日本赤十字社 松山赤十字病院

  • 文字サイズ

基本情報へ

診療情報

科学的根拠に基づく化学療法とチーム医療による包括的がん治療を目指します

手術不能の進行癌、あるいは再発固形がんに対し高い有効性を示す抗がん剤の開発・研究が進んでいます。これらの薬剤の効果を最大限利用するには、最新かつ豊富な抗がん剤の知識に加えチーム医療が大切になります。



一般に、抗がん剤の抗腫瘍効果は投与する薬剤の量に依存します。大量の抗がん剤を使用すれば、高い抗腫瘍効果が期待できるわけですが副作用も増大します。副作用がひどくなると、治療の継続が困難になり十分な治療効果を得られなくなるだけで無く、治療によるQOL(Quality of Life:生活の質)が低下を招きます。このQOLの問題は、医療者だけで判断できる問題ではありません。その為、抗がん剤の副作用を軽減する努力を最大限行うと同時に、常に患者さんと治療中のQOLについて話し合うことが大切です。

松山赤十字病院の外来化学療法室で治療を行う症例は全て、多職種(キャンサーボード)にて治療法についての話し合いが行われます。この多職種には、日本臨床腫瘍学会薬物療法専門医、がん専門薬剤師、がん看護認定看護師、がん化学療法看護認定看護師、化学療法室常勤看護師、臨床心理士、等が参加しています。カンファレンスで審議する内容は、

1. 科学的な抗がん剤治療(Evidence-Based Medicine)

2. 副作用の状態と副作用対策

3. がんの症状の対策(緩和医療、支持療法)

4. QOLの状態、その人らしい生活が維持できているか?

5. 十分な病状と治療法の説明が行われているか?

であり、個々の症例に合わせた、最適のがん医療を目指しています。

※外来化学療法の詳細はこちら

対象疾患

1.切除不能消化器癌(食道癌、胃癌、小腸癌、大腸癌、肛門管癌、膵癌、胆道癌)

2.特殊な悪性腫瘍の化学療法(原発不明癌、肉腫、GIST、NEC、NET)

▲このページのトップへ

松山赤十字病院携帯サイト

松山赤十字病院携帯サイト

  • アクセス
  • 外来診療のご案内
  • 救急のご案内
  • お見舞いのご案内