日本赤十字社 松山赤十字病院

研修プログラム

呼吸器内科(呼吸器センター)

 高齢化社会を迎え、ますます呼吸器内科医のニーズは高まっている。当科は昭和63年に呼吸器センターを設立して以来、呼吸器内科・呼吸器外科・放射線科・病理診断科による集学的診療体制で実地臨床に励んでいる。
 肺癌や間質性肺炎など専門性の高い疾患および呼吸管理はもちろんのことCommon diseaseとしての呼吸器疾患(肺炎や胸膜炎など呼吸器感染症、気管支喘息、COPD等)についても豊富な症例を経験できる。診断については超音波気管支鏡や呼気一酸化窒素測定など最新機器の習得も可能。一般内科と共診する機会も多く、各科のエキスパートとともに内科学全般を十分に学ぶことができる。救急医療体制も充実しており、呼吸器疾患の救急初期対応から専門性の高い処置(胸腔ドレナージ、挿管など)まで経験することができる。
 また当科は地域医療を牽引する基幹病院としての役割を果たしており、近隣の医療施設や開業医との定期勉強会に参加するなど地域連携の重要性を体験できる。
 なお現在当科は日本呼吸器学会・日本呼吸器内視鏡学会より施設認定されている。

指導責任者 兼松貴則(呼吸器専門医・指導医)
指導医
牧野英記(呼吸器専門医・気管支鏡専門医・ICD)、梶原浩太郎(呼吸器専門医)
指導協力医 横山秀樹、吉田月久、藤下卓才(以上3名は呼吸器外科)

医療人・社会人としてのあるべき姿勢・態度を身に付ける。プライマリケアを提供するための基本的臨床能力(問診・診察・検査・処置・治療)を習得する。さらに呼吸器内科分野の診療を独力で行い得る専門性の高い知識・技術を習得する。

礼儀正しい態度・挨拶、時間通り・予定通りの行動、メディカルスタッフとの協調性、円滑でタイムリーな指示出し・指示受け、分かりやすいプレゼンテーション、医の倫理性・社会性・保険診療・医療安全の観点まで思案を巡らせることができる。

A.特に呼吸器科で必要な身体診察

(1)迅速にバイタルサインの把握・体系的診察ができ記載できる
(2)呼吸器特有の呼吸音を聴診し記載(表現)できる
(3)胸部の打診で胸郭内の異常の有無を判別できる

B.検査とその意義の把握

(1)胸部レントゲンの読影ができる
(2)胸部CTの読影ができる
(3)血液ガス検査の実技、検査値の解釈ができる
(4)呼吸機能検査の適応を理解し、検査値の解釈ができる
(5)喀痰検査、その他細菌学的検査のタイムリーな指示出し、結果の解釈ができる
(6)気管支ファイバー検査をオーダーし、検査補助ができる

C.手技・人工呼吸管理など

(1)人工呼吸管理(侵襲的・非侵襲的)について適応を判断し、設定できる
(2)ACLS(気道確保・気管内挿管・人工呼吸・心マッサージ・除細動など)の手技を理解できる
(3)胸腔穿刺、胸腔ドレーン留置の手技を理解し介助できる
(4)簡単な呼吸理学療法(スクィージングなど)を実施できる
(5)中心静脈ルート確保の手技を理解し介助ができる
(6)酸素投与の適応を理解し適切な投与量を設定し、デバイスを選択できる

D.経験すべき治療薬(病態とエビデンスに基づく投与量・投与経路の選択・副作用の理解・併用禁忌)

(1)副腎皮質ステロイド、免疫抑制剤を使用できる
(2)抗菌薬を使用できる
(3)気管支拡張薬、吸入ステロイド薬等ぜんそく治療薬を処方できる
(4)抗癌剤、分子標的治療薬、免疫チェックポイント阻害薬等を使用できる
(5)集中治療で使用する薬剤を使用できる
(6)緩和医療で使用する薬剤を使用できる
(7)補液、水分・カロリー・電解質管理ができる

E.医療記録

(1)診療録(退院時要約を含む)を正確に遅滞なく完成できる
(2)指示書(入院時指示・内服薬指示・異常時指示)・処方箋・診断書の発行
(3)紹介状(診療情報提供書)を礼を失することなく作成し、十分な情報を速やかに伝える
(4)CPCレポートを作成し病理医とディスカッションできる
(5)診療から得られる疑問点・問題点から症例を考察し学会・研究会で発表する

F.呼吸器内科で経験すべき病態・疾患

(1)肺炎の病型・重症度を分類できる、抗菌薬の適正使用、喀痰の評価ができる、ガフキー陽性例への対応ができる
(2)肺癌の病理診断・病期診断ができる、治療法を選択できる、副作用対策ができる
(3)気管支喘息の重症度を評価し長期管理薬を処方できる、発作時の対応を指導できる
(4)COPDの診断ができる、増悪時にABCアプローチができる、意識障害に対応できる
(5)間質性肺炎の鑑別診断をアルゴリズムに従い実施できる、急性増悪時の対応ができる
(6)喀血・胸痛・呼吸不全・ショック・敗血症などに迅速に対応できる

(1)研修医には一人につき一人ずつ指導医をあてがう(コミュニケーションスキル、報告・連絡・相談が重要)、ベッドサイド、検査データ・画像の所見をカルテに記載し指導医の確認を受ける。
(2)連日午前8時よりミーティングを行う、担当患者につき病歴・画像/データのプレゼンテーションを行い、当日の行動を把握し、重要な判断を呼吸器内科全体で検討する。
(3)月曜・木曜の夕方には診断・治療方針についてのカンファレンスを行い、時間をかけ検討すべき要件について話し合っている。
(4)毎週木曜に病棟で医師・看護師・薬剤師・PT/ST・栄養士・事務を含む多職種によるカンファレンスを行い、総合的な患者への対応・ケアを検討している。
(5)抄読会は毎週火曜、主に(担当患者の疾患・病状に関連した)原著論文を紹介する。
(6)総回診(木曜午前)
(7)その他週二回の気管支鏡症例検討会、月一度のCPRC(病理医・放射線科医・呼吸器外科医を交え画像と病理を多面的に検討)などを行っている。

指導医より行動目標・経験目標の各項目について評価が行われる。(常時)
ローテート終了時、自己評価および指導医評価を参考に総合評価が行われる。