日本赤十字社 松山赤十字病院

研修プログラム

形成外科

 形成外科は、身体全般にわたる体表面とこれに近い組織・器官の先天異常や、外傷、熱傷、腫瘍などの後天性疾患によって生じた欠損・変形を、形態的のみならず機能的にも修復再建することを目的とする外科学の一分野です。
 当院形成外科では、母斑・血管腫などを含めた皮膚の良性腫瘍、皮膚悪性腫瘍とその再建、唇裂・口蓋裂・小耳症・多合指症などの顔面・四肢の先天異常、褥瘡や難治性潰瘍、顔面外傷、瘢痕(傷あと)の修正などの治療を行っています。また、他科での悪性腫瘍切除後の組織欠損に対する再建では、マイクロサージャリーを用いた遊離組織移植を含め、筋皮弁、皮弁を用いた再建を行い、乳房再建術も患者様の希望により行っています。

指導責任者 庄野 佳孝

形成外科の基本的手技(皮膚縫合・創傷処置)の習得と形成外科で取り扱う主な疾患の基本的知識の習得。

(1)局所麻酔・指のブロック麻酔などを実施し、形成外科的な皮膚縫合を実施できる。
(2)基本的な創処置と軽度の外傷・熱傷・皮膚潰瘍の処置、褥瘡の評価と処置を実施できる。
(3)鶏眼・胼胝処置、ステロイド局注、凍結療法などの治療法を理解し実施できる。
(4)院内感染対策を理解し、創の処置時に標準予防策を行うことを習慣づける。
(5)形成外科で扱う主な疾患や手術手技についての最低限の知識を習得し列挙できる。
(6)必要な一般検査や画像検査・生理検査を選択し、解釈できる。

(1)入院・外来診療業務{OJT(On the Job Training):毎日}:各種処置や治療法等を学ぶ。
(2)手術:指導医と共に手術に入り、形成外科の基本的な手術手技を学ぶ。
(3)縫合手技トレーニング:外来で形成外科の基本的な縫合練習を行う。
(4)毎週水曜日の手術カンファレンスへの参加。

松山赤十字病院臨床研修プログラムの規定に準ずる。