文字サイズ
Tel : 089-924-1111

総合内科

Department of Internal Medicine

内科系全般から血液、糖尿病・内分泌、血管疾患まで、幅広く対応しています。

総合内科

主な疾患・治療法

このページの内容をみる

総合内科 担当:横田・岡田・上田・藤﨑

総合内科は内科系急性・救急疾患の初期診療(プライマリ・ケア)にあたるとともに、どの科に受診するのが良いのかはっきりわからない場合の相談窓口となります。

1.外来診療

内科系全般の初期診療を行います。原則としてまず、お近くの「かかりつけ医」を受診していただき、紹介状をお持ちの上、ご利用ください。病状に応じて適切な専門科へ紹介することもあります。岡田は感染症学会専門医であり、インフルエンザ、日本紅斑熱、ツツガムシ病やHIVなどの各種感染症診療も総合内科で行っています。

2.入院診療

救急部と連携し内科系の急性・救急疾患の入院治療にあたります。インフルエンザ肺炎など、重症病態に対しては集中治療室(ICU)で人工心肺(ECMO)を用いた治療も行っています。病状が回復あるいは安定した後は、地域医療連携の考え方に基づき、必要に応じ転院あるいは在宅医療へ移行して頂きます。「かかりつけ医」をお持ちでない場合は、その紹介も承ります。継ぎ目のない医療に心がけていますので、将来にわたり安心できる医療体制を維持するため、医療資源の有効活用にご理解・ご協力をお願い申し上げます。