日本赤十字社 松山赤十字病院

  • 文字サイズ

松山赤十字病院携帯サイト

松山赤十字病院携帯サイト

  • アクセス
  • 外来診療のご案内
  • 救急のご案内
  • お見舞いのご案内

地域医療支援病院

松山赤十字病院は平成17年5月23日付けをもって、愛媛県知事より『地域医療支援病院』として承認されました。今後はさらに、地域の皆さまが安心して医療を受けることができるよう、地域医療の環境整備に努力してまいります。

地域医療支援病院とは

皆さまが住んでいる地域や生活圏内などにあって、ご自分やご家族が病気になったとき、真っ先に相談できるお医者さんが、「かかりつけ医」です。
「かかりつけ医」からの紹介患者さんを中心に、より専門的な検査や入院治療を行い、地域医療を総合的に支援する病院が「地域医療支援病院」です。

▲このページのトップへ

地域医療支援病院(当院)とかかりつけ医の関係

詳しい検査や専門的な治療が必要になった場合には、かかりつけ医からの紹介状をもって、当院を受診してもらうことになります。そして、当院での検査や必要な急性期の治療が終わり、病状が落ち着かれたら、かかりつけ医のところに戻られて治療を続けていただくことになります。万が一、病状が悪化した場合、かかりつけ医からの紹介があれば、当院は24時間365日、患者さんを受入れできるようにしています。このように患者さんが安心して医療を受けることができるように、地域医療支援病院(当院)とかかりつけ医は患者さんの情報を共有しながら、連携して医療を行っています。
当院では、ご登録いただいているかかりつけ医が当院の研究施設、高度な医療機器、病床などを共同で利用できる体制を整備しており、また定期的に合同の勉強会などを実施しながら、医療水準の向上に努めております。

地域医療支援病院とかかりつけ医の関係

▲このページのトップへ