日本赤十字社 松山赤十字病院

  • 文字サイズ

麻酔科

診療情報へ

基本情報

当院麻酔科は昭和50年に北四国初の麻酔指導病院として認定されて以降、常に複数の指導医・専門医を確保し現在に至っています。現在スタッフは指導医4名、専門医3名、標榜医2名の常勤医9名と、加えて指導医3名を含む非常勤麻酔科医師4名(週1~2日)で診療に当たっています。

主な診療業務は、
(1)手術室での麻酔および全身状態の管理
(2)ペインクリニック外来での痛みの治療
(3)ICUでの重症患者の治療
(4)救急部門・院内における心肺脳蘇生などです。 近年は救急蘇生部門の資格取得にも向けて人材の育成を図り、臨床研修医の教育・指導にも力を入れています。平成17年に当院が地域医療支援病院に認定されて以降麻酔科管理手術症例は年々増加しており、それに伴い増加した緊急症例への迅速な対応や、医療機器の充実も常時検討しています。また心臓血管麻酔、歯科麻酔専門医等も確保するなど、各種学会参加・研修などを通じて新しい知識の習得や診療への応用を図り、日々研鑽に努めています。

麻酔科からのお知らせ
記事一覧へ
2017.10.12
診療実績等を更新しました。

外来診療担当医表

診察
安部
安部(午前のみ)
安部

⇒医師の専門領域について
⇒休診情報について ⇒休診情報について

▲このページのトップへ

学会等の研修・認定施設

日本麻酔科学会麻酔科認定病院

日本ペインクリニック学会指定研修施設

▲このページのトップへ

スタッフ

氏名 職名 卒業年・卒業大学 資格
清水 一郎 部長 S62 愛媛大卒
日本麻酔科学会指導医
愛媛大学医学部臨床教授
堀川 順子 副部長 H7 愛媛大卒
日本麻酔科学会指導医
日本心臓血管麻酔学会専門医
程野 茂樹 副部長 H12 長崎大卒
日本麻酔科学会指導医
日本心臓血管麻酔学会専門医
武智 健一 副部長 H13 愛媛大卒
日本麻酔科学会指導医・専門医
日本ペインクリニック学会専門医
日本集中治療医学会専門医
大膳 和華 副部長 H17 旭川医大卒
日本麻酔科学会指導医
伊東 真理 副部長 H17 大分大卒
日本麻酔科学会専門医
彭 懌 副部長 H19 愛媛大卒
日本麻酔科学会専門医
阿部 智子 医師 H17 愛媛大卒
日本麻酔科学会専門医
中田 行洋 レジデント医師 H25 愛媛大卒
日本麻酔科学会標榜医

▲このページのトップへ

診療実績

(2016年4月1日~2017年3月31日)

1日平均外来患者数 26.9人(2016年1月~12月)

 

<手術室> 10部屋、11ベッド

<年間手術症例> 6,508例 (麻酔科管理症例 4,025例)
<全身麻酔> 3,066例
<腰椎麻酔、硬膜外麻酔> 959例

主要科別手術件数および主な麻酔件数(2016年4月~2017年3月)

全身
麻酔
(+硬
膜外)
腰椎
麻酔
硬膜
外麻酔
その
小児外科
85
外科
(血外・乳腺外科を含む)

993

47
191
腎センター
22
175
泌尿器科
122
133
18
産婦人科
437
67
149
呼吸器外科
171
心臓血管外科
92
整形外科
540
288
209
506
リウマチ科
22
20
11
32
形成外科
61
39
歯科口腔外科
111
耳鼻咽喉科
312
39
眼科
43
1,450
脳神経外科
49
46

<外来診療内容>

硬膜外ブロック、星状神経節ブロック、レーザー治療、イオントフォレーシス、局所注射、電気針、手術室での神経ブロックなどその他、CVC挿入依頼、重症手術患者の術前診察等も行っています。

▲このページのトップへ

松山赤十字病院携帯サイト

松山赤十字病院携帯サイト

  • アクセス
  • 外来診療のご案内
  • 救急のご案内
  • お見舞いのご案内