日本赤十字社 松山赤十字病院

  • 文字サイズ

基本情報へ

診療情報

対象疾患

関節リウマチ、脊椎関節炎、強直性脊椎炎、乾癬性関節炎、反応性関節炎、リウマチ性多発筋痛症、RS3PE症候群、全身性エリテマトーデス、強皮症、多発性筋炎/皮膚筋炎、結節性多発動脈炎、顕微鏡的多発血管炎、多発血管炎性肉芽腫症(ウェゲナー肉芽腫症)、好酸球性多発血管炎性肉芽腫症(チャーグ・ストラウス症候群)、巨細胞性血管炎、大動脈炎症候群、混合性結合組織病、ベーチェット病、成人発症スチル病、IgG4関連疾患、痛風、偽痛風、変形性関節症、その他

▲このページのトップへ

今後の目標、課題

生物学的製剤はさまざまな疾患に対して適応されてきています。「免疫統括センター」を開設したことにより、診療科の垣根を超えて、免疫疾患に対してレベルの高い専門医療を提供できるよう体制を整えていきたいと考えています。
リウマチ・膠原病分野におけるエキスパートを育成し、チーム医療を“院内からそして地域へ”、愛媛県全体へ拡げていきたいと考えています。病院-クリニック間の連携(病診連携)、病院―病院間の連携(病病連携)を充実させるよう取り組んでいます。地域でリウマチ診療に関わっている医師およびコメディカルの方々と連携の会、リウマチ専門病院である道後温泉病院さんとの連携の会を開催しています。
リウマチ専門施設として、より効果的で安全な治療を患者さんに提供するための情報を発信していきたいと考えています。学会・論文などで情報発信し、治験・多施設共同試験に積極的に取り組み、基礎研究機関とも連携を図っています。

▲このページのトップへ

学術関係

(1)論文
氏名
(筆頭者)
題名 掲載雑誌名
Mizuki S

Proximal metatarsal wedge osteotomy for matatarsus primus elevatus associated with rheumatoid forefoot deformity:a case report

Modern Rheumatology Case Reports
3:103-107,2019
(2)学会発表
氏名
(発表者)
演題 学会名(開催地) 発表月日
水木 伸一
人工関節感染治療成績の関節リウマチと変形性関節症患者の比較
第49回日本人工関節学会(東京)
2019
/2
/16
水木 伸一
関節リウマチ患者に対するデノスマブ治療中に発症した顎骨壊死 3例の症例報告
第63回日本リウマチ学会総会・学術集会(京都)
2019
/4
/16
Mizuki S
IMPACT OF HINDFOOT CORONAL/SAGITTAL ALIGNMENT ON METATARSUS PRIMUS ELEVATUS IN RHEUMATOID FOOT DEFORMITIES
Annual European Congress of Rheumatology 2019(Madrid)
2019
/6
/15
水木 伸一
人工関節周囲感染に対するインプラント温存治療成功に関連する要因の検討
第42回日本骨・関節感染症学会(横浜)
2019
/7
/20
三嶋 耕司
当院におけるベリムマブ投与経験
第19回膠原病フォーラム(松山)
2019
/8
/3
水木 伸一
踵骨・中足骨骨髄炎に至り死亡した関節リウマチの1例
第44回日本足の外科学会学術総会(札幌)
2019
/9
/27
水木 伸一
関節リウマチ患者におけるデノスマブ治療継続率と顎骨壊死症例の検討
第21回日本骨粗鬆症学会(神戸)
2019
/10
/13
水木 伸一
他職種で把握し介入したリウマチ性疾患入院患者の検討
第47回日本関節病学会(福岡)
2019
/11
/21
(3)講演
氏名
(発表者)
題名 講演名(開催地) 発表月日
押領司 健介
関節リウマチ治療におけるBaricitinibへの期待
第63回日本リウマチ学会総会・学術集会(京都)
2019
/4
/15
吉田 健志
当院で診断した成人型低ホスファターゼ症(HPP)を通して リウマチ医の目線から
第63回日本リウマチ学会総会・学術集会(京都)
2019
/4
/15
押領司 健介
Precision Medicine を目指した関節リウマチ治療
第47回日本関節病学会(福岡)
2019
/11
/21

▲このページのトップへ

松山赤十字病院携帯サイト

松山赤十字病院携帯サイト

  • アクセス
  • 外来診療のご案内
  • 救急のご案内
  • お見舞いのご案内