キャンサーボード

このページの内容

なぜキャンサーボードが必要なのか・・・

がんの治療では、外科的治療・内科的治療・放射線治療など複数の治療法を組み合わせて行う集学的治療が求められます。
キャンサーボードとは、それらの各分野の専門性を尊重しながら、1人の患者さんについて最も適した治療方針を検討するための、診療科の垣根を越えたカンファレンスです。

松山赤十字病院のキャンサーボード

キャンサーボード写真

当院には、各分野のキャンサーボードに加え、原発不明がんや重複がんといった多診療科にわたる検討が必要とされる困難症例を取り上げる『拡大キャンサーボード』があります。キャンサーボードでは、集学的治療のほか、緩和治療、療養生活支援、心理・社会的支援における患者さんの選択肢について討議を行い、医師のみならず、看護師や薬剤師といったメディカルスタッフによる緊密な情報共有が行われています。日々のチーム医療において積極的に活用し、スタッフのレベル向上にも繋がっています。

キャンサーボード説明図
松山赤十字病院 Cancer Board
分 野 担当科 分 野 担当科
緩和ケア 心療内科・精神科 消化器 外科
化学療法 臨床腫瘍科 呼吸器内科 呼吸器内科
造血器 血液内科 肝・胆・膵 外科
婦人科 産婦人科 泌尿器 泌尿器科
乳腺 乳腺外科 呼吸器外科 呼吸器外科
拡大キャンサーボード 臨床腫瘍科