日本赤十字社 松山赤十字病院

  • 文字サイズ
2017/head_tel.png" width="260" height="75" alt=""/>

松山赤十字病院携帯サイト

松山赤十字病院携帯サイト

  • アクセス
  • 外来診療のご案内
  • 救急のご案内
  • お見舞いのご案内

医療技術部

臨床工学課へ 栄養課へ

臨床工学課

臨床工学技士は、高度化する生命維持管理装置をはじめとする医療機器の操作や保守管理を行う医療技術者です。医療機器を通しチーム医療の一員として、安全で安心な医療に貢献しています。

スタッフ及び専門資格取得状況


スタッフ

臨床工学課 技師長 1名
臨床工学第一課 課長 1名
医療機器管理係 係長 1名
スタッフ 2名
手術・集中治療
管理係
係長 1名
スタッフ 3名
臨床工学第二課 課長 1名
血液浄化管理係 係長 1名
スタッフ 3名
血管・
ペースメーカー
治療管理係
係長(課長兼務)
スタッフ 3名

専門資格取得状況

専門認定資格 取得者数
3学会合同呼吸療法
認定士
5名
体外循環技術認定士
3名
透析技術認定士
2名
MDIC認定士
1名
不整脈治療専門
臨床工学技士
3名
臨床ME専門認定士
1名
第2種ME技術
13名


臨床工学課の業務内容

●医療機器管理 部門
医療機器管理部門では、患者監視装置、人工呼吸器、保育器、輸液ポンプ、シリンジポンプ等の医療機器の保守点検を行っています。また、医療従事者に対しての講習会や人工呼吸器ラウンド等を行い、医療機器の教育・安全運用にも寄与しています。
●血液浄化 部門
血液浄化部門では、血液浄化療法が安全に施行できるように、血液透析及びアフェレシス関連機器の操作・保守管理業務を行っています。
●心臓植込みデバイス 部門
心臓植込みデバイス部門では、心臓ペースメーカー(PM)・植込み型除細動器(ICD)・心臓再同期療法(CRT)の植込み手術業務や周術期管理、外来・病棟でのチェック業務などを行っています。
●インターベンション 部門
インターベンション部門では、各種カテーテル検査や経皮的冠動脈形成術(PCI)、不整脈治療(Catheter Ablation)などの業務や急変時の補助循環機器の操作・管理を行っています。
●手術室 部門
手術室部門では人工心肺装置を含む関連機器の操作や術中自己血回収装置及びナビゲーション、MEP、手術支援ロボット(ダヴィンチ)、TAVIなどの手術に関与しています。また、麻酔器、電気メス、内視鏡、患者監視装置など手術室内の医療機器の保守管理を行い、安全性を確保しています。
●救急・集中治療 部門
救急・集中治療部門では、救急処置室、ICU(集中治療室)、CCU(冠状動脈疾患集中治療室)、NICU(新生児集中治療室)などで使用されている生命維持管理装置や関連機器の操作、保守管理に加え毎日のラウンドを行っています。

▲このページのトップへ

 

栄養課

栄養課ではチーム医療の一翼を担う部門として、患者さんの一日も早い回復につながるよう、個々の病状に応じた食事を提供するよう努めています。
また、食事療法が必要な患者さんには、食事相談・栄養指導を随時行っています。

 

スタッフ及び専門資格取得状況


スタッフ

管理栄養士 9名
栄養士 2名
調理師 16名
調理補助員 10名
事務員 3名
合計 40名

専門資格取得状況

専門資格取得状況 取得者数
日本糖尿病療養指導士
2名
NST専門療法士
1名
がん病態栄養専門管理栄養士
1名
病態栄養認定管理栄養士
1名
専門調理食育推進指導員
1名
専門調理食育推進員
2名
介護食士
6名
専門調理師
3名


●栄養課の業務内容

給食管理

医師の指示に基づいて、病態に応じた食事を提供しています。
実際に提供している食事を少し紹介致します。

 
【 産科お祝い膳 】
【 病態に合わせた食事 】
嚥下機能が低下している患者さんには、日本摂食嚥下リハビリテーション学会嚥下調整食分類2013に基づき
各形態の食事を提供しています。
【 個別対応食 】
治療による食欲不振など、食事の進まない患者さんに対して管理栄養士がベッドサイドに訪問し、
患者さんと相談して麺類や雑炊・果物・アイスクリームなど食べやすいメニューを提供しています。
 
 

【 新厨房のご紹介 】
平成30年1月4日に新病院北棟が完成しました。
栄養課は地下1階に移転し、新しい厨房で調理を行っています。
栄養管理

栄養・食事相談
糖尿病や腎臓病など食事療法が必要な方、がん、摂食・嚥下機能低下、低栄養の食事でお困りの方、
何でもご相談下さい。


 

個人指導

予約制になっておりますので、ご希望の方は
主治医にお申し出ください。

対象 :入院、外来の患者さん
日時 :月曜日~金曜日
9:00~16:00
場所 :栄養指導室

 


集団指導

  開催日及び
開催時間
対象 場所
生活習慣病教室
毎週水曜日
10:00~12:00
(糖尿病チーム)
入院・外来患者さん 指導相談室
脳卒中教室
第4金曜日
13:30~14:30
入院・外来患者さん 小会議室3
母親学級
第3水曜日
14:00~14:50
妊娠16~24週の
患者さん
大会議室
育児学級
第3木曜日
14:00~14:50
生後3~6ヶ月の
患者さんとその家族
大会議室
人間ドック
火~金曜日
人間ドック
2日ドック受診者
人間ドック

生活習慣病教室 糖尿病教育入院

チーム医療

  • ・栄養サポートチーム(NST)
    医師・看護師・薬剤師・管理栄養士・臨床検査技師・言語聴覚士などで構成する栄養サポートチーム(NST)が栄養状態の悪い患者様の把握に努め、適切な栄養管理による栄養状態の改善を図ることを目的として活動しています。
  • ・褥瘡回診
  • ・小児摂食日帰り入院
  • ・心身症カンファレンス
チラシ

広報誌においてのレシピ紹介

広報誌「にっせきぬくもり通信」において、『温故知新 健康レシピ』の掲載を行っています。旬の食材を使用した昔ながらの料理や、現代風にアレンジしたレシピをご紹介しています。広報誌は院内各所に設置しておりますので是非お手にとってご覧下さい。
(松山赤十字病院のホームページにもバックナンバーを掲載しています。)

▲このページのトップへ