地域がん診療連携拠点病院

このページの内容

地域がん診療連携拠点病院に指定されました。

がん診療連携拠点病院指定書

松山赤十字病院は、平成19年1月31日付をもって、「地域がん診療連携拠点病院」に指定されました。

がん診療連携拠点病院制度は、地域におけるがん診療連携を推進し、地域住民が質の高いがん医療をうけることができることを目的として創設された制度です。

当院は、地域がん診療連携拠点病院として、がん診療機能を更に充実させて質の高いがん医療を提供してまいります。

地域がん診療連携拠点病院の指定要件

診療機能 集学的治療(手術、放射線治療、化学療法を効果的に組み合わせた治療)の提供
手術療法、放射線治療、化学療法、緩和ケアの提供体制
診療ガイドラインに準ずる標準的治療等がん患者の状態に応じた適切な治療の提供
地域医療機関との協力体制
セカンドオピニオンの提示体制
医療従事者 がんの専門医の配置(放射線療法、化学療法、緩和ケア、病理診断)
専門的な医療従事者の配置(放射線技師、薬剤師、看護師等)
院長による評価(医師の専門性や活動実績等の定期的な評価)
医療施設 専門的な治療を提供するための環境整備
たばこ対策への積極的な取り組み
診療実績(院内がん登録数500件以上・悪性腫瘍手術件数400件以上・がんに係る化学療法のべ患者数1,000人以上・放射線治療のべ患者数200人以上) (年間)
研修の実施体制 がん医療に携わる医師を対象とした緩和ケアに関する研修の定期的な実施
早期診断及び緩和ケア等に関する研修の実施
地域の医療機関の医療従事者も参加する合同カンファレンスの定期的な実施
看護師を対象としたがん看護に関する研修の定期的な実施
情報の収集提供体制 相談支援センターの設置(専任者を置いて患者や家族等の相談に対応)
院内がん登録の実施
集学的治療等および標準的治療、臨床研究等の概要・成果、治験についての広報
拠点病院間の情報共有と相互評価、地域への広報

当院は、上記の地域がん診療連携拠点病院の役割を担い、地域住民のみなさまに質の高い医療を提供するよう努力してまいります。