日本赤十字社 松山赤十字病院

  • 文字サイズ

診療情報へ

基本情報

当院は、厚生労働省が指定する愛媛県地域がん診療連携拠点病院です。臨床腫瘍科は固形がん(主に消化器系)を対象とした化学療法、支持療法、そして緩和医療等を総合的かつ横断的に診療する目的で設立されました。当科の特色は、抗がん剤治療を専門とするがん薬物療法専門医、緩和ケア暫定指導医に加え、院内のがん専門薬剤師、がん看護専門看護師、がん化学療法看護認定看護師、乳がん看護認定看護師、緩和ケア認定看護師などのスタッフにより構成された医療チームと合同で、科学的根拠に基づく抗がん剤治療に加え、副作用・合併症やその他のがんの苦痛の軽減・緩和に迅速かつ継続的に対応できる診療体制を有していることです。

臨床研究「regorafenib(レゴラフェニブ)投与後の画像変化と治療効果に関する
後方視的コホート研究」についてのお知らせ

臨床研究「HER2陽性の進行・再発胃がんを対象としたトラスツズマブ既治療例ににおける
HER2Statusに関する多施設共同観察研究(KSCC1604(HER2 retry study))  ) 

臨床腫瘍科からのお知らせ
記事一覧へ
2017.10.12
診療実績等を更新しました。
2017.04.21
診療情報を更新しました。

外来診療担当医表

午前
白石
白石
白石
午後
白石(新患)
白石(新患)

⇒医師の専門領域について
⇒休診情報について ⇒休診情報について

▲このページのトップへ

スタッフ

氏名 職名 卒業年・卒業大学 資格
白石 猛 部長 H5 九州大卒
日本外科学会認定登録医
日本臨床腫瘍学会がん薬物療法専門医
日本緩和医療学会暫定指導医
日本消化器外科学会消化器がん外科治療認定医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医・ 暫定教育医

▲このページのトップへ

学会等の研修・認定施設

日本臨床腫瘍学会研修施設

日本がん治療認定医機構認定研修施設

日本緩和医療学会認定研修施設

日本医療薬学会がん専門薬剤師研修施設

▲このページのトップへ

診療実績

(2016年1月~12月)
(1)外来
外来新患者数 2,952人
外来1日平均患者数 83.7人
※外科・乳腺外科・血管外科を含む
(2)疾患別入院患者数  242人
(3)処置(治療件数)
外来化学療法件数 1,936件

▲このページのトップへ

松山赤十字病院携帯サイト

松山赤十字病院携帯サイト

  • アクセス
  • 外来診療のご案内
  • 救急のご案内
  • お見舞いのご案内