日本赤十字社 松山赤十字病院

  • 文字サイズ

診療情報へ

基本情報

「リウマチ膠原病センター」ではリウマチ整形外科医2名と膠原病内科医4名の体制で診療を行っております。臓器にとらわれることなく”患者さん全体を診る”という基本姿勢で、リウマチ・膠原病に対して高度専門的医療を提供できるよう努力しております。外来を受診されている関節リウマチ患者さんの数は2,000名を超え、愛媛県の推定患者数の5分の1に相当する患者さんを診療させていただいているというのは全国でも有数の実績です。
関節リウマチに対しては、Treat to Target(T2T)治療方針に基づきメトトレキサートを中心とした抗リウマチ剤に加えて生物学的製剤を用いて積極的に治療を行っています。全身性エリテマトーデスや血管炎症候群など膠原病に対しても、積極的治療方針で生物学的製剤も用いた治療を行っています。平成30年1月から「免疫統括センター」を開設し、生物学的製剤を投与し、免疫学的側面から患者さんをマネージメントしています。
入院治療では、①リウマチ・膠原病を発症した患者さんに対して診断のための精査・治療導入、②コントロールが十分でない患者さんや合併症を起こしてしまった患者さんの治療、③関節機能障害を起こしてしまった患者さんの人工関節置換術や腱再建術などの機能再建手術などに対応しています。

新型コロナウイルス感染症拡大防止のための臨時的な外来対応について
リウマチ膠原病センターでは、かかりつけ患者さんからの電話再診による定期薬剤処方も対応いたしております。

外来診療担当医表

 
リウマチ科
水木
手術
水木
水木
内科
押領司
三嶋
押領司
三嶋
押領司
山崎
三嶋
今林
今林
堀江
平岡

⇒医師の専門領域について
⇒休診情報について ⇒休診情報について

▲このページのトップへ

学会等の研修・認定施設

日本リウマチ学会教育施設

日本整形外科学会認定施設

▲このページのトップへ

スタッフ

氏名 職名 卒業年・卒業大学 資格
水木 伸一
部長
H4
愛媛大卒
日本リウマチ学会専門医・指導医
日本整形外科学会専門医
押領司 健介
部長
H14
九州大卒
日本リウマチ学会専門医・指導医
日本内科学会総合内科専門医・認定内科医・指導医
三嶋 耕司
医師
H23
九州大卒
日本リウマチ学会専門医
日本内科学会認定内科医
今林 慶祐
レジデント医師
H28
九州大卒
 
堀江 健太
レジデント医師
H29
愛媛大卒
 

▲このページのトップへ

診療実績

(2018年1月~12月)

延患者数 

19,675人  

外来新患者数 

675人  

入院症例数 のべ249人
入院疾患別症例数

疾患名 症例数
関節リウマチ 122件
血管炎症候群 47件
全身性エリテマトーデス 17件
変形性関節症 13件
多発性筋炎/皮膚筋炎 11件
成人スチル病 8件
脊椎関節炎 7件
強皮症 6件
混合性結合組織病 3件
ベーチェット病 3件
IgG4関連疾患 3件
巨細胞性血管炎 1件
シェーグレン症候群 1件
その他 7件
合計 249件

 

入院目的別症例数

入院目的 症例数
原病 原病精査コントロール 118
手術 50
合併症 感染 40
筋骨格 25
内科 16
  合計 249

 

手術症例数

術式 手術数
人工膝関節(うち再置換術) 27(2)
人工股関節(うち再置換術) 11(3)
人工骨頭置換術
滑膜切除術(うち関節鏡視下) 11(6)
手の外科(腱移行など) 16
足趾形成術
骨折観血的手術
その他 17
合計 99

 

特定疾患治療研究医療受給者数(2018年)

疾患名 症例数
全身性エリテマトーデス 141
強皮症 63
皮膚筋炎/多発性筋炎 56
混合性結合組織病 46
ベーチェット病 30
悪性関節リウマチ 25
顕微鏡的多発血管炎 20
シェーグレン症候群 17
成人スチル病 12
その他 44
合計 454
 

生物学的製剤(bDMARD)および分子標的合成薬(tsDMARD)使用患者数の推移(2016年~)





▲このページのトップへ

松山赤十字病院携帯サイト

松山赤十字病院携帯サイト

  • アクセス
  • 外来診療のご案内
  • 救急のご案内
  • お見舞いのご案内