放射線治療

概要

放射線治療は手術、化学療法に並ぶがん治療の三本柱のひとつです。放射線治療の対象はほぼ全身と広範囲にわたり、内科・外科をはじめ、様々な診療科と連携し治療を行っています。
当院では2018年より新棟にて最新の治療機器を揃え、定位照射や強度変調放射線照射(IMRT/VMAT)にも対応、高精度で低侵襲の放射線治療を開始致します。
この他、2008年より前立腺癌への密封小線源治療を行っており、こちらも新しく快適な治療室となっています。2010年より骨転移に対する塩化ストロンチウム投与や悪性リンパ腫へのRI標識抗体療法ほか全身照射も対応しています。

スタッフ

放射線治療専門医 1名
レジデント 1名
放射線治療品質管理士 1名
認定放射線治療専門技師 2名
医学物理士 1名

診療内容

(1)中枢神経・頭頸部
原発/転移性脳腫瘍、眼窩腫瘍、甲状腺、咽喉頭がん、上顎がん、舌がん等
(2)胸部
食道がん、肺がん、乳がん
(3)腹部
肝がん、膵がん、直腸がん
(4)血液腫瘍
悪性リンパ腫、骨髄腫

(5)泌尿器・胚細胞腫瘍
前立腺がん、精巣がん
(6)その他
皮膚がん、骨転移、転移リンパ節
放射線治療
主に体の外から放射線(X線・電子線)をあてることで(=外照射)、がん細胞を縮小、消失させます。また、放射線を出す物質を埋め込み、目的のがんへ照射する方法(=組織内照射)や、骨転移巣や悪性リンパ腫においては放射性の薬剤を注射し、目的の部位へ結びついて放射線を照射する方法も
あります。
がんに対する治療
病気の具合によって、化学療法や手術に放射線治療を組み合わせた集学的治療をチーム医療のもと、安全に行なっています。
キャンサーボードをはじめ、各診療科・病棟スタッフと密接な連携をとり、個々の症例に応じた
最適な治療方針を検討しています。

治療実績

症例数内訳
  2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年
脳脊髄 0 0 3 3 5 3 2 0 4
頭頸部 15 15 12 19 16 19 11 20 18
食道 15 7 12 9 11 7 8 5 9
胃・小腸 5 4 3 4 8 3 2 3 4
結腸・直腸腫瘍 5 16 17 5 4 3 4 5 1
肺・気管・縦隔腫瘍 46 46 52 27 37
31 32 22 36
乳腺腫瘍 47 33 32 41 47
57 85 72 64
肝・胆・膵腫瘍 14 18 20 10 13 11 18 7 5
婦人科腫瘍 0 2 1 1 1 0 1 2 2
泌尿器系腫瘍 35 66 46 44 48 46 38 30 27
(前立腺外照射/前立腺組織内照射) (15/14) (22/30) (24/13) (25/11) (30/12) (34/7) (32/3) (28/2) (19/6)
造血・リンパ系腫瘍 16 20 22 9 17
22 26 22 16
皮膚・骨・軟部腫瘍 2 20 2 3 2
0 1 4 1
原発不明・その他(悪性) 2 4 2 1 0
0 0 1 4
良性疾患(甲状腺眼症等) 1 1 3 0 0
0 1 1 1
再治療患者数・その他 27 27 18 33 26
29 19 18 17
合計 230 279 245 209 235
231 248 212 209

放射線治療装置

リニアック室 密封小線源治療室
(1)密封小線源治療(計画画像) (2)密封小線源治療(刺入後イメージ)