日本赤十字社 松山赤十字病院

研修プログラム

循環器内科(循環器センター)

 循環器内科は当院循環器センターの内科部門で8名(循環器専門医5名)のスタッフで循環器疾患の診療にあたっています。24時間365日いつでもホットラインを通して循環器疾患救急患者を受け入れており、救急の初期対応から専門性の高い処置まで経験することができます。CCUもフル回転の状態です。日常診療ではエビデンスに基づく質の高い医療を心がけています。心不全、虚血性心疾患、不整脈の患者が中心ですが、その他すべての循環器疾患に対応可能です。虚血性心疾患に対する待期的および緊急PCI(経皮的冠動脈インターベンション)、不整脈に対するカテーテルアブレーション(高周波心筋焼灼術・冷凍凝固心筋焼灼術)、一時的ペースメーカー挿入、永久ペースメーカー植え込み、心臓再同期療法、植え込み型除細動器移植などのほか、心臓血管外科の協力を得て緊急手術も日常的に行われています。地域トップクラスの症例数を経験出来ます。

指導責任者 盛重邦雄
指導医 松坂英徳、堀本拡伸、中城総一、古川大祐

循環器疾患の的確な診断と初期治療ができるようになるために、基本的診察能力(態度、技能、知識)を習得する。

・行動目標

(1)患者さんの立場に立った医療面接ができるように研修する。
(2)循環器内科診療で基本となるチーム医療の重要性を理解し実践する。
(3)問題が生じたときに、速やかに対応できるようにトレーニングを行う。
(4)医療安全について理解する。
(5)効果的なプレゼンテーション技術を身につける。
(6)医の倫理・社会性について理解する。

・経験目標
A 経験すべき診察法・検査・手技

(1) 基本的な身体診察法
医療面接を行い、バイタルサインを確認し、全身観察を行い記載ができる。

(2) 基本的な臨床検査
血液・生化学検査の評価ができる。
動脈血ガス分析の評価ができる。
12誘導心電図の記録と基本的な判読ができる。
運動負荷心電図で虚血の評価ができる。
胸部レントゲン検査で心胸比の評価ができる。
心臓超音波検査でBモード像を描出し、壁運動の評価ができる。
胸腹部造影CT検査(心臓CT検査を含む)の読影結果を説明できる。
心臓核医学検査(RI検査)の読影結果を説明できる。
心臓カテーテル検査(冠動脈造影検査)所見と治療の選択肢を説明できる。

(3) 基本的な手技
緊急時のBLS/ACLSの実践
気道確保を実施できる
人工呼吸(バッグバルブマスクによる徒手換気を含む)を実施できる。
心マッサージを実施できる。
電気的除細動を実施できる。

(4) 基本的治療法
心疾患患者入院時に、安静度、食事、入浴、排泄などの療養指導ができる。
心疾患患者の薬物治療について理解し、指示と管理ができる。
心疾患患者の栄養、輸液管理ができる。
循環器専門医にコンサルトが必要な場合を判断できる。

(5) 医療記録
診療録を正確かつ遅滞なく完成できる。
処方箋、各種指示書を誤りなく作成できる。
紹介状および紹介状への返信を正確かつ遅滞なく作成できる。

B 経験すべき症状・病態・疾患

(1) 頻度の高い症状
胸痛、動悸、呼吸困難、失神

(2) 緊急を要する症状・病態
心肺停止、ショック、意識障害、急性心不全、急性冠症候群

(3) 経験が求められる疾患、病態

C 特定の医療現場の経験

(1) 救急医療:
心臓救急疾患(急性心不全、急性冠症候群など)の初期治療を研修する。
専門医への適切なコンサルテーションができる。

(2) 緩和、終末期医療において、心理、社会的側面への配慮ができる。

(1)心カテカンファレンス(月水金曜日、午前8時~8時30分、循環器内科医局)
心カテ、PCI症例をレジデントがプレゼンテーションし、治療方針を検討する。
(2)心臓電気生理カンファレンス(木曜日、午前7時45分~8時30分、循環器内科医局)
アブレーション症例をレジデントと術者がプレゼンテーションする。
(3)CCU カンファレンス・回診(毎日、午前8時30分~8時45分、CCU)
主治医が日々の経過をプレゼンテーションし、問題点を討議し、治療方針を検討する。
(4)新入院カンファレンス・回診(毎日、午前8時45分~、37病棟)
前日入院症例を主治医がプレゼンテーションする。
(5)循環器内科心臓外科合同カンファレンス(水曜日、午後4時30分、循環器内科医局)
外科的介入が必要な症例、術後症例について、問題点を討議し、治療方針を決定する。
(6)循環器内科病棟回診(木曜日、午後3時30分~、37病棟、CCU)
(7)循環器抄読会(火曜日、午前7時45分~8時30分、循環器内科医局)
(8)週末カンファレンス(金曜日、午後5時~、循環器内科医局)
(9)担当患者さんのカテーテル検査治療に助手として参加する。

上級医および指導医より、行動目標、経験目標(診察法・検査・手技・症状・病態・疾患)の各項目について、フィードバックを受ける。