採用情報
初期臨床研修医

救急医療・急性期医療・一般医療の3領域を、
確実に学べるのが何よりの魅力。
自分の進路を多様な経験の中で確認できます。

リウマチ科(リウマチ膠原病センター)

1.診療科紹介

 リウマチ膠原病センターでは、関節リウマチやそれ以外の膠原病(全身性エリテマトーデス、強皮症、皮膚筋炎、血管炎症候群など)の診断・治療を行っています。膠原病内科医とリウマチ整形外科医が協力して診療を行うことで、全身性疾患であるリウマチ・膠原病の患者さんに対して全人的にアプローチしています。
 全身の各臓器にわたる合併症に対して免疫学的な思考で解釈を加え、理論的に治療戦略を立てていくことを学びます。また、四肢関節機能障害に対する手術的治療の適応・実際を学びます。

2.指導スタッフ

指導責任者 水木伸一
指導医 押領司健介、三嶋耕司

3.一般目標(GIO)

リウマチ性疾患・膠原病の診断、治療に必要な基本的知識、技能を習得する。さらに免疫学的な思考により考察を深める。

4.行動目標(SBO)

  1. リウマチ性疾患・膠原病診療を通して患者さん全体を診る姿勢を身につける
  2. リウマチ徴候から鑑別疾患をリストアップできる
  3. 全身所見、関節所見をとることができる
  4. 関節レントゲン、MRI、超音波検査の読影を行える
  5. 指導医のもとで関節穿刺が出来る
  6. リウマチ性疾患・膠原病の診断に必要な検査を理解し、適切な診断計画を立案できる
  7. リウマチ性疾患・膠原病のみならず発熱性疾患・日和見感染症の診断に必要な検査計画を立案できる
  8. ステロイド剤、免疫抑制剤、生物学的製剤の基本的な使用方法と合併症の予防対策を説明できる
  9. リウマチ性疾患に対する手術的治療の適応、限界を説明できる
  10. 関節外科における整形外科手術の基本手技を学ぶ
  11. 関節外科の周術期管理を行うことができる
  12. 専門医への適切なコンサルテーションができる
  13. メディカルスタッフと協力してチーム医療を実践できる
  14. 患者背景を評価し、心理的、経済的、社会的側面への配慮ができる

5.方略(LS)

  1. 入院患者の担当医として、指導医とともに診療(問診、診察、検査結果の解釈、鑑別診断、診療計画立案、治療)にあたる
  2. 外来に、担当医とともに参加する
  3. 回診やカンファレンスに参加し、発表、討論を行う
  4. 抄読会や勉強会に参加し、最新情報を得る
  5. 学会や研究会に積極的に参加し、症例報告や研究発表を行う

6.評価

入院担当医としての診療:退院サマリーでのチェック
診療態度、関連手技、カンファレンスでの症例提示:口頭でのフィードバック
ローテート終了時には研修医・指導医の相互評価