日本赤十字社 松山赤十字病院

  • 文字サイズ

歯科口腔外科

基本情報へ

診療情報

診療概要

当科では一般歯科治療は行っておりません。他院での診断、治療が困難な口腔外科的疾患および口腔内科的疾患が対象となっていますので、初診の患者さんは必ず紹介状をお持ちください。
なお、毎週水曜日は手術日のため、初診受付は水曜日以外の平日午前11時までとなっております。

▲このページのトップへ

顎変形症

歯並びの異常は、歯の大きさと顎の大きさのアンバランスによって起こります。一般的には歯列矯正治療だけで歯並びを改善することが多いのですが、骨格の異常で歯並びや咬み合わせが悪い時は、顎の骨格を改善する手術と歯列矯正を併用した治療(外科的矯正治療)が必要なことがあります。
当科では、近隣の矯正歯科と連携して、この外科的矯正治療を行っています。
※なお、この治療は矯正治療も保険適用となります。

▲このページのトップへ

インプラント

虫歯や歯槽膿漏、事故などで歯を失ってしまった方に、顎の骨に人工の歯根を植立して歯を作る治療を行います。

▲このページのトップへ

顎顔面外傷

中予医療圏の二次救急医療施設として顎骨の骨折や口の中の裂傷、歯の脱臼や破折など、救急患者さんに対応しています。

▲このページのトップへ

炎症性疾患

虫歯や歯周病などから波及した顔面周囲、頸部の化膿性炎や顎骨骨髄炎などの炎症性疾患に対して、外来での診察だけでなく、入院下での点滴治療なども行っています。最近では骨粗鬆症に投与されているビスフォスフォネート剤の副作用で顎骨が壊死することもあります。ビスフォスフォネート剤を内服または注射されている方は、必ず歯科で定期検診を受けてください。

▲このページのトップへ

顎骨嚢胞、腫瘍

歯肉や舌にできものができた、顎の骨の中に影があることを歯科医院で指摘された、など、口や顎骨の中にできる腫瘍や嚢胞という病気に対して外来や入院下で手術を行っています。

▲このページのトップへ

口腔粘膜疾患

口の中がただれて痛い、口内炎が治らないなどの異常がある時は、難治性口内炎、扁平苔癬、白板症などという粘膜の病気の可能性があり、皮膚科などと協力して治療を行っています。

▲このページのトップへ

顎関節疾患

顎が痛い、口が開けにくいなどの顎関節疾患に対して保存的治療や外科的治療で対応しています。

▲このページのトップへ

周術期口腔機能管理

全身麻酔下で手術を受けられる方で口腔衛生状態が不良な方は、術後に肺炎や傷の治癒不良など合併症を起こすことがあります。また、歯の動揺がある場合は麻酔の気管挿管によって歯が折れたり抜け落ちたりするなどのトラブルが起こることもあります。当科では手術前後に口腔ケアを行うことで、手術前後の口の中のトラブルを回避するよう診察を行っています。

▲このページのトップへ

学術関係

(1)学会発表
氏名
(発表者)
題名 学会名
(開催地)
発表月日
岩本 和樹
腺性歯原性嚢胞を発生母体とした顎骨中心性粘表皮癌の一例
第71回日本口腔科学会学術集会
(松山)
2017
/4
/27
岩本 和樹
歯性感染を契機に判明した精巣原発性びまん性大細胞型B細胞性リンパ腫の1例
第62回日本口腔外科学会総会
(京都)
2017
/10
/21

(2)講演
氏名
(発表者)
題名 講演名
(開催地)
発表月日
寺門 永顕
歯と健康 今日から始める口腔ケア
愛媛県男女共同参画センター(松山)
2017
/1
/14
寺門 永顕
周術期口腔機能管理を考える
今治市歯科医師会(今治)
2017
/2
/17
寺門 永顕
有病者歯科診療を行うにあたって
広島大学歯学部同窓会講演会(広島)
2017
/12
/2
寺門 永顕
糖尿病と口腔ケア
愛媛県糖尿病対策推進会議
市民公開講座(松山)
2017
/12
/10

▲このページのトップへ

松山赤十字病院携帯サイト

松山赤十字病院携帯サイト

  • アクセス
  • 外来診療のご案内
  • 救急のご案内
  • お見舞いのご案内