日本赤十字社 松山赤十字病院

  • 文字サイズ

基本情報へ

診療情報

消化管

消化器内科との密接な連携のもとに迅速な診断と治療に努めています。消化管の手術対象となる疾患は、悪性腫瘍(食道癌、胃癌、大腸癌)が中心となりますが、これらの疾患に対する治療は、治療ガイドラインに準拠し、細部は個々の患者さんの病態に応じて具体的方法を選択することとなります。年間手術数(悪性疾患、良性疾患を含む早期胃癌、大腸癌)は中四国で手術症例数の最も多い施設の一つです。近年高齢化社会を迎えいろいろな基礎疾患を有する手術対象の患者さんを治療しなければいけない状況が多くなってきていますが、総合病院である当院では、がん専門病院では対応不可能な循環器疾患、糖尿病、透析中の腎不全の既往などがある患者さんでも他科と連携の上診療を行うことができます。

手術の適応でない症例や再発症例には、抗癌剤治療が検討されることとなりますが、消化管癌の抗癌剤治療は当院では臨床腫瘍科及び外科が担当しています。医学的根拠のある標準的な治療を安全に行えるように、病棟並びに外来化学療法室のスタッフ(看護師、薬剤師)と連携をとりながら診療をすすめております。(詳細は「消化器がん化学療法」項目を参照してください。)

<腹腔鏡手術について>

近年、また低侵襲治療を目指して腹部臓器をモニターに映し出して特殊な手術器具を用いて病変を含む臓器の摘出、再建をおこなう腹腔鏡手術が注目されています。腹腔鏡手術は、通常の開腹手術に比較して手術時間がやや長くなる傾向があり、術者も高度な技能が要求されるという点が指摘されているものの、最大の利点は、腹部を大きく切らなくて済むため術後の疼痛軽減、腸管運動の早期回復、経口摂取早期再開などの患者さんへの手術時のストレスを軽減できることです。当院では、消化管悪性腫瘍手術に積極的に導入しており、胃癌に対する腹腔鏡補助下胃切除(幽門側胃切除、胃全摘)、大腸癌に対する腹腔鏡補助下腸切除(結腸切除、前方切除、直腸切断術)は通常の診療の中に定着しています。特に胃癌に対しては平成12年1月より腹腔鏡下手術を300例以上行っており、中四国地方では最も豊富な治療経験を持つ施設の一つです。

腹腔鏡手術は悪性腫瘍手術だけでなく、外科で扱う消化管良性疾患である急性虫垂炎や、胃十二指腸潰瘍穿孔などの疾患に対しても積極的に行っており、患者さんの早期退院、社会復帰に役立っております。

▲このページのトップへ

消化器がん化学療法

消化器癌は、早期発見により近年治療成績が向上していますが、依然として手術が出来ない進行した症例や、術後再発する症例があることもまた事実です。このような進行・再発消化器癌に対する化学療法(抗癌剤治療)は、当院では外科と臨床腫瘍科で担当しています。

一般的には消化器癌には化学療法が効きにくいとされていますが、S-1,カペシタビン、イリノテカン、ドセタキセル、パクリタキセル、オキサリプラチンや新たな分子標的治療薬(ラムシルマブ、ベバシツマブ、セツキシマブ、パニツムマブ、ハーセプチン、レゴラフェニブ)などの登場により、治療方針も日々進歩しています。患者さんへの生存への寄与と症状緩和等のQOL改善を目標に、最新の知見に基づいた化学療法を症状に応じて行っています。また抗癌剤治療に放射線治療や手術を併用し、癌の集学的治療を行っています。


▲このページのトップへ

肝・胆・膵外科

肝・胆・膵外科では、胆石、膵胆管合流異常といった良性疾患と、肝臓癌、胆嚢癌、胆管癌、膵癌といった悪性腫瘍に対する治療を行っています。難易度の高い、この分野の手術を多数手掛けている施設として、当院は日本肝胆膵外科学会高度技能専門医制度 認定修練施設(A)に認定されています。主にこの領域を担当しているのは西﨑(S60卒、肝胆膵外科高度技能指導医)、二宮(H10卒)、的野(H19卒)、冨野(H23卒)の4名の外科医師です。毎週木曜日に肝胆膵内科、外科、放射線科、病理診断科による合同カンファレンスを開き、肝胆膵患者さん一人ひとりの治療方針を詳細に検討し、専門家集団による最新の高度医療を提供しています。

肝臓癌の95%にC型またはB型肝炎を合併し、多くの患者さんには肝機能障害があり肝機能に応じた治療法が選択されます。下図のように肝機能と肝細胞癌の大きさ、数による、肝癌診療ガイドラインに基づいた治療法を提供しており、肝機能が良く(肝障害度A、B)、個数が3個までの肝細胞癌に外科切除が適応となります。

膵癌は消化器癌の中で最も治療困難な癌です。最近では化学療法薬としてジェムシタビン、S-1、最近ではnab-PTX、FOLFILINOXの有効性が示され、治療成績はわずかですが向上してきています。手術後も癌の再発率が高いため、再発防止のため術後、ジェムシタビン、 TS-1を用いた補助化学治療を行っております。

胆嚢癌、胆管癌も治療が難しい消化器癌の一つです。治療薬としてジェムシタビン、S-1、シスプラチンが保険適応となり治療の選択肢が増えました。治療に際しては外科医、放射線科医、肝胆膵内科医の緊密な協力の上で行っています。

胆のう胆管結石症、胆のう炎、胆のうポリープなど胆のう手術は当院で年間約200件行っています。胆石症では腹腔鏡下胆嚢摘出術を第一選択として行っています。腹腔鏡手術は専門性が高く、当院では日本内視鏡外科学会 技術認定医を中心に行っています。

肝胆膵外科の外来は毎週、火曜日(二宮・冨野)、水曜日(的野)、木曜日(西﨑)です。急ぎの場合はお電話(089‐924‐1111西﨑)を頂ければ この限りではありません。

▲このページのトップへ

緩和ケア外来

緩和ケア外来は、当院に入院中で痛みの治療を受けているがん患者さんを対象にしています。 痛みや悩みなどをお伺いし、患者さんはもちろんご家族とも治療について話し合いをします。医師(身体症状担当、精神症状担当)、看護師、臨床心理士、薬剤師を含めたチームで治療を進めております。緩和ケア外来にご相談を希望される方は、担当医・担当看護師・医療相談窓口を通じてご依頼ください。

▲このページのトップへ

学術関係

(1)学会発表
(1)学会発表
氏名
(発表者)
題名 学会名 発表月日
西﨑 隆
初動救護班における外科医の役割
―東日本大震災、熊本地震の救護班派遣を振り返って―
第117回日本外科学会
(横浜)
2017/4
/27
的野 る美
腹腔鏡下肝切除を施行した分枝型IPNBの1例
第70回愛媛外科会総会
(新居浜)
2017/8
/5

▲このページのトップへ

松山赤十字病院携帯サイト

松山赤十字病院携帯サイト

  • アクセス
  • 外来診療のご案内
  • 救急のご案内
  • お見舞いのご案内