日本赤十字社 松山赤十字病院

研修プログラム

心臓血管外科(循環器センター)

 心臓血管外科では、当院循環器センターの成人心臓病を対象とする循環器内科と密に連携し、これらの心臓病の外科治療(手術)にあたっています。手術の対象となる病気は、狭心症や心筋梗塞といった虚血性心臓病、弁の異常である心臓弁膜症、大動脈疾患などです。他に徐脈性不整脈に対するペースメーカー植込み術も行っています。

指導責任者 梅末正芳
指導医 神尾明君

循環器疾患についての広い知識を身につけるとともに、心臓外科の基本手術術式を正しく理解する。

(1)手術患者の術前評価(身体所見を取り、検査結果を正しく把握する)、および術後管理を上級医師とともに行う。
(2)基本的開心術の術式が説明出来る。
(3)術後管理を指導医と行い、各種処置を確実・安全に行う。
(4)上級医師の指導の下ペースメーカー交換手術を行う。

(1)術前カンファレンスにおける症例提示を行う。
(2)術後管理を上級医師とともに行う。
(3)各種手技(A-line確保、CVP-Line挿入、胸腔ドレーン挿入等)を指導医の監督の下に行う。
(4)開心術においては胸骨正中切開を行い、第2助手を務める。
(5)新規ペースメーカー挿入手術の第1助手を行い、ペースメーカー交換手術は指導医の下に術者として行う。

上級医師および指導医により、各方略につき毎日フィードバックを受ける。