日本赤十字社 松山赤十字病院

  • 文字サイズ

松山赤十字病院携帯サイト

松山赤十字病院携帯サイト

  • アクセス
  • 外来診療のご案内
  • 救急のご案内
  • お見舞いのご案内

災害救護



救護体制 災害教育

国内救護活動 国際救護活動
トップ画像

救護体制

当院の国内救護の取り組み


≪常備救護班等の任命≫

 

災害救護は、日本赤十字社としての本来の使命に根ざした重要な活動のひとつです。
また、当院は愛媛県の災害拠点病院・原子力災害拠点病院として発災時に即座に対応できるように以下のような体制をとっています。

・常備
救護班   ・・・・・
常備救護班8班が、原則3ヶ月交代で常時待機しています。
 ※班構成 医師1名・看護師長1名・看護師2名・主事2名
  
・特殊
救護班   ・・・・・
DMAT・原子力災害医療派遣チーム・こころのケアチームが常時待機しています。
  
  

▲このページのトップへ

訓練

≪多数傷病者受入れ訓練の実施≫

 

大規模災害に備えて多数傷病者受入訓練を毎年実施しています。
災害時における地域医療の最後の砦として機能するため、すべての職種が全力で臨みます。


≪各種院外訓練・研修への参加≫

 

救護班のスキルアップのため、自治体や公的機関が実施する各種訓練に積極的に参加しています。これらの訓練・研修は関係する機関と合同で訓練を実施・展開することで平時から良好な関係を築き、災害時にも円滑な対応がとれる体制を整えています。

▲このページのトップへ

災害教育

≪救護員院内認定研修プログラムをスタート≫


いつ起こるかわからない災害に対応するには、職員が日頃から救護活動のノウハウを研鑽しておかなければなりません。
救護活動は、赤十字の使命に基づいた重要な活動の一つです。
日本赤十字社の職員として救護活動を行っていくうえで必要となる基礎的知識や技術の習得を目指し、平成25年に「救護員院内認定研修プログラム」を策定し、研修を行っています。


▲このページのトップへ

国内救護活動

≪有事活動国内救護活動≫

 

当院では大正2年の開設以来、国内で起きた様々な災害の救援活動を行ってきました。
今後も如何なる有事の際にも、災害拠点病院としての救援活動ができるよう、しっかりと役割を担っていきます。


主な医療救護班の派遣実績(昭和41年以降)


熊本地震(平成28年)


派遣期間 : 平成28年4月16日~6月25日
派遣場所 : 熊本県熊本市、益城町


常備救護班派遣状況

医師(名) 看護師(名) 主事(名) 派遣期間
第 1 班
4月16日~
4月19日
第 2 班
4月21日~
4月24日
第 3 班
4月27日~
4月30日
第 4 班
5月 2日~
5月 6日
第 5 班
5月11日~
5月15日
15 19  

DMAT派遣状況

医師(名) 看護師(名) 主事(名) 派遣期間
第 1 班
4月17日~
4月21日

JRAT派遣状況

医師(名) 看護師(名) 主事(名) 派遣期間
第 1 班
4月21日~
4月26日

病院支援派遣状

派遣回数 看護師(名) コーディネーター
【看護師】(名)
派遣期間
-
4月16日~
4月23日
-
4月20日~
4月26日
-
4月25日~
5月 1日
-
5月 6日~
5月11日
 

健康支援チーム派遣状況

派遣回数 看護師(名) 派遣期間
6月21日~
6月25日

毛布搬送班派遣状況

医師(名) 看護師(名) 主事(名) 派遣期間
第 1 班 - -
4月16日~
4月17日

 

広島県大雨災害(平成26年)


派遣期間 : 平成26年8月27日~8月29日
派遣場所 : 広島市立可部小学校・三入東小学校・八木小学校避難所


医療救護班派遣状況

医師(名) 看護師(名) 薬剤師(名) 主事(支部)(名) 派遣期間
第 1 班 8月27日
~8月29日

広島県支部の依頼を受け、救護班1班を派遣しました。救護班は、広島市立可部小学校・三入東小学校・八木小学校避難所での夜間巡回診療・救護所活動を行いました。

東日本大震災派遣状況(平成23年)


派遣期間 : 平成23年3月12日~8月2日
派遣場所 : 福島県福島市、宮城県石巻市


医療救護班派遣状況

医師(名) 看護師(名) 主事(名)
第 1 班
第 2 班
第 3 班
第 4 班
第 5 班
第 6 班
第 7 班
第 8 班
第 9 班
第 10 班
第 11 班
14 35 33

こころのケア要員派遣状況

派遣回数 看護師(名) 主事(名) 派遣期間
-
3月29日~
4月 4日
-
4月 8日~
4月15日
5月 5日~
5月10日
5月16日~
5月22日
6月25日~
7月 2日
7月27日~
8月 2日
合計 13  


▲このページのトップへ

国際救護活動

国際救援活動への職員派遣状況(昭和55年以降)

派遣期間 事 業 名
派 遣 先
所 属 役 職
平成23年1月7日
~平成23年2月21日
ハイチ大地震被災者支援事業
(コレラ救援)
ハイチ共和国
薬剤部 薬剤師
平成22年8月10日
~平成22年9月24日
ハイチ大地震被災者支援事業
ハイチ共和国
薬剤部 薬剤師
平成18年5月27日
~平成18年7月30日
スマトラ島沖地震復興支援
インドネシア
地域医療連携課 課長補佐
平成18年1月31日
~平成18年5月20日
スマトラ島沖地震復興支援
スリランカ
地域医療連携課 課長補佐
平成11年6月15日
~平成11年9月17日
コソボ難民救援事業
コソボ共和国
心臓血管外科 副部長
平成5年2月13日
~平成5年5月19日
カンボジア医療協力事業
カンボジア
循環器内科 医師
平成3年7月24日
~平成4年1月27日
アルメニア地震復興事業
アルメニア共和国
37病棟 看護係長
平成2年7月24日
~平成3年1月26日
アフガニスタン難民救済事業
アフガニスタン
37病棟 看護係長
昭和63年12月2日
~平成1年6月1日
ベトナム難民救済事業
ベトナム
看護学校 専任教師
昭和61年4月11日
~昭和61年8月10日
ネパール保健衛生事業
ネパール
看護部 副部長
昭和61年4月12日
~昭和61年7月23日
カンボジア難民救援事業
カンボジア
外科 副部長
昭和55年6月12日
~昭和55年9月9日
カンボジア難民救援事業
カンボジア
外科病棟 看護師長

 


スマトラ島沖地震・津波復興支援事業
 
<スリランカ・トリンコマレー県: 眼科検診を待つ村の人たち> <スリランカ・コロンボ: 被災児童のための応急手当講習会>
<インドネシア・アチェバラ県: 避難民用住宅建設現場> <インドネシア・ナガンラヤ県: 衛生状況視察>

▲このページのトップへ