日本赤十字社 松山赤十字病院

  • 文字サイズ

呼吸器外科(呼吸器センター)

基本情報へ

診療情報

原発性肺癌

肺癌は年々増加しており、現在、癌死亡者数第一位となっています。当科で扱う疾患のうち原発性肺癌が大多数を占めており、従来の後側方開胸による手術のほかに、早期肺癌に対しては胸腔鏡を用いて侵襲の少ない手術(胸腔鏡下肺葉切除術)も施行可能です。大血管や胸壁も合併切除する拡大手術も手がけています。

▲このページのトップへ

転移性肺腫瘍

他の臓器の癌が肺に転移した場合、例外もありますが手術が最も確実な治療となります。基本的には胸腔鏡を用いた手術を行っています。

▲このページのトップへ

自然気胸

自然気胸は肺に穴が開き肺から空気が漏れ、肺がつぶれてしまう病気です。再発を繰り返す場合や、空気漏れが長時間持続する場合は手術を行います。当科では直径2mmの胸腔鏡を用いることで、術後の傷を極めて小さくすることが可能となりました。

▲このページのトップへ

縦隔腫瘍・胸壁腫瘍

縦隔に発生する疾患は胸腺腫をはじめとして、神経に起源する腫瘍、食道や気管支から発生する嚢胞など様々です。重症筋無力症という筋力の低下する病気に対し、拡大胸腺摘出術を行うことで症状緩和を認めることがあります。胸壁腫瘍に対する手術も行っています。

▲このページのトップへ

気管内ステント

気管、気管支の狭窄により窒息の危機に瀕している場合、様々なタイプのステントを留置することにより、狭窄部を拡張させることが出来ます。

▲このページのトップへ

新しい呼吸器外科の動き

当科では、症例によって2mm・5mm・10mmの胸腔鏡を使い分け、より手術創の小さい、患者さんに侵襲の小さい手術を行うことを目指しています。最近はCTによる検診も行われるようになり、1cm以下の非常に小さな病変も発見されるようになりました。このような病変に対しては、「CTガイド下マーキング」という手法を用いて確実に病変を切除する手術も可能となりました。

▲このページのトップへ

学術関係

(1)学会発表
氏名
(発表者)
演題 学会名
(開催地)
発表月日
藤下 卓才
非小細胞肺癌に対する免疫チェックポイント阻害剤治療例での好中球/リンパ球比較の検討
第60回日本肺癌学会学術集会(大阪)
2019
/12
/7
吉田 月久
蒸留水による胸腔洗浄に心停止をきたした一例
第60回日本肺癌学会学術集会(大阪)
2019
/12
/8

▲このページのトップへ

松山赤十字病院携帯サイト

松山赤十字病院携帯サイト

  • アクセス
  • 外来診療のご案内
  • 救急のご案内
  • お見舞いのご案内