日本赤十字社 松山赤十字病院

  • 文字サイズ

病理診断科

基本情報へ

診療情報

病理診断ってなぁに?

患者さんが病気を患って病院に来られ、主治医による診察や、エコー・CTなど画像検査をしても確定診断が得られないとき、組織や細胞を採って検査をされることがあります。”病理(組織)検査をします”と言われる場合です。そのような組織や細胞は、すべてが病理検査室に送られ、顕微鏡標本が作られ、顕微鏡で診断がなされます。この診断を専門にしているのが「病理医」です。診断された結果は、主治医を通して患者さんに伝えられます。病理医は患者さんと会う機会がないため主治医との連携が重要です。症例検討会に参加して、主治医とのコミュニケーションを大切にしています。松山赤十字病院には、病理医が2人常勤しています。私達病理医は、患者さんが痛い思いをして組織を採取されていることを常に忘れず、正確で出来るだけ早い診断が出来るよう、日々努力しています。病理診断の内容について解説します。

▲このページのトップへ

細胞診断とは

痰や尿、乳房から細い針をさして採取する液体、子宮癌検診で擦り取ってくる細胞など、体から採取された細胞を、特殊な染色を行って顕微鏡で観察し、診断をするものです。細胞検査士が全ての標本について判定を行い、病理医が確定診断をします。

▲このページのトップへ

生検組織診断とは

細胞診断と異なり、組織の塊を採取するので、より痛みを伴います。胃カメラで組織を採取するもの、皮膚の一部を切り採るもの、肝臓に針を刺して採取するもの、膀胱鏡で直接採取するものなど、病変の一部から組織を採って、最終診断をおこなうものです。数日で結果を報告します。特に“がん”の場合は病理診断が最終診断とされ、これを元に治療方針が決定されます。

▲このページのトップへ

手術で摘出された臓器・組織の診断とは

手術で摘出する臓器・組織は、ほぼ全てが病理検査室に運ばれ、病変全体の検査をします。それによって、病気の広がりや質の良悪、転移の有無などを詳細に診断します。それが、手術後の治療方針決定に役立っています。生検組織診断より大きな検体を扱い詳細な検査をするため、報告には数日から数週間かかることがあります。

▲このページのトップへ

術中迅速診断とは

手術中に病理検査をする場合があります。診断の確認、切除範囲の決定や確認のためどうしても必要な場合、外科医の依頼により行います。手術中ですので迅速な対応が必要で、通常と異なる凍結法で顕微鏡標本を作成して、20分ほどで診断するものです。術中診断には、病理医が常に病院に待機している必要があり、松山赤十字病院のような手術の多い病院では、常勤病理医は不可欠な存在です。

▲このページのトップへ

分子標的薬・免疫療法薬に関わる診断について

乳癌にハーセプチンという治療を行う場合、組織検査にて同剤の有効性を事前に判定する必要があります。免疫抗体法という特殊な染色を行って判定をします。悪性リンパ腫におけるリツキサンも同様な検査が必要です。こられ以外にも、新しい分子標的療法、さらにはがん免疫療法が次々と開発され、組織検査が必要な場合が増えています。

▲このページのトップへ

病理解剖について

病院で、病気によって死亡された患者さんのご遺体を解剖させていただくのが病理解剖です。
生前の診断が正しいものだったか、治療の効果はどうだったのか、死因は何だったのか、など、主治医が疑問を感じた場合ご遺族にお願いし承諾のもとに、病理医は主治医の依頼によって病理解剖を行います。解剖自体は3時間ほどで終了し、その暫定的な結果は主治医からご遺族に報告されますが、顕微鏡による診断を含めた詳細な報告は、数ヶ月後になります。
病理解剖によって、若い医師や医療従事者の教育、結果の蓄積による医学研究など、他では得難い医療への貢献につながります。

▲このページのトップへ

学術関係

(1)学会発表
氏名
(発表者)
演題 学会名
(開催地)
発表月日
水野 洋輔
Keratoacanthomaの1例
第120回愛媛病理研究会(松山)
2019
/6
/1
大城 由美
下口唇のmammary analogue secretory carcinomaの1例
第121回愛媛病理研究会(松山)
2019
/11
/2

▲このページのトップへ

松山赤十字病院携帯サイト

松山赤十字病院携帯サイト

  • アクセス
  • 外来診療のご案内
  • 救急のご案内
  • お見舞いのご案内