日本赤十字社 松山赤十字病院

研修プログラム

腎臓内科(腎センター )

診療科紹介

 腎臓内科は水・電解質・酸塩基平衡異常、ネフローゼ症候群などの糸球体疾患、糖尿病や高血圧など生活習慣病を基礎疾患とした慢性腎臓病、末期腎不全に対する腎代替療法(腹膜透析、血液透析、腎移植)や透析者の合併症治療など、多岐に渡る病態に精通し内科的、外科的側面より包括的な診療を展開する必要があります。透析や慢性腎不全者は多臓器にわたる合併症を有することが多く、腎疾患を包括的に診療する事は全身を診る医療を意味し、そのために当科は急性期治療も得意としています。更にシャント手術、CAPDカテーテル留置術、シャントトラブルに対する血管内治療(PTA)、急性血液浄化やそのための透析用カテーテルや中心静脈カテーテル挿入など外科的手技も日常的に行っており、内科医でありながら必要な外科的手技を身近に数多く経験できます。体液管理も点滴メニューの作製の基本的考え方、実践方法など専門的アプローチを日々行っています。糸球体腎炎では腎生検翌日には腎病理組織を自分で診断するために病理組織学知識も学ぶことができます。

研修の理念

指導責任者 上村太朗
指導医 岡英明、相原成志、原田篤実

指導スタッフ

腎疾患、水電解質異常、透析患者に対応出来るように、多くの症例を通し検査・診断・治療方法を学ぶ。

一般目標

(1)医師として社会人として適切な医師・患者・家族関係を築くことができる
(2)医療チームの一員としてスタッフと良好なチームワークをつくることができる
(3)各種腎疾患(慢性腎不全、急性腎不全、ネフローゼ症候群、末期腎不全など)の基本的病態が理解できる
(4)基本的臨床検査(検尿、尿生化学、腎機能、免疫学的検査、腎を中心とする画像検査、腎生検など)の適応を判断して実施し結果を解釈して治療方針に反映させられる
(5)水電解質異常の病態生理を理解し、適切な輸液メニューを作製できる
(6)緊急透析の適応を判断できる
(7)末梢静脈確保、中心静脈確保などの基本的手技の適応を判断して実施できる
(8)基本的薬剤の一般的適応と使用法、副作用、禁忌を理解できる
(9)救急患者の初期対応を的確に行うことができる

行動目標

指導医あるいは上級医師と研修医で診療チームを作り、上級医師の指導のもと腎臓病、水電解質異常、透析症例を診療チームの一員として受け持ち担当する。日々の診療は担当医と相談しながら行うが、重要な治療方針の決定は週1回実施する症例カンファレンスで他の腎臓専門医や、適宜他科の医師にも相談して決定する。血液浄化関連では、通常の血液透析療法(透析室)のほかCHDFや血漿交換(ICU、CCU)などを含めた種々の急性血液浄化療法の豊富な経験ができます。

行動目標

研修目標に挙げた目標について、自己評価および指導医の評価を行う。なお指導医が評価を行うために、コメディカル・スタッフや患者に意見を聞くことがある。評価はEPOCによるチェック、および研修医の日頃の言動を評価者が観察し特に試験などは行わない。また各症例の退院時要約作製時にはその度毎に指導医と研修医が症例のふりかえりを行う。