日本赤十字社 松山赤十字病院

  • 文字サイズ

松山赤十字病院携帯サイト

松山赤十字病院携帯サイト

  • アクセス
  • 外来診療のご案内
  • 救急のご案内
  • お見舞いのご案内

インフォメーション

ご意見について

当院では、患者さんからのご意見を参考に、医療サービスの向上に努めております。病院の施設、設備、職員の対応などについて、ご意見がございましたら、1階総合案内、2号館1階広報コーナー又は2号館2階生理検査(心電図・肺機能)横に設置しております意見箱にご投函ください。

お寄せいただきましたご意見に対する回答は、広報コーナーに掲示してお知らせいたします。

病院敷地内全面禁煙のお知らせ

禁煙
  

当院では、患者さんをはじめ全ての来院者の健康維持、受動喫煙防止のため、病院敷地内の全面禁煙を実施しております。皆さんのご理解とご協力をお願いいたします。 

※敷地内とは、建物内のみならず駐車場・通路を含めた病院の敷地全体を示します。 ※防火管理上、大変危険ですので、トイレや人目のつかないところでの隠れた喫煙はご遠慮ください。

病院長

▲このページのトップへ

院内での携帯電話の使用について

当院では、携帯電話をご利用いただけますが、マナーや次の注意事項を守り、周りの方のご迷惑にならないようご使用下さい。

病院長

注意事項

使用禁止場所

携帯電話の電源をお切りください。
  • 手術室
  • 集中治療室(ICU、CCU、NICU、GCU、HCU)
  • 医療機器等を装着している方の
    50cm以内 
  • 左のポスターのあるところ。

▲このページのトップへ

夜間の来院について

院内の保安管理として、午後7時から翌午前6時までの病院出入り口は、正面玄関のみとなります。(救急当番日は除く)
なお、入院消灯時間中(7月~9月は午後10時から翌午前6時、10月~6月は午後9時30分から翌午前6時)に来院される場合は、守衛室にてご記名いただくことになりますのでご了承ください。但し、上記時間帯のうち午前0時30分~午前6時の間は、オートロックを施しておりますので、正面玄関外側自動ドア横に設置してあるインターホンにて来院理由を守衛にお伝えいただき、解錠後、守衛室にてご記名いただくことになります。

▲このページのトップへ

身体障害者補助犬の受け入れについて

 当院では、身体障害者補助犬法(2002年10月1日施行)に則り、身体障害者補助犬を同伴される方にも安心して来院していただけるよう、認定を受けた盲導犬・聴導犬・介助犬の同伴を受け入れております。
 しかしながら、当院には様々な病態の患者さんが受診されており、とりわけ免疫力が低下されている患者さんや、様々なアレルギーをお持ちの患者さんなどが来院されています。
 つきましては、身体障害者補助犬を同伴される方のご入館にあたっては、以下の一定制限を設けさせていただいております。
 来院時に院内で補助犬を見かけた際は、どうぞあたたかくお見守りください。

身体障害者補助犬の受け入れについて
1.受け入れ可能な身体障害者補助犬の種類
  • ①盲導犬(目の不自由な人の歩行をサポートします) :胴に白または黄色のハーネス(胴輪)をしています。
  • ②聴導犬(耳が不自由な人へ音を運びます) :目立つ部位に「聴導犬」の表示札が付いています。
  • ③介助犬(体が不自由な人の暮らしをサポートします):目立つ部位に「介助犬」の表示札が付いています。

(注)身体障害者補助犬以外の動物(セラピー犬含む)同伴のご来院はお断りしております。

2.補助犬を同伴して来院される方へ

 身体障害者補助犬をご利用される方のご来院にあたっては、必要に応じて以下の点について、確認させていただく場合があります。

  • ①「身体障害者補助犬健康管理手帳」の所持の有無
  • ②「身体障害者補助犬認定証」の所持の有無
  • ③予防接種の有無
3.院内での身体障害者補助犬の同伴禁止区域について

 当院の公衆衛生上及び特定非営利活動法人日本介助犬アカデミー発行の「身体障害者補助犬同伴受け入れマニュアル〈医療機関編〉」により、以下の区域については、同伴を禁止させていただきます。

・手術室 ・集中治療室(ICU、CCU 等)
・感染症病室 ・血管造影検査室
・X線、CT、MRI、アイソトープ等の検査室及び放射線治療室
・生理検査室等の特殊検査室 ・救急中央処置室
・化学療法センター ・栄養課(調理室)
・北5病棟(分娩室・未熟児室設置のため) ・27病棟(無菌室設置のため)
※詳しくは病院職員にお問い合わせ下さい。
4.補助犬を見かけたら

・身体障害者補助犬法に則ったことであり、障害者の方も等しく医療を受け、健康な生活を送るための受け入れですので、ご理解とご協力をお願いいたします。

・補助犬は仕事中ですので、触ったり声をかけたり、気を引いたりせずに、そっと見守ってくださるようお願いいたします。

・犬のアレルギーや苦手な方、その他何か問題があれば、ご遠慮なく病院職員にお問い合わせください。

▲このページのトップへ