化学療法センター

はじめに

近年、がん薬物療法は、従来の抗がん剤に加え、分子標的治療薬などの新しい薬剤が次々に開発され、治療内容が高度化・専門化してきています。安心・安全な治療を受けていただくためには、この領域の専門家によるチーム医療が必要です。
以前の抗がん剤治療は長期の入院が必要でしたが、新しい治療法や副作用を緩和する薬剤の開発により、外来通院で治療が可能となりました。当院でも、安心かつ安全なシステムを整備し、専用の化学療法センターを平成17年4月に開設しました。治療前と同じような生活を送りながら外来通院できるように、専門スタッフで対応しています。
化学療法センターに関わる専門スタッフ
職名 人数 認定・専門
医師 2名 がん薬物療法専門医
看護師 1名 がん看護専門看護師
1名 がん化学療法看護認定看護師
1名 乳がん看護認定看護師
薬剤師 3名 がん専門薬剤師

沿革・実績

<沿革>
  • 2005年4月 開設
  • 2008年7月 拡張
  • 現在 病床15床(将来的に29床まで拡大予定)(医師2名、看護師7名、薬剤師4名)
<実績>
  • 化学療法センターの平成30年度利用件数は年間約4,500件(1日平均約17件)で、新規患者数は248名でした。
新規患者数(H30年度)

安心して治療を受けていただくために

外来で治療を受けていただく場合、副作用の自己管理をしていただくことが必要となります。
化学療法センターでは、患者さんが安心して治療を続けられるように、薬剤師が薬と副作用の説明をし、看護師が副作用や体調を確認し、日常生活のアドバイスを行っています。
また、自宅での体調変化に対して24時間対応できる体制を整えています。
< 化学療法センターへのご連絡について >
気になる症状のある場合は、下記までご連絡ください。
松山赤十字病院  089-924-1111(代表)
月~金曜日 土・日・祝日(5/1、12/29〜1/3を含む)
8:30 ~ 17:10
かかりつけの診療科へ繋いでもらってください。
17:10 ~ 8:30
看護当直室へ繋いでもらってください。
看護当直室へ繋いでもらってください。
※ご連絡の際には、お名前・患者番号をお伝えください。

治療の質と安全性の環境

当院で行われる化学療法は、すべて院内レジメン審査部会において、治療効果や安全性が検討された治療です。
使用薬剤の投与量・投与方法・投与時間・支持療法など、医師・看護師・薬剤師から構成されるチームにより、詳細に検討し登録されています。
また、多職種が集まる化学療法キャンサーボードを毎週開催し、情報を共有するとともに、治療内容や副作用対策を議論し、治療の質と安全性の確保に努めています。

快適な治療の確保

患者さんがリラックスして治療が受けられるように、リクライニングベッドにはテレビを設置し、ご家族の方の付き添いや飲食も可能な環境になっています。

治療の流れ

※ 治療の内容により検査が不要の場合があります。
外来化学療法を受けられる患者の皆様へ