文字サイズ
Tel : 089-924-1111

消化管内科
(胃腸センター)

Division of Gastroenterology

消化管領域の専門科として、初期診療から高度専門治療まで最先端の医療を実践しています。

地域の先生がたへ

当科は計8名の常勤医師が所属し、消化管内科(胃腸センター)領域の診療を担当しています。内視鏡検査・処置件数は年間約12,000件と西日本有数です。

消化管癌の早期診断・内視鏡的切除と胃酸関連疾患(消化性潰瘍やピロリ菌感染症など)の診療、および炎症性腸疾患(クローン病や潰瘍性大腸炎など)の診療を3本柱とし、各分野において全国レベルの最先端の医療を実践するよう努めています。また、消化管出血、イレウスや急性腹症などの救急診療に加え、小腸・大腸ともにカプセル内視鏡検査を行えるなど、初期診療から高度な専門的検査・治療まで消化管疾患に関するあらゆるニーズに積極的に応えられる体制づくりを心掛けています。

単純な検査依頼も歓迎しますし、診断困難例や難治例などお困りの症例がございましたら是非ご紹介ください。