日本赤十字社 松山赤十字病院

  • 文字サイズ

松山赤十字病院携帯サイト

松山赤十字病院携帯サイト

  • アクセス
  • 外来診療のご案内
  • 救急のご案内
  • お見舞いのご案内

患者の皆さまへ

当院を受診しようと思ったら

当院は地域の医療機関と役割分担、協力、連携(「病診・病病連携」)して、地域全体で患者さんの健康の維持・増進と医療の質の向上に取り組んでおります。
当院は、松山二次医療圏で検査や救急入院、手術といった急性期治療を担当しております。受診に際しては、かかりつけ医からの紹介状をお持ちいただくようお願いいたします。

 

かかりつけ医を持ちましょう

『かかりつけ医』とは、患者さんの身近にいて、日頃から健康相談を行ったり、病気になったときには最初の診断治療を行う医師のことです。
さらに、詳しい検査や高度な治療が必要と判断されたら、適切な専門医に必要な情報を添えて紹介することも行います。持病のある方はもちろん、元気な方でも、ご自身あるいはご家族の健康についての相談相手として、『かかりつけ医』を持つことをお勧めします。このように地域の医療機関同士が役割を分担し、互いに連携することを病診連携(病院と診療所)あるいは病病連携(病院と病院)と言います。

▲このページのトップへ

セカンドオピニオンについて

最近の医療の進歩には目を見張るものがありますが、一方では、その情報の複雑さや量の多さなどのために、患者さんご自身やご家族の病気のこと、特に治療について、充分にご理解、ご納得され得ないこともあると思います。
セカンドオピニオンとは、それを補う目的で、「現在診療されている主治医以外の他施設の医師から治療についての参考意見を聞いてみる」ことを言います。つきましては、平成17年1月4日から、当院でも当院以外の医療機関を受診されている患者さんを対象に、診断内容や治療法に関して専門的な意見をご提供します。その意見をもとに患者さんがご自身の治療に際しての参考にしていただくことが目的です。
実施にかかる概要と手順は次の通りです。

(1)診療情報提供書・セカンドオピニオン申込書を地域医療連携室までFAXでお送りください。
(セカンドオピニオン申込書は当院ホームページから取得いただくか、地域医療連携室までご連絡ください。)

(2)日程調整のうえ、地域医療連携室からセカンドオピニオン予約票をFAXで返信いたします。

詳細については、地域医療連携室までお問い合わせください。

▲このページのトップへ

受診時の流れ・順路

対象となる方…

患者さん本人および家族です。ただし、ご家族のみでお受けになる際は、原則として患者さん本人の同意が必要となります。

相談に必要な資料…

ご予約のうえ、来院時に次のものをご用意ください。
1)セカンドオピニオン申込書
2)かかりつけ医からの診療情報提供書
3)レントゲン、CT、MRIの画像や検査データなどの資料
4)同意書(ご家族のみの場合)

担当診療科と担当医…

相談は全診療科を対象としてお受けします。
診療情報提供書に担当医の指定がない場合は、申込書の内容に基づき、最も適した担当診療科・医師を当院で決めさせていただきます。

相談日時…

担当医と調整のうえ、ご連絡します。

相談内容…

診断・治療に関するご相談に限ります。(クレームや訴訟関係のご相談、診療費の内容や医療給付などのご相談はお受けできません。※検査や治療行為は行いません。)
所要時間は30分以内とさせていただきます。

相談にかかる費用…

自費扱い 5,500円(消費税込)です。

紹介医への報告…

当院担当医の意見を、かかりつけ医に後日報告いたします。

申込受付窓口…

愛媛県松山市文京町1番地
松山赤十字病院 地域医療連携室
受付時間/土日祝祭日を除く平日 8:30~17:10
TEL:089-926-9527  FAX:089-926-9547

セカンドオピニオン フローチャートはこちらをご覧ください。


セカンドオピニオンの申込書のダウンロード

PDF形式
(PDF形式:A4サイズ)

セカンドオピニオンの同意書のダウンロード

PDF形式
(PDF形式:A4サイズ)

▲このページのトップへ

医療・療養・がんのご相談について

医療・療養相談のご案内はこちらをご覧ください。

がん診療連携拠点病院はこちらをご覧ください。

▲このページのトップへ

地域の医療機関一覧(当院の「登録医」)

当院では、地域のかかりつけ医と病院の担当医で連携して、地域全体で患者さんの治療を行うことを進めています。
以下から登録医療機関をお探しいただくことができます。

▲このページのトップへ