEG,SEP,VEP,ABRなど) 80例

(4)特殊治療(処置実績)

 
1.超急性期脳梗塞に対するt-PA血栓溶解療法の施行実績(2019年度) 急性期脳梗塞入院患者170例中の14例(8.2%)に施行した。
2.ボツリヌストキシン(ボトックス®)療法の施行実績
片側顔面痙攣 96例
両側眼瞼痙攣(Meige症候群) 16例
痙性斜頸 9例

(5)特定疾患治療研究医療受給者数(2019年度)

総数 202例
パーキンソン病関連疾患 81例
(うちパーキンソン病) 70例
重症筋無力症 57例
多発性硬化症 20例
視神経脊髄炎 3例
脊髄小脳変性症 20例
CIDP 3例
多巣性運動ニューロパチー 1例
多系統萎縮症 3例
球脊髄性筋萎縮症 3例
筋萎縮性側索硬化症 1例
筋ジストロフィー 2例
副腎白質ジストロフィー 1例
多発性筋炎 6例
顕微鏡的多発血管炎 0例
プリオン病 0例
遠位型ミオパチー 1例

学術関係