日本赤十字社 松山赤十字病院

  • 文字サイズ

診療情報へ

基本情報

松山赤十字病院 血管外科は以前より外科の一部門として診療を行ってきましたが、平成22年に専門性の高さや患者数の増加から、正式な診療科となりました。高齢化社会や糖尿病の増加から動脈硬化症は激増しており、血管外科では主に腹部、四肢末梢の血管疾患を担当し、従来からの外科治療に加えて低侵襲の血管内治療(カテーテル治療)を積極的に取り入れ動脈硬化症を患う患者さんに過不足ない治療を提供しており地域の医療施設とも十分な医療連携の構築にも努めております。

臨床研究「大腿膝窩動脈疾患に対する血管内治療の多施設共同実態調査」についてのお知らせ

血管外科からのお知らせ
記事一覧へ
2017.10.16
診療実績等を更新しました。

外来診療担当医表

午前 山岡(再診)
岩佐(新患)
山岡(新患)
青栁
午後 青栁 岩佐(再診)

⇒医師の専門領域について
⇒休診情報について ⇒休診情報について

▲このページのトップへ

学会等の研修・認定施設

三学会構成心臓血管外科専門医認定機構基幹施設

腹部ステントグラフト実施施設

日本脈管学会認定研修指定施設

▲このページのトップへ

スタッフ

氏名 職名 卒業年・卒業大学 資格
山岡 輝年 部長 H8 佐賀医大卒 日本外科学会専門医・指導医
日本心臓血管外科専門医
腹部大動脈瘤ステントグラフト実施医・指導医
日本脈管学会認定脈管専門医
日本血管外科学会認定血管内治療医
岩佐 憲臣 副部長 H16 熊本大卒 日本外科学会専門医
日本心臓血管外科専門医
腹部大動脈瘤ステントグラフト実施医・指導医
日本脈管学会認定脈管専門医
下肢静脈瘤血管内レーザー焼灼術実施医・指導医
日本血管外科学会認定血管内治療医
青栁 幸彦 医師 H22 九州大卒  

▲このページのトップへ

診療実績

(2016年1月~12月)
(1)外来
外来新患者数 2,952人
外来1日平均患者数 83.7人
※外科・乳腺外科・臨床腫瘍科を含む
(2)疾患別入院患者数
473人
(2)疾患別入院患者数
                     473人
(3)処置(治療件数)
血管造影件数(血管内治療を含む) 269件
【疾患別手術症例数】
<血管> 610例
動脈瘤 50、動脈閉塞 362、下肢静脈瘤 198

▲このページのトップへ

松山赤十字病院携帯サイト

松山赤十字病院携帯サイト

  • アクセス
  • 外来診療のご案内
  • 救急のご案内
  • お見舞いのご案内